尖閣諸島は我が国固有の領土

  • 2010/09/23(木) 21:57:28

 きのう、おとといとは打って変わって、今日は大雨の上に随分と涼しい天気となりました。そういえばいつのまにか蝉の鳴き声がぱったりと止みましたし、配達コースでは、キンモクセイの甘い香りも漂いだしております。ようやく秋を迎えつつあるようなそんな感じです。

 さて、季節は秋ですが、南の海はまだ熱い季節が続いております。一昔前なら絶対戦争になってたであろうそんな事案が、今回の尖閣諸島の問題です。盗人猛々しいというのか、ヤクザの雄たけびというのか彼の国の領土的野心が見え見えで、国際社会の一員としてのルールや秩序を無視した、いわば二流の発展途上国、現代のナチスといったところです。

 どう落とし前をつけるのか、今後の日中両政府から目が離せません。


 それでは、本日の記事紹介です。昨日のビューポイントです。  
2010/9/22付 世界日報12面 【ビューポイント】

中国漁船拿捕事件に思う

   −尖閣諸島は固有の領土−

 元統幕議長 杉山 蕃


 尖閣諸島周辺の我が国領海で生起した、不正操業の中国漁船拿捕事件に関連し、中国とのせめぎ合いが続いている。2カ月前、筆者は本欄で、「何が起きてもおかしくない状態」と述べたが、本格化してきた尖閣問題について所信を披露したい。

 まず確認したいことは、尖閣諸島は、正当な手続きを踏んだ日本の固有の領土であり、疑う余地は無いということである…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

沖縄問題に望む本質的議論

  • 2010/08/17(火) 21:53:41

 第92回夏の全国高校野球も11日目を迎え、沖縄の興南高校が仙台育英を下して、準々決勝にコマを進め、これでベスト8が出揃いました。
ベスト8進出高〜聖光学院(福島)・関東一(東東京)・成田(千葉)・東海大相模(神奈川)・新潟明訓(新潟)・報徳学園(兵庫)・九州学院(熊本)・興南(沖縄)

 個人的な予想としては、優勝は関東一高かなと思っておりますが、しかし、読者ということで言えば、やはり興南高校が優勝と言わざるを得ないでしょう(笑)。でもまんざらでもなさそうなので、この際、春夏連覇を達成して欲しいですね。


 それでは、本日の記事紹介です。昨日の記事になりますが、示唆に富む内容だったのでご紹介します。
2010/8/16 16面 【ビューポイント】
沖縄問題に望む本質的議論

  タブー化は思考停止に


                    沖縄大学教授 宮城 能彦

論点の蓋を開けた鳩山発言


 今年6月民主党の鳩山由紀夫首相が普天間基地移設問題を混乱させた責任をとって辞任した。普天間基地の移設先を「少なくとも県外」と発言したことは、保守側からは安易だと非難され、左翼や沖縄側からは結局実現できなかったことを責められたのである。

 鳩山前首相の発言はあまりにも軽率であったと私も思う。しかし、ここでは敢えて彼の発言や行動の評価できる部分について考えてみたい。

 そういった試みを快く思わない人々もいるかもしれない。しかし、沖縄問題について私が発言する目的は「議論できる沖縄にしたい」ということに尽きる。様々な立場や考えの人が、自分の意見を表明し議論していくことで沖縄問題への認識を高めていけたらいい…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

8/15〜靖国神社

  • 2010/08/15(日) 23:18:54

 終戦65年目の暑い夏〜8月15日(日)。今年も恒例の靖国神社の参拝に行ってまいりました。なぜかこの日は、毎年うだるような暑い日になりますが、本当に多くの方々が訪れます。
 
 きっと心の奥底にある英霊への思い、そして英霊からの思いが共鳴しあって、多くの魂を呼び寄せるのではないかと思います。


参拝に来られた多くの方たち

特攻勇士の像と碑

 西村塾の方たち&ちょっとこわ面の方たち。

お堀を埋め尽くす蓮と右翼を取り囲む警官
 
今回は、遊就館ではなく昭和館を見学してきました。(当日配布のビラと)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

世日クラブ講演会のお知らせ

  • 2010/08/02(月) 13:05:34

世日クラブ講演会
文化力で国家再生へ

                  講師:井尻千男氏

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)は8月24日(火)、コラムニストで拓殖大学名誉教授の井尻千男(いじり・かずお)氏を講師として招き、「日本文化と理想の国家像」と題する講演会を開きます。

 今夏の参院選で民主党は敗北し、政局も一段と混迷の度を深めています。不況の長期化、自殺者の年間3万人超え、青少年の引きこもり急増など社会の閉塞感が漂う中、国家再生へのビジョンづくりが求められます。社会評論、文化論に定評のある井尻氏に、わが国が誇る日本文化の視点からその処方箋(せん)を論じていただきます。

 世日クラブ会員の講演会参加費が無料になりました!ぜひ皆さまも会員に!

【日時】平成22年8月24日(火)18:00受け付け 18:30開演

【会場】東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター26階スカイホール

【会費】2,000円(会員無料

【主催/後援】世日クラブ/世界日報社

【連絡先】世日クラブ事務局 柏木 
      電話03(3558)3417 FAX03(3558)3541 

       ネットからの連絡・お問合せはこちら>>>世日クラブ事務局


The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

日教組の教育支配を正す〜世日クラブ講演会

  • 2010/07/06(火) 18:01:49

 故人の葬儀に対して、とやかく言うつもりはありませんが、しかし日本から喪服まで用意して行って泣き叫ぶあのおばさんたちを見たときに、なにか言い知れぬ違和感を感じてしまいます。

 この感覚は一体なんだろうと思ったときに、やはり「日本人」としての有り様(〜たしなみ、節度〜)みたいなものがなにか崩れてるんじゃないか? そういう部分の感覚が、受け入れがたい情景としてあの葬儀には集約されているように思います。
それにしても韓国人にとっても驚きの光景であったことは間違いないようです。

新大久保にある韓国食堂に設けられた故パク・ヨンハの焼香所にて悲しみに暮れる日本ファン=1日、ソウル(聯合ニュース)


 ということで、本日の記事紹介です。まあ戦後教育の影響なんでしょうかねえ…?
2010/7/5付 世界日報9面 インタビュー 

民主党政権と教育改革
  日教組の教育支配を正す

   〜戦後教育政策担った日教組

元国立市教育長・石井昌浩氏
世日クラブ講演会要旨

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の第132回定期講演会が6月22日、都内で開かれ、元国立市教育長の石井昌浩氏が「民主党政権と教育改革――日教組の教育支配を正す」をテーマに講演した。石井氏は、日本の無力化を目指したGHQ(連合国軍総司令部)の戦後教育政策を担うために日教組が生まれ、民主党政権が日教組の教育方針を丸のみにしていると危機感を示すとともに、日本人が自立し、教育再生を果たす時が来たと訴えた。以下は講演要旨。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む