世界に誇る“和”の力

  • 2010/11/12(金) 15:59:24

 尖閣問題が喧しいですね。戦後60年、敗戦のトラウマからおよそ「国防」という“言霊”を、平和憲法という名のもとに封じ込めてきたツケが一気に噴出した今回の事件ではないでしょうか。

 まあもっとも今回の出来事で、国民もようやく中国という国が「異形・奇形」の国であることに気づきだしましたし、国家・国防・領土問題への関心を抱き始め、あるいは平和というものが軍事・軍備・真の外交なしには保障されないということを実感しだしたのではないかと思います。

 では、日本は、日本人はどうしたらいいのか?そんな答えの一つが今回の講演のなかにあるかと思います。


 
2010/11/8  世界日報9面

世日クラブ講演会(要旨)

世界に誇る調和と融合の力
        韓国人と日本人/拓殖大学教授 呉善花氏


 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤譲良・近藤プランニングス代表取締役)の第134回定期講演会が10月20日都内で開かれ、評論家で拓殖大学教授の呉善花(オソンファ)氏が「韓国人と日本人」と題し講演を行った。呉氏は日韓両国民の特性の違いを指摘した上で「和を尊び融和する力を持つ日本人は、今こそその力を世界平和のために役立てていくべきだ」と強調した。以下は講演要旨。 
 (文責・編集部)


「間」を置く独特の美意識


 世界の言語の中で日本語と韓国語は敬語が最も多いといわれます。しかし、使い方は全く逆です。朝鮮半島は徹底した儒教社会なので、自分の身内を立てる言い方をしないといけません。儒教は他人より私の家族の方が上。例えば電話がかかってきた時は「今、うちのお父様におかれましてはいらっしゃいません」という言い方です。日本語のように「今、父はおりません」という言い方はとんでもないことなのです…

 来日したばかりのころ、ある会社に電話した時、私が「鈴木社長はいらっしゃいませんか」と聞きますと、若い女性は「今、鈴木は席をはずしております」と答えました。何という会社なんだろう、この鈴木社長は若い女性社員になめられているに違いないと思ったことがあります。これは日本と朝鮮半島がいかに似ていながらも、小さな違いに気が付いていないということの一つの表れです。

 世界的に日本と朝鮮半島が最も近い関係にあることは言うまでもありません。同じ漢字文化圏であり、他の国の人と比べて90%以上が似ています。親近感を感じやすい。韓国人と日本人は仲良くなりやすい。外国へ行くと、韓国人と日本人が一番先に仲良くなれます。

ですから言葉が通じるようになると、どこかで私たちのことを全部知っている人に違いないと錯覚します。しかし少し深く相手に入っていくと、何か違う、あなたおかしいということになってしまう。これがトラブルの原因になっているのです。9割が似ていると思っていたところに、日韓がうまくいきそうでうまくいかない原因がそこにあるということを来日5年ほどたって気付きました。

 日本人と韓国人の本質的なところ、精神性はどのようになっているのかを理解する必要があります。中国人についても、なぜあの尖閣諸島問題が起きたのか、なぜ日本の対応がおかしかったのかも見えてきます。結論から言わせていただくと、私は尖閣諸島問題で日本の対応は本来の日本人の良いところを発揮できなかった、みっともない行動だと思っています。日本には他の国にはないかっこよさ、武士道、潔さのようなものがありました。

 ところが最近、そのようなことをうまく発揮できない政治家が多い。そして変に曖昧(あいまい)になってしまう、変に相手に遠慮してしまう、あたかもそれが美意識であるかのように錯覚したところに起きた問題だとみています。

 韓国人、中国人からは日本人はどのように見られるかというと、韓国人は昔から日本人の悪口を言う時に、日本人は本当に怖がりだ、臆病だ、強く言っていけば、彼らは必ず対立してけんかするのを嫌うから、すぐ折れてあきらめてくる人たちだ、と皮肉っぽく言います。それは日本人をなめる時によく使います。尖閣問題で潔くもなく、かっこよくもないことをしてしまったため、結局なめられる結果になっています。

 政治がおかしく、国内の不満がある時に、なぜか韓国人も中国人も日本に矛先を向けます。反日というカードを持ってくると国がまとまりやすいので、政治にとって大変都合がいい。ここまでなめられていいのか。では、どのような形で周辺諸国、世界の人々と接していったらいいのか。日本人は日本人的なやり方、かっこよさで対抗していった方が絶対に勝つことができると最近切実に感じています。

