BL本はエロ本〜公立図書館のBL本問題

  • 2008/12/26(金) 12:34:19

 いや〜ガソリンが本当に安くなりましたねえ。つい数ヶ月前まではリッターあたり170円ぐらいしていたのがウソのようです。

あの時は、500円玉1枚では絶対に足りなかったのが、今では余裕で満タンです。この値上がりと値下がりは一体なんなのでしょうか?まあ安くなることは消費者としては大歓迎ですが、その分企業のリストラ(人員削減のみの)が進んでいくのも考えものですね。

 やはり世の中、高級化と低価格化、富裕層と貧困層の2極化が激しくなっているようです。革命の下地が整いつつあると言う事でしょうか?だとしたら恐ろしい事であります。


 それでは本日の記事紹介です。
只今1面にて連載中の「公立図書館のBL(ボーイズラブ)本」問題です。

2008/12/25付 世界日報1面 【連載】
公立図書館のBL本<7>

 大量のBL本購入/性的秩序破綻に加担


 梅村秀樹さんは、教育機関である公立図書館に大量のBL(ボーイズラブ)本があることの不適切さを「裏表紙や挿絵にある性描写が雄弁に物語っているように、BL本の本質がエロだからです」と説明する。正鵠を射る指摘である。
 梅村さんの指摘の正しさは、別の観点からも証明できる。ネットで、本のタイトルを検索すれば、出版社が用意した「物語のストーリー紹介」が出てくる。これを読んでも「BL本の本質は、エロ」だと裏付けられよう。

 幾つか紹介してみたい。

 鹿能リコ著『恋はいつでも強引に』。

 「『…こうなったら体にわからせるしかないな』顔は可愛いけれど負けん気な大河は、ものすごく強引でモデルみたいに男前の社会科教師・高木に目をつけられてしまう…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む