北方領土の日

  • 2010/02/08(月) 09:44:49

 今日は、第30回目の北方領土の日。世界日報では、この日に合わせて、毎年メッセージ公告を掲載しています。ロシアによる重大な主権侵害に対して、皆さんも怒りのメッセージを送ってみませんか?



 それでは、本日の記事紹介です。
2010/2/7付 世界日報4面 北方領土の日特集

 きょう30回目の
   【北方領土の日】 
 


社団法人千島歯舞諸島居住者連盟理事長 小泉敏夫氏に聞く


 進展期待したい返還交渉

 旧ソ連に不法に占拠されて以来、65年の歳月を経た北方領土。元島民をはじめとしてこれまで国民挙げての返還運動を続けてきたが、残念なことに交渉は遅々として進んでいない。ビザ(査証)なし交流などさまざまな手法を用いて解決の糸口を探っているが、ロシア側は態度を硬化させたまま。島から追い出された一世の高齢化が進む中、領土返還運動に懸ける思いを社団法人千島歯舞諸島居住者連盟の小泉敏夫理事長に聞いた。 (聞き手=札幌・湯朝 肇) 

 ――政権が自民党から民主党に代わりました。鳩山政権の北方領土返還への取り組みをどのように感じていますか。


 北方領土返還運動はこれまで超党派で進めてきましたから、政権が代わっても国を挙げて取り組む問題だと考えています。従って、鳩山政権になったからといって何か特別なことをしなければならないとは考えていません。ただ、鳩山首相が北海道選出の国会議員であること。また、長い間民主党の幹事長であり、われわれとしてはこれまで機会あるごとに要請を続けてきました。

 加えて、私どもは鳩山首相にはある意味で期待もし、力強く感じている点があります。それは、首相の祖父である鳩山一郎さんは1956年に首相として日ソ国交回復を果たした人物、また父親の鳩山威一郎さんも外相として領土返還交渉に臨んでいます。また、長男の紀一郎さんも現在国立モスクワ大学で客員講師を務め、モスクワの交通渋滞解消対策に取り組んでいるといいます。当然ロシアの有識者もこの点は認識しており、このような経緯からすれば、鳩山家とロシアとのつながりは非常に深く、他の閣僚や国会議員とは違うと感じています…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

吉進丸銃撃事件〜ロシアの不作為を糾弾する

  • 2008/08/17(日) 14:29:29

  
 口パク、CGによるニセ花火映像、民族衣装だけで中身は漢民族の子供という張りぼて融和演出と、体面・面子しか考えてない中国の体質がよく分かった今回の開会式でした。おまけにマスコミの取材も未だに制限されており、自由とか人権といったおよそ近代国家がもつべき資質に欠けていることもはっきりと分かりました。日本選手の活躍には敬意を表しますが、冷静にこういう現実も考える必要があるかと思います。


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/8/17付 世界日報3面 【社説】
 吉進丸銃撃2年
     /領土問題で新機軸打ち出せ

 わが国固有の領土である北方領土・貝殻島周辺海域でロシア警備当局がカニかご漁船「第31吉進丸」を銃撃・拿捕した事件から、2年がたった。

要求そらすロ大統領


 甲板員の盛田光広さん=当時(35)=が銃撃で亡くなり、根室海上保安本部は現在も殺人容疑で捜査を行っているが、ロシア側からの協力は得られていない。さらに、事件の物的証拠として日本政府が返還を求めている漁船を、ロシアは国営漁業会社に譲渡してしまったのだ。

 今月は、「北方領土返還運動全国強調月間」でもあるが、漁船返還をさらに強く主張していくと同時に、事件の根本原因であるロシアによる北方四島不法占拠状態の解決に、全力を尽くさねばならない。

 日本政府の要求を完全に無視し、漁船を国営漁業会社に渡したことについては、北海道洞爺湖サミットでの日ロ首脳会談でも取り上げられた。福田康夫首相は「ロシアの一方的な措置を、日本国民は非友好的だと受け止めている」と強調し、「第31吉進丸」の速やかな引き渡しを要求した。だが、メドベージェフ大統領は「領土問題が早く解決すればこのような事案もなくなる」と話をそらした…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

