幸福ですか〜

  • 2009/05/29(金) 16:07:53

 昨日は、学校で給食試食会があり、試しに行ってきました。

 昼食代を考えても超安上がり!おまけにヘルシーということでちょっと得した気分です。

いや〜本当においしかったです。こんなにおいしくても残す子がいるのですから信じられません。

 メニューもいま風で、昔より断然おいしいと思うんだけれどなあ〜


 さて、読売新聞にこんな広告が載ってました。

 いよいよ幸福の科学さんも政界進出するようです。

まあどこの団体も最後はここに行き着くわけでそれはそれでいいのですが、ネーミングがモロというのがミソですね。

 応募してみようかなあ〜
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

媚中偏向するNHK

  • 2009/05/29(金) 14:20:02

2009/5/29付 世界日報4面【論壇時評】より 
NHKの台湾統治番組
     隠微な「圧力」で偏向?

 公共放送として説明責任
                     編集委員 森田 清策

 新型インフルエンザは終息の兆しが見えてきたが、日本の台湾統治を取り上げたNHKスペシャルの「シリーズJAPANデビュー」の第1回「アジアの“一等国”」(4月5日放送)の偏向問題への批判は広がる一方だ。今月16日に続き、日台友好団体関係者らを中心に30日にも東京、名古屋、大阪、札幌で、NHKへの抗議デモを行う予定。同番組は「欠陥番組」だとして、再制作、再放送を要求する署名プロジェクトを始めたNHK記者OBらもいる。

 これだけ大騒ぎになっているのに、この問題を報道する新聞は小紙と産経くらいなもの。NHKの慰安婦番組をめぐる問題では、大々的にNHK批判を繰り広げた朝日新聞は黙りを決め込んでいる。今回の番組が左への偏向だからだろう。この状況に、保守論壇が黙っているはずはない…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

田母神先生講演会in沖縄

  • 2009/05/21(木) 10:57:53


 沖縄支局からホットな写真が届きました。

 5/30(土)に開催される田母神先生の講演会に対する左翼の嫌がらせです。

 










 


(クリックにて拡大)


 横断幕ごとはがされているところもあるようです。

 彼らも相当な危機感をもっているのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

グラン・トリノ

  • 2009/05/20(水) 13:44:04

 先日、お休みを利用して、久々に映画を観てきました。映画はクリントイーストウッド主演・監督の「グラン・トリノ」。

 「最後は銃で決着を」というのが、クリントイーストウッドであり「ダーティーハリー」でしたが、この「グラン・トリノ」は、そんな期待をいい意味で見事に裏切ってくれました。
              

 朝鮮戦争で少年兵を殺した過去を持つ元自動車工ウォルトは、妻に先立たれ、愛犬と愛車“グラン・トリノ”とともに孤独な日々を送っていました。

 ある事件をきっかけにして、隣家のモン族(ベトナム戦争で、アメリカに味方した少数民族。共産化により多くがアメリカへ移住)の少年タオと実の息子のように心を通わせ始めるにまでになったウォルトでしたが、タオを仲間に引き入れようとする不良グループが2人の関係を脅かし始めるに至り、彼らとの決着を決意します。

 数十年ぶりの教会での懺悔の後、自分が殺した少年兵と同じぐらいの年代の若者と対峙するウォルト。それは自身を苦しめていた過去との対峙であり、人生の総清算の瞬間でした。あっと言わせるラストシーンには、思わず涙させられました。


「武器を使わぬ決着」〜それはまさしく“過去の”アメリカから生まれ変わらなければならないとでも訴えかけているようで、これからの国の行く末を担うものたちへのメッセージのようにも受け取れました。

 自分が愛した「グラン・トリノ」〜古き良きアメリカの象徴〜は身内ではなく、モン族のタオに相続すると遺言に残します。

 アメリカの次代を相続する者…それを“アジア人へ”というところに多民族国家アメリカのダイナミズムを感じますが、それとともに価値観に混迷する現在の苦悩を感じました。

 確かに、アメリカンスタンダードの押し付けはそろそろ止めて、原点であるピューリタンによる建国の精神に立ち返ってほしいものであります。

 とにかくおすすめの感動的映画でした。ぜひご覧になってください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

新型インフルエンザに思う

  • 2009/05/18(月) 15:32:01

 新型インフルエンザの感染がついに広がりだしました。

といってもなぜか大阪・兵庫から…。

海外渡航歴もなく発症というのですからお手上げです。

 昔「百匹目の猿」現象が話題になりましたが、

ある個体が(有用な)何らかの現象や動作を始め出し、

それがある一定数を超えるとその群れをも超越して爆発的に広がるというもので、

今回のインフルエンザもそういうことかな?などとひとり思っております。
 (といっても「百匹目の猿」現象が証明されているわけではありませんが…)


 それにしてもマスコミは騒ぎ過ぎですね。

特にテレビなんか嬉々として放映しているとしか思えないほど

どのチャンネルをつけてもこの話題…

もっとほかに報道しなきゃならないことの一つや二つあるだろうに

と思うのは私だけではないでしょう。

まあでもひとつだけ映像として楽しませてくれたのは、

恵方巻きではありませんが、

大阪人がみなマスクをして、しゃべることもままならなくなっているという現状でありまして、

もしかしておしゃべりの量と感染に何らかの関連性があったりなんかして…。          (あるわけないか。悪意はありません、念のため)


 しかし、金融危機の次はインフルエンザとまさに泣きっ面にハチ。

モーセの出エジプト記ではありませんが、

今や世界的な十災禍にでも見舞われているのでしょうか?

温暖化、環境破壊、水位上昇、食糧危機、資源争奪、エイズ…

これらはまさしく本格的な世界規模の災禍になりかねない

危機的な問題です。

やはり人類は、そろそろ自らのエゴから脱却し、

自然や神なるものとの対話に目覚めるべきときにきているのかもしれません。


やっぱりこの人の出番か

【ニコニコ動画】神世紀マタヨシイエス 〜 残酷な唯一神のテーゼ
 (“コメントを表示しない”にすると見やすいです。〜点線の入った吹きだしのアイコンをクリック。もちろんニコ動登録がまだの人は登録してね(^o^))

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る