いつか来た道

  • 2009/02/27(金) 23:21:21

 昨日は、ワールド・フォーラム(代表幹事:佐宗邦皇)という団体の定例講演会に参加してまいりました。政治評論家の森田実氏と「王道日本」というシンクタンクの代表佐野雄二氏という2人の講師によるダブルヘッダーの講演でした。 森田氏は、
世界のプレスのアジア支局が日本から中国へ皆移ってしまった現状を紹介しながら、世界の目は米国よりもむしろ日本発の世界崩壊の危機を懸念していることを示唆。
さらに、中川大臣の記者会見の模様が全世界を駆け巡ったことで、「日本はこれで終った」と見られていると厳しい指摘をされました。

 小泉政権による郵政民営化批判とさらには電通批判を行ったことで、現在メディアからは仕事がこなくなったと自嘲気味に語っておられましたが、第4権力=マスコミと第5権力=外資によって、本当に日本は操られていると感じます。
もっとも信念を持った気骨ある政治家がいなくなってしまった事が、この国を一番ダメにしている原因でありまして、小沢民主党がいまだに次期政権政党としての正式な公約・政策発表もせずに、ただ敵失で転がり込んでくる政権の座を待っている姿勢は、小選挙区による2大政党制を唱えてきた人間として国民をないがしろにしているのみならず、じつにアメリカの言いなりになって自衛隊のアフガン派兵・武力行使を目論んでいるという聞き捨てならない情報を披瀝されました。
 また「王道日本」を主宰する佐野雄二氏は、昨年の11月に行われたG20における世界的な財政出動決議にも関わらず、日本においては小泉内閣以来の緊縮財政予算にいまだにとらわれ、景気が回復せずにどんどん地方が疲弊していることを指摘。また、地球環境と資源の存続のために、GDP中心の経済からの脱却を唱えておられました。

 お二方の講演を聴きながら、まさしく今の経済の状況は、いつか来た道をまた歩むことになりかねない危険性を多分にはらんでいる事を痛感いたしました。


 それでは、本日の記事紹介です。 

2009/2/27付 世界日報16面 【ビューポイント】
“第三次大戦”前夜の世界

  経済危機と保護主義化

                  国際問題評論家 盒供\


 昨秋、米国を震源地とする「100年に1度の経済危機」が世界を襲う前、イラク・アフガニスタンでの米国の躓きとロシアの復活、中国の台頭で、この調子では早晩、米国の一極支配は終わり、冷戦が復活するのではということがしきりに言われた。

確かに、昨秋の経済危機発生まで、ロシアは原燃料の世界的高騰の波に乗り、中国は超高度経済成長によって、欧米や日本の経済的覇権に挑戦してきたばかりでなく、余勢を駆って軍事力の拡充や行使でも米国の覇権に挑戦してきた。

一、二、例を挙げれば、中国は世界の北京五輪ボイコットの恐れも省みることなくチベット弾圧を強行したし、ロシアは南オセチアやアブハジアの分離独立阻止のために出兵したグルジアに対して公然と武力を行使、両地域を独立させて親露政権を拵えたが、米欧はなす術も無かった。昨年来のこの「押せ押せムード」は世界経済危機発生後も止んでいない。

 とは言え、米国の覇権に対するこの種の挑戦を即「冷戦の復活」と断ずるには無理がある。何故なら「冷戦」とは何よりもまず、「自由民主主義」対「共産主義」のイデオロギー対立であったが、ソ連は疾うに共産主義を放棄してロシアになってしまい、中国もまた、政治的には「一党独裁」だが、経済的には市場経済化し、「社会主義イデオロギー」は「中華民族主義」に取って代わられた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

中国と北朝鮮の誤算と成功

  • 2009/02/26(木) 14:14:41

 こんな記事がありました。

 2009年2月23日、南京晨報によると、江蘇省南京市で22日、75歳になるお年寄りがバスを降りる際に転倒した。ところが、誰もそれを助けようとしないばかりか、転んだ老人は自ら「自分で転んだんだ、安心してくれ!」と周囲にアピール。それを聞いて、周囲の人たちはようやく老人を助け始めた。

