【連載】「3・11」後の日本

  • 2011/08/16(火) 17:58:51

【世日クラブ講演会】

問われる危機管理/講師に小川和久氏

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)は8月27日(土)、軍事アナリストでNPO法人・国際変動研究所理事長の小川和久氏を講師に「巨大地震・原子力事故と国家の危機管理」と題する講演会を開きます。
 巨大津波と原発事故を引き起こした東日本大震災は、菅政権の危機管理体制の欠如をも露呈させました。特に原発事故は今なおその収束にメドが付かず、国民生活を直撃しています。こうした非常事態への危機管理体制、政治のリーダーシップはどうあるべきか。原子力問題にも詳しい小川氏にその処方箋を語っていただきます。

【日時】
平成23年8月27日(土)14:00受付 14:30開演

【会場】
東京都文京区春日1-26-21 
    文京シビックセンター26階 スカイホール

【会費】
2,000円(会員無料)

【主催/後援】
世日クラブ/世界日報社

【連絡先】
世日クラブ事務局 柏木 
   電話03(3558)3417 
   FAX03(3558)3541



2011/07/25  1面 【連載】  「3・11」後の日本

国際変動研究所理事長・小川和久氏

陸自25万人体制が必要だ


 日本では、国家・社会の安全を図るための自衛隊、消防、警察、海上保安庁、重要インフラ産業などの組織について、その適正規模や配置がどうあるべきかとの議論が正面から行われたことはない。

そうした組織は相互に依存しており、重層的に配置されて初めて国家・国民を守ることが可能になる。日本の場合、縦割り弊害の中で税金が食い散らされているだけで、安全保障や危機管理面からの統合運用は無視されてきた。

 その中の陸上自衛隊の位置付けと重要性について、日本国民は東日本大震災から学ぶことになった。投入された10万7000人の自衛隊のうち、実に7万人が陸上自衛隊だった。

この陸上自衛隊が一定の規模を備えていないと、世界第6位の海岸線を持つ日本列島において災害出動も防衛も成り立たない。海空自衛隊の港や航空基地も無防備となり、国防どころではない…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

ぶれるな!エネルギー戦略

  • 2011/06/19(日) 21:22:18

 ちょっと待て「脱原発」ということで、3本の記事をアップします。

とかく感情論に流されがちな原発ならびに原子力利用の問題ですが、すでに巨大な電気の恩恵に預かっている社会となっている以上、その安定供給を考えたら「今は」原発に頼るしかないというのが現実的なスタンスではないでしょうか?

それをどこかの政治家やどこかのメディアがいたずらに危機感を煽り、怒りと憎しみの感情を煽るのはどう考えてもトップに立つ物あるいは社会の公器のすることとは思えません。

と同時になんらかの意図的があるとしか思えません。

ぜひ、この記事をお読み頂き、冷静に判断をしていただきたいなと思います。



2011/6/15付け 世界日報12面 【メディアウォッチ】

独伊「脱原発」の課題や事情を書く
     毎、日、読に比べ盲目的な朝日社説


冷静な議論欠く朝日


 ドイツとイタリアが「脱原発」に回帰した。これを朝日は嬉々として報じている、「脱原発に踏み出したドイツ、スイスに続き、事故を受けて原発を拒否する世論が欧州に広がっていることが浮き彫りとなった」と(14日付)。脱原発路線をひた走る朝日としては吉報だった…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

敢えて言おう、カスであると!

  • 2011/03/30(水) 15:07:49

 我が忠勇なる国民よ、今や菅政権は圧倒的世論によって否定された。この良識こそ我等国民の正義の証しである。決定的打撃を受けた政権与党に如何ほどの戦力が残っていようとも、それは既に形骸である。

   「敢えて言おう、カスであると!」


それら軟弱の集団が、この難局を乗り越えることは出来ないと私は断言する。

 日本は、皇国護持を唱え、憲法改正・教育改革をなしてこそ、初めて永久に生き延びることが出来る。これ以上政権を続けさせては国家そのものの危機である。民主党の無能なる者どもに思い知らせてやらねばならん。今こそ日本人は明日の未来に向かって立たねばならぬ時であると!
   ジーク・ニッポン!