 日本の人間関係には美意識があり、淡くても長い関係を保とうとします。これはすべてを言うのでなくて、あるところまで言えば後は相手が察するだろうという意識です。言わない部分は相手が察する余地を残す。そのためにある程度の距離が必要です。

日本の文化には「間を置く」という言葉がありますね。「間」という言葉を日本はものすごく大事にします。そして空間美。何もないけれど空間が最も美しいとされます。そのような感覚には朝鮮半島や中国にはまったくありません。いかに距離を縮めようかというのが彼らであり、この美意識で生きる日本人の感覚は朝鮮半島や中国の人には全く理解されないのです。最近の若者の「空気を読む」ということも、その場の空気を察する、間を置くということから生まれます。これが日本人の生き方につながっていると思います。

一つの価値観で動く朝鮮半島/古い時代の文化残る日本


 キリスト教や儒教、イスラム教文化圏もどのような生き方が正しいかという理想を持っている。善か悪か。「あなたはとてもいい人ですね」と言われるととてもうれしい。しかし、日本人にはあまり喜ばれない。日本人に喜ばれるのは「かっこいいですね」。美しい人。これが日本人の最も理想とするところ。日本人は正しい生き方というよりも、どんな生き方が美しいかというところに理想を持っています。

 日本人は死ぬ時も美しく死にたいというのが理想。しかし、この美しさが分かりにくい。日本人の美意識の根源にあるのはわび、さび、もののあわれ、はかなさ、粋。このようなものが世界の人に分かりにくい。

 日本以外のアジア人に共通する美意識は、派手なもの、満月のように整った整形美を好むのが普通です。ところが、日本人は形も少し崩れた、非対称的なもの、自然な美が好き。花は普通、満開でいっぱい咲きあふれているのが一番美しい。ところが日本人は満開の花だけでなく、つぼみやしおれて落ちる花にも風情を感じる。韓国人は鮮やかな満月が大好き。日本人は雲や霞がかかったお月様や若干欠けたお月様がいい。衰えた生命、未熟な生命にも風情を感じます。世界で最も精神文化が高いのは日本だと分かりました。

 朝鮮半島は、北方民族から絶え間ない侵略を受けてきました。これほど戦争が多い国で外国に対立的に生きていくためには、絶対唯一なるリーダーシップの話でしか信用されません。絶対唯一なるイデオロギーが生まれ、それがずっと朝鮮半島を造り続けました。

 今の韓国・北朝鮮を知るには李朝イデオロギー、朝鮮時代までさかのぼればよく分かります。表面は多様化しているように見えるけれども、皮をむけば一つの価値観でずっと動いています。

 しかし、日本は海に囲まれていたため大陸からの巨大な文明に圧倒されることはありませんでした。日本の自然の力が基礎になって、必要なものだけ入ってきて融合していく、仏教もいつの間にか日本化されていく。島であったこともあって、異民族から一度も侵略を受けなかった世界唯一の国が日本。世界の国々は別の民族や思想から侵略を受け、古い精神性が全部なくなって新しいものが生まれてきました。

 中国五千年の歴史といっても、それらの精神性は日本の室町時代あたりで全部なくなっています。日本には中国や朝鮮半島になくなってしまった古い時代のものも全部残っているのです。アジアや世界になくなってしまったものも日本の中にあります。日本の武士たちは精神性を捨てたのでなく、究極に磨き上げたのです。

 調和を重んじる、融合する力。これを日本はもっと自信を持って世界にアピールしていくことが世界の限界の突破のため、日本が何を提出できるかの答えだと思います。

 日本は世界で一番貧富の格差の少ない社会をつくり上げました。世界で最も治安が良く、伝統的な職人技術から世界最先端技術まで抱えています。経済力、平和、技術、社会、世界に誇れて貢献できるものがいくらでもあり、いずれも世界の国々が理想としながらも達成できなかったことばかり。なぜ達成できたのか。直感的、情緒的な日本人の精神性を経済に組み込むことができたからです。

 現在の日本経済の低迷は文化と別々になってしまったところからくる副作用です。日本の経済の中に文化力、精神性を組み込んでいく。こうした経済が世界性を持っています。この自信を持って世界にアピールしていくことが大切です。

=メモ=

 1956年、韓国・済州島生まれ。4年間志願で女子軍隊生活。83年来日、大東文化大学(英語学)留学生を経て東京外国語大学大学院修士課程(アメリカ地域研究)修了。現在、拓殖大学国際学部教授のかたわら執筆活動。代表的著書に『スカートの風』正・続・新(三交社・角川文庫)、『攘夷の韓国・開国の日本』(文藝春秋)で第五回山本七平賞受賞など多数。 


The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する