「メア発言」の作為的報道

  • 2011/03/16(水) 12:10:57

 地震発生から、早6日目となりました。夥しい死傷者・被災者の数と被災地の悲惨な状況を見るにつけ、かける言葉を失ってしまいます。

      

      

      

阪神淡路大震災も大惨事でしたが、今回の地震はそれを上回るものでした。お亡くなりになられた方々に哀悼の意を表します。被災者の皆さん、月並みな言葉ですが、本当に大変ですが頑張ってください!


 昨日の記事紹介です。震災の影に隠れてしまいましたが、看過できない内容ですのでアップします。反日団体・反日マスコミは、常に蠢いています。

2011/3/15 世界日報4面 【メディアウォッチ】 

 朝日掲載の共同記事「メア発言」は
       作為的報道の疑いを炙り出す読売


学生メモの確認は?


 東日本大地震の衝撃が日本列島を駆け抜け、菅直人首相の外国人献金問題も、ケビン・メア米国務省日本部長(当時)の「沖縄はゆすりの名人」発言も、遠い過去の話のようだ。が、いずれもそう簡単に忘れ去ってよい話ではない。ここではメア発言を取り上げる。

 発言を最初に報じたのは共同通信だ(6日)。その配信記事を琉球新報と沖縄タイムズが報じ(7日付)、全国紙がそれに続いた。中でも朝日(7日付夕刊)はベタ白抜き見出しで「米の日本部長『沖縄はゆすりの名人』 昨年末、米学生に講義」と報じた。記事末尾に(共同)とあるので配信をそのまま載せたようだ。

 こういう場合、自社原稿でないのだから、出所や信憑性を確認してから報じてもよさそうだが、朝日記事にはそうした形跡はまったくない…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

聞け!魂の叫びを!〜NHK1万人集団訴訟

  • 2009/10/13(火) 09:49:20

 本日は、久々の休刊日(休肝日ではありません。念のため)。数日分の新聞(読売も含む)を一気読みしました。今日はその中から1本アップしたいと思います。


2009/10/11付 世界日報4面 【ワールドスコープ】
 NHKスペシャル歪曲報道
民族の誇り懸けた
        「魂の戦い」に
 

 史上空前の1万人集団訴訟始動

 日本の台湾統治を扱ったNHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー」の第1回「アジアの“一等国”」(4月5日放映)の内容が取材実態に基づかない歪曲報道だとして台湾のパイワン族37人が6日、東京地裁に集団提訴した。

この中には「アジアの“一等国”」でNHKから取材を受けたパイワン族ら3人が含まれていることから、地裁としても門前払いは難しい。なお、NHKはこの問題で6月下旬、小田村四郎・元拓殖大学総長のほか視聴者ら8400人によって東京地裁に第1次集団提訴されている。さらに第2次集団訴訟原告団1946人を含めると、原告団は1万人を突破し、史上空前の集団訴訟が始動することになった。賠償請求金額は総額で約1億1000万円となる。 (池永達夫) 

 台湾から来日したパイワン族代表団の4人が6日、司法記者クラブで記者会見し、華阿財・元牡丹郷郷長(71)は「1910年の日英博覧会でパイワン族は誇りを持って参加したが、それをNHKは人間動物園だとして辱めた」と、事実に基づかない報道姿勢を批判。また母方の祖父が日英博覧会に出席したという李新輝・前春日郷郷長(71)は「部落では博覧会出席者を喜んで迎えた経緯がある」と語り、NHKに謝罪と名誉回復を求めた。

 さらに、洪金蓮さん(66)は、「今朝(6日)、靖国神社にお参りし、先祖に会ってきた。その先祖から、安心して故郷に帰れと言われたような気がした」と涙ながらに語った…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