 こうした奇妙な状況が起きる背景には、ある事情がある。

 南京市で07年、つまずいて転倒した老婆をある男性が助けたところ、逆に男性に突き飛ばされたと老婆から訴えられ、数万元もの慰謝料を請求される事件が起きた。
また08年にも、浙江省温州市で、転んで気を失った老人を病院へ運んだタクシー運転手が、意識を取り戻した老人から訴えられ、賠償請求されている。
河南省でも、転んだ老婆を助けた女性が「あんたが私を突き飛ばしたのか!」と責められ、警察沙汰になる事件が起きている。

 こうした事件が頻発した結果、中国ではこのところ、転倒した老人を進んで助けることを躊躇する風潮が定着してしまっているという。


 老人までもがこんなサギ行為をするようじゃあ彼の国ももうおしまいって感じです。これで“世界中に孔子廟を”というのですから鉄面皮もいいところです。


 それでは、本日の記事紹介です。
2009/2/26付 世界日報11面 【オピニオン】より
中国と北朝鮮の誤算と成功

   日本・韓国・台湾への教訓
                           長谷山崇彦


「食品」「五輪」で失墜


 古代中国は世界トップの先進文明国で、古代日本も遣隋使や遣唐使を通して、多くの文化と科学を中国から学んだ。筆者は1980年頃から官民機関の国際共同研究で多数の中国人専門家と親しく交流しているが、皆、極めて優秀な賢人で、その「賢人の中国」の最近の誤算続きは真に不思議である。

 例えば、例の中国製冷凍毒餃子事件では中国は中国側の責任を認めないが、その他にも中国産食品とペットフードの中毒事件が国内外で相次ぎ、中国産食品の国際的信用と輸入が暴落している。もし中国側が率直に中国側の原因を認めて再発防止策を公表していれば、消費者の信頼と需要は回復していたはずで、責任回避は誤算だった。

 また、北京五輪の聖火リレーでは、各国の通過路が中国に動員された多数の中国人留学生や華僑達が振る巨大な五星紅旗の大乱舞と中国語の大声援で埋められ、聖火走者が中国警固軍団に囲まれて走る異常な光景に世界は驚愕した。更に中国のチベット弾圧に抗議する通過国の人達への彼等の暴行事件に驚いた。韓国は韓国人に暴行した中国人達の国外退去処分と中国大使への厳しい抗議をしたが、被害者を出した日本は対照的に穏便?に対応した。

 この平和の祭典・五輪での異常な光景に、国際世論は台頭する中国への賞賛よりも嫌中感情を定着させてしまった。もし中国人応援団が五輪旗と通過国の国旗も合わせて振れば、通過国国民も一緒に熱烈歓迎で応援したはずで、中国軍団の行動は全く誤算だった…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

確かに元気です…

  • 2009/02/25(水) 12:22:31





 “日教組とたたかう”というその姿勢には敬意を表しますが、その前にあえてジェンダーに挑戦するかのような外見に関しては、私は何とかしていただければと考えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

左翼に利用された「派遣村」

  • 2009/02/19(木) 13:41:25

 麻生内閣も残念ながら2人目の閣僚の辞任を出してしまいました。1人目の中山大臣は、民主党には絶対に政権は渡さないという強い信念のもと、「選挙に勝つ」ためのむしろ積極的な辞任劇でしたが、今回の中川(昭)大臣の失態は、日頃、政府・自民党の揚げ足取りに地道をあげているマスコミにとって好餌となってしまいました。保守系のメルマガやブログなどには、謀略論や側近の責任論などが出ておりますが、やはり本人の“酒癖”というのも否定し得ない事実であるがゆえに、たとえ“一服盛られていた”としても脇の甘さは否定できないでしょう。安倍総理、中山大臣、中川大臣さらには田母神空幕長とすべて「左翼マスコミ」によってつぶされております。保守系メディアの大々的な反撃が望まれます。

 左は、反日勢力と左翼マスコミの相関関係図です。(クリックで拡大)