 それでは、記事紹介です。
2011/3/29付 世界日報12面 【ビューポイント】

大震災の国難に最低の総理


               経営評論家 梶原 一明


民主党政権嘆く財界人


 「しょせん、素人集団の内閣だから高級官僚たちにそっぽを向かれ、財界のお歴々には冷たく扱われる。さらにかたくなな性格が忠実な子分をつくれない。そのうえ東北大地震にみまわれ、ねじれ国会で一時は予算成立も危なかった。戦後の総理をつとめた男の中では最低の評価の男であるのは間違いない」

 経団連副会長を経験した老財界人が舌打ちをするように吐き続けた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

「メア発言」の作為的報道

  • 2011/03/16(水) 12:10:57

 地震発生から、早6日目となりました。夥しい死傷者・被災者の数と被災地の悲惨な状況を見るにつけ、かける言葉を失ってしまいます。

      

      

      

阪神淡路大震災も大惨事でしたが、今回の地震はそれを上回るものでした。お亡くなりになられた方々に哀悼の意を表します。被災者の皆さん、月並みな言葉ですが、本当に大変ですが頑張ってください!


 昨日の記事紹介です。震災の影に隠れてしまいましたが、看過できない内容ですのでアップします。反日団体・反日マスコミは、常に蠢いています。

2011/3/15 世界日報4面 【メディアウォッチ】 

 朝日掲載の共同記事「メア発言」は
       作為的報道の疑いを炙り出す読売


学生メモの確認は?


 東日本大地震の衝撃が日本列島を駆け抜け、菅直人首相の外国人献金問題も、ケビン・メア米国務省日本部長(当時)の「沖縄はゆすりの名人」発言も、遠い過去の話のようだ。が、いずれもそう簡単に忘れ去ってよい話ではない。ここではメア発言を取り上げる。

 発言を最初に報じたのは共同通信だ(6日)。その配信記事を琉球新報と沖縄タイムズが報じ(7日付)、全国紙がそれに続いた。中でも朝日(7日付夕刊)はベタ白抜き見出しで「米の日本部長『沖縄はゆすりの名人』 昨年末、米学生に講義」と報じた。記事末尾に(共同)とあるので配信をそのまま載せたようだ。

 こういう場合、自社原稿でないのだから、出所や信憑性を確認してから報じてもよさそうだが、朝日記事にはそうした形跡はまったくない…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

世界に誇る“和”の力

  • 2010/11/12(金) 15:59:24

 尖閣問題が喧しいですね。戦後60年、敗戦のトラウマからおよそ「国防」という“言霊”を、平和憲法という名のもとに封じ込めてきたツケが一気に噴出した今回の事件ではないでしょうか。

 まあもっとも今回の出来事で、国民もようやく中国という国が「異形・奇形」の国であることに気づきだしましたし、国家・国防・領土問題への関心を抱き始め、あるいは平和というものが軍事・軍備・真の外交なしには保障されないということを実感しだしたのではないかと思います。

 では、日本は、日本人はどうしたらいいのか?そんな答えの一つが今回の講演のなかにあるかと思います。


 
2010/11/8  世界日報9面

世日クラブ講演会(要旨)

世界に誇る調和と融合の力
        韓国人と日本人/拓殖大学教授 呉善花氏


 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤譲良・近藤プランニングス代表取締役)の第134回定期講演会が10月20日都内で開かれ、評論家で拓殖大学教授の呉善花(オソンファ)氏が「韓国人と日本人」と題し講演を行った。呉氏は日韓両国民の特性の違いを指摘した上で「和を尊び融和する力を持つ日本人は、今こそその力を世界平和のために役立てていくべきだ」と強調した。以下は講演要旨。 
 (文責・編集部)


「間」を置く独特の美意識


 世界の言語の中で日本語と韓国語は敬語が最も多いといわれます。しかし、使い方は全く逆です。朝鮮半島は徹底した儒教社会なので、自分の身内を立てる言い方をしないといけません。儒教は他人より私の家族の方が上。例えば電話がかかってきた時は「今、うちのお父様におかれましてはいらっしゃいません」という言い方です。日本語のように「今、父はおりません」という言い方はとんでもないことなのです…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む