NHKの大罪

  • 2009/07/13(月) 13:36:16

 昨日は都議選。結果は、見るも無残な自民党惨敗。まあ予想していたとはいえ、今後の国政選挙に向け、自民党にとってはいい反省材料になったというところでしょう。

 しかし、そんなことなどお構いなしの後藤まい。ということで、自分が目立つことだけが目的としか思えない都議選(新宿区)ポスターの写真をお届けします。

“純粋無所属”というそのキャッチフレーズには思わず笑ってしまいました。

 政治家の芸能人化が限りなく進んでおりますが、それだけ民度が下がってしまったということでしょうか。

以下、興味のある方はお読みください。読むのもバカバカしいですが…

後藤まいさん、都政でひと肌…脱げませんでした

2009年7月13日(月)08:00(サンケイスポーツ)
 12日投開票の都議選では「民主党の風」が吹き荒れた。“エロすぎる候補”として話題を集め新宿区(定数4)から立候補していた無所属新人の後藤まいさん(36)は、エロさが票につながらず撃沈した。
 新宿区の有権者25万2437人にとって、“刺激的”すぎた!?
 運命の12日、歓喜のエクスタシーを味わうことができなかった後藤さんは午後10時35分、純白のスーツ姿で「ダメっぽい感じなので、早めにはじめま〜す」と笑顔で会見をスタートさせた。
 敗北の理由について「はじめから挑戦することに意味があると思っていた」と告白。だが「スタッフも団結してきて、大久保でおじいちゃんに自転車から『頑張れよ』なんて言われるうちに、その気になってきました」と徐々に本気モードに変わったという。
 後藤さんは、4月に出演したイメージビデオで局部を露出したとして、警視庁に摘発された。その事件をきっかけに、元政治家の友人の勧めで立候補を決意。青春時代を過ごし愛着のある新宿から出馬を決めた。告示後は「純粋無派閥」として純白のミニスカなどで出陣、時折“パンチラ”を交えるお色気戦略で臨んだ。「新宿区を子育て優遇モデル地域にするため、低額な保育所の整備する」と訴えた。
 この“エロすぎ”作戦について「興味を引くために始めた。最初は自信がなかったけど、みんな喜んでくれた」と笑顔。しかし、選対関係者は「主婦から反感を買い、何度か『アンタに立候補する資格はない!』と言われた」と証言。女性票を逃したことも浮き彫りになった。さらに後藤さんは杉並区在住で「自分に投票できず、無所属の人に投票した」とも。準備不足が原因で、エロだけが目立ってしまった。
 だが、選挙を振り返る後藤さんは「人間的にすごく成長しました」と笑顔。今後の活動は「全力で走ってきたので、今は考えられない」とした。
 この日、会場には約20人の写真記者が集結。会見後は敗北のショックを見せず撮影に気軽に応じた後藤さん。選対関係者は、立候補時に選管に納めた供託金60万円について「没収ラインの3198票をクリアしたようだ」と説明した。


 それでは、久々に本日の記事紹介です。こちらは、自己中を超えた、さらに悪意あるNHKの問題です。
2009/7/13付 世界日報9面 インタビューより
NHKスペシャル

 「天皇と憲法」の偏向
   /慶應義塾大学講師 
        竹田恒泰氏に聞く


皇室の在り方疑問視へ誤導
国策決定は終戦の御聖断だけ/製作は歴史的事実に則れ


 NHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー」の第1回「アジアの“一等国”」で台湾報道について偏向と歪曲があったと批判が相次いでいるが、竹田恒泰・慶應義塾大学講師は、さらに、第2回「天皇と憲法」(5月3日放映)中の重大な悪意を指摘する。特に「帝国憲法があったから戦争が起きた、今の憲法を守っていけば戦争は起きない」という見方は「詐欺師の論理」と論難する。 (聞き手=片上晴彦)

 ――NHKの台湾偏向報道に対する抗議運動の盛り上がりをどう見るか。

 行方が注目されるが、同シリーズ2回目の「天皇と憲法」もかなり強い意図をもって作られた番組で、むしろ問題はこちらが大きい。番組は上杉・美濃部論争(注・大正期、天皇の絶対主権説と天皇機関説をめぐる論争)の行方を取り上げ、当時の強権的な解釈が帝国主義を進め戦争に至ったのだと論を進めている。全体を流れるのは帝国憲法悪玉論で、検証の仕方も非常に大雑把だ。視聴者は、旧憲法は悪で、天皇を絶対視する天皇主権という考え方が、日本を軍国化させていったのだという感覚を持つのではないか。