真実の攻防〜第3部

  • 2008/06/16(月) 13:17:29

 いよいよ本日より沖縄戦集団自決問題を描く連載「真実の攻防」第3部がスタートしました。
 ところで、今日の記事に出てくる樺太の悲劇を描いた映画「氷雪の門」をご存知でしょうか?不可侵条約を破って樺太にも侵攻し、8/15の終戦後も全島占領のために攻撃を続けたソ連軍の蛮行と最後まで電話交換手として真岡郵便局に残り、集団自決していった若き女性たちの悲劇を映像化したものです。当時、ソ連の横槍が入り映画館での上映ができなかったといういわく付きの作品です。有志による自主上映会が各地で開かれているという話を聞いたことがありますが、DVD化されて販売されてますので、ご関心のある方は?サンエイト(?03-3770-0768)まで



 2008/6/16付 世界日報1面 【連載】 
沖縄戦「集団自決」から63年〜第3部 <1>
真実の攻防


樺太の悲劇?


 札幌駅から特急に乗り換えて五時間半、稚内を訪ねたのは四月の下旬だった。ミズバショウの群生が遅い春の到来を告げていた。だが、“風の町”稚内を歩くとまだまだ肌寒かった。
 先の大戦で、国内で住民の集団自決が起きたのは、慶良間諸島のほかに樺太でも起きている。戦時中の集団自決の実相に迫るべく、この地を訪ねたのであった。

 両者は、いろいろと対照的である。地理的には、慶良間諸島と樺太は、日本の両端に位置する。米軍が本島に上陸した昭和二十(一九四五)年四月一日から沖縄戦は本格化するが、それ以前に、慶良間諸島の集団自決は起きた。戦争は日本がポツダム宣言を受け入れ、八月十五日で敗戦となるが、樺太の住民にとっての「戦争」は、その前後から始まった。ソ連が日ソ中立条約を一方的に破棄、侵攻したためだ。

 樺太の地は、アイヌなどの先住民族と日本人とロシア人が雑居する形で明治維新を迎えた。明治三十八(一九〇五)年のポーツマス会議で、北緯五〇度までが日本領となり、二年後にはコルサコフに樺太庁が発足。鉄道、道路、港などのインフラが整備され、漁業、林業、石油、石炭開発などで活況を呈した北の大地に、多くの日本人が移り住み、終戦時は約四十五、六万人までに膨れ上がっていた。

 そこにソ連軍が空、陸、海から一気に侵攻。住民は一瞬にして大混乱に陥ったのである…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

ロシア〜マスコミ受難

  • 2008/05/21(水) 11:22:09

 愛国主義・民族主義の高まりが世界的な広がりを見せておりますが、最近のロシアも経済の安定成長とともに共産主義へのノスタルジックな回帰が顕著です。それに伴い、束の間の自由を謳歌したロシアのマスコミも受難の時代に入っているようであります。
それでは、本日の記事紹介です。



2008/05/21付 世界日報16面 【メディアウォッチ―海外編】 
ロシア
  「プーチン大統領再婚」の報道後、
    マスコミ閉鎖規定広げる法改正の動き

「中傷やウソ」を追加

 ロシアのプーチン大統領(当時・55)はリュドミラ夫人(50)と今年二月に離婚しており、アテネオリンピック新体操金メダリストで与党「統一ロシア」所属の下院議員アリーナ・カバエワさん(24)と六月にも再婚する――。四月十一日、スキャンダルを報じたモスクワの大衆紙「モスコフスキー・コレスポンデント」はその一週間後、プーチン氏が報道を全面否定した日に休刊となり、その後、廃刊となった。

 この一連の騒ぎは同紙の廃刊にとどまらず、ロシアの全マスコミに大きな影響を及ぼしかねない事態を引き起こすことになった。「中傷的な記事を掲載、もしくは報道したマスコミの閉鎖」を新たに規定する、マスコミ法改正の動きである。

 現行法では、急進主義を煽(あお)ったり、テロを肯定する報道を行ったりしたマスコミが、裁判所の決定により閉鎖措置となる条項を規定している。改正案は「閉鎖の理由となる事項」に、上記の「中傷やウソ」などを追加するものだ。               (モスクワ・大川佳宏)

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan

  全文をお読みになりたい方はこちらからどうぞ>>>世界日報試読受付センター
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る