平成13年1月30日にNHKで放映され問題になった番組「問われる戦時性暴力」にともなう工作です。ここにもはっきりと安倍・中川両氏の名前が上がっています。


 それでは、本日の記事紹介です。一時話題となった“派遣村”ですが、マスコミを通して見せられるその実像が、いかにバイアスのかかったものであるかがよく分かります。

2009/2/19付 世界日報11面 【論壇時評】
『「派遣村」の政治利用』
 

 「弱者」に便乗する左翼
   首切る原因作った共産党
                    【編集委員 森田 清策】

 年末年始にメディアを席巻した感のあった「年越し派遣村」騒動。当初は東京・日比谷公園に集まった「弱者」への同情論一辺倒だったが、時間の経過とともに、論壇では雇用を守る企業の社会的責任、派遣労働者の自己責任、そして制度改善で後手に回る政治の責任を、それぞれ分けた冷静な議論が見られるようになってきた。

 3月号で多くの月刊誌が組んだ派遣切り特集の中で注目したのは、派遣切り問題を体制批判に利用する左翼の労働団体や政党、そしていつか切られることを知りながら、その時への備えをしてこなかった元派遣社員への違和感を隠さない論調である。

 「中央公論」は、特集「大失業時代の闇」の中で、「聖域なき雇用危機―派遣村、明日はわが身か」をテーマに、社会学者の鈴木謙介氏の司会で、専門家ら4人による討論を企画した。そこで、「今回の派遣村も、明らかに一部の政党が政治活動に利用していますよね」と、日本共産党による派遣村の政治利用を指摘したのは人事コンサルタントの城繁幸氏。

 「今回、派遣の首を切ったのは、2006年に派遣規制があったからです」という企業の人事担当者の言葉を紹介しながら、3年を超えて働かせる派遣社員に対して、派遣先は直接雇用を申し込む義務がある現行の労働者派遣法に言及した。

 この規定は「共産党が『3年後にはみんな正社員にしなきゃ駄目だ』と主張して、政策として実現させてしまった」もので、この規定のため、09年度中に派遣を正社員にするか、首を切るしかなくなった企業は、「今回の金融危機があって、何でもないときに首を切るのは大変だから、今のうちに全部切ってしまおう」と考えたのだという…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

韓国人の礼儀と無礼と

  • 2009/02/06(金) 11:46:12

 今月の6日早朝のことになりますが、早稲田通り沿いで火事がありました。どうやら火元は写真のラーメン屋のようです。
このラーメン屋、じつは去年だったか一昨年だったか、目白に店を構えていたときにもたしか火事を起こしております。
これは単なる偶然でしょうか?もし偶然だとしたら、ここの店長は防火管理に対して、全く気を使ってないということになるでしょう。
通りが一時全面通行止めになり、通勤・通学にも影響がでてましたし、私も危うく配達が遠回りになるところでした。
 意図的なものは全くなかったと信じたいところです。


 それでは、本日の記事紹介です。朝鮮半島問題に詳しい編集委員の岩崎記者の
オピニオン記事です。韓国人気質の分析がおもしろいです。
「東方無礼の国」
 

  「礼義」喪失に慨嘆の声


 韓国の保守系新聞・朝鮮日報の名物コラムニストで特別顧問の金大中氏(元大統領とは別人)がウィークリー朝鮮(1月12日号)に「東方無礼之国」というコラムを書いている。

 チェーンソーやハンマーまで飛び交った最近の乱闘国会にとどまらず、交通マナー、公衆道徳、日常生活での人々の振る舞いに至るまで、かつて中国の歴史書「東夷列伝」で「東方礼義之国」とたたえられた姿は、今の韓国のどこにもないと嘆いているのだ。

 韓国人は「礼儀正しく」「親切」で「勤勉」であることを誇りにしている。だが、韓国を訪れてみて、どこが礼儀正しいのか首をひねりたくなる経験をした外国人は少なくない。交通ルール、電車の乗り降り、ドアの出入り、道でのすれ違い、列への割り込み、店員の不作法、大声、ケンカなど、およそ、まさに観光客の目に付く場面で、韓国人の不作法に出会うことが多いからだ…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む