 その上、番組の締めくくりで、3人の識者が出て、「今日まで、天皇の在り方についての議論はタブーとされたが、そろそろ触っていかなくてはならない」という趣旨のことを言う。番組はソフトな作りで淡々と進んでいき、見終わった人は、「そうか」と。「そろそろ皇室の在り方を根本的に見直す時期なのか」と思ってしまう…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

「JAPANデビューは、とんでもない左翼偏向番組だ!」

  • 2009/06/06(土) 20:51:35

とあるMLに、非常におもしろい内容がありましたのでコピペします。もちろん転送歓迎のものです。


本日(※6/5付けの内容です)、永田町で、NHKの海老沢元会長に「直撃インタビュー」を決行しました。

標題は、現在も横綱審議委員会の委員長などの要職にある海老沢元NHK会長が藤田裕行に直接に、一対一で語った発言であり、認識です。

直撃インタビューの概要は、下記。

藤田裕行
 「海老沢会長、この度、NHKが『JAPANデビュー』という番組で、台湾を取り挙げましたが、この番組を偏向報道と思われませんか?」

NHK海老沢元会長
 「あれは、とんでもない番組だ。とんでもない偏向番組だ。」

藤田裕行
 「NHKの元会長も、そのような認識なのですか?」

NHK海老沢元会長
 「いまのNHKの経営陣は、アサヒだ。(朝日新聞を意味するのか、アサヒビールかは不明) とんでもない左翼だ。私を追い落とそうとした連中だ。」

藤田裕行
 「JAPANデビューを、海老沢元会長がそのように思われるのであれば、後輩の現NHKの経営陣に、海老沢さんからも問題提起をして下さいよ。」

NHK海老沢元会長
 「私も言うが、君たちが外部からもっと糾弾しないとな。まだまだ糾弾姿勢が弱いよ。私は、あいつらの糾弾と徹底的に戦った。」

藤田裕行
 「そうですか、ところで、私はいま副会長の今井義典さんと、ちょっとやりとりもしているんですが、今井さんというのは、どうですか?」

NHK海老沢元会長
 「ぜんぜん、ダメだよ。左翼だ。」

藤田裕行
 「そうなんですか・・・」

NHK海老沢元会長
 「もっと、外部から君たちが強く糾弾しないとダメだ。あいつらは、左翼だ。」
まあ、私からすると、海老沢会長のNHKも、「左巻き」である。

そのNHK海老沢元会長からしても、現NHK経営陣は、「左翼」とその目に映るということは、新鮮な再認識となった。

NHK海老沢元会長とNHKの現経営陣にこのような「怨念の対立構図」があることが明らかになったことは、偶然であるが、面白い !!!

日本外国特派員協会
プロフェッショナル・アソシエイト
日台交流教育会 顧問

藤田裕行
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

媚中偏向するNHK

  • 2009/05/29(金) 14:20:02

2009/5/29付 世界日報4面【論壇時評】より 
NHKの台湾統治番組
     隠微な「圧力」で偏向?

 公共放送として説明責任
                     編集委員 森田 清策

 新型インフルエンザは終息の兆しが見えてきたが、日本の台湾統治を取り上げたNHKスペシャルの「シリーズJAPANデビュー」の第1回「アジアの“一等国”」(4月5日放送)の偏向問題への批判は広がる一方だ。今月16日に続き、日台友好団体関係者らを中心に30日にも東京、名古屋、大阪、札幌で、NHKへの抗議デモを行う予定。同番組は「欠陥番組」だとして、再制作、再放送を要求する署名プロジェクトを始めたNHK記者OBらもいる。

 これだけ大騒ぎになっているのに、この問題を報道する新聞は小紙と産経くらいなもの。NHKの慰安婦番組をめぐる問題では、大々的にNHK批判を繰り広げた朝日新聞は黙りを決め込んでいる。今回の番組が左への偏向だからだろう。この状況に、保守論壇が黙っているはずはない…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む