拉致問題の基本は憲法問題

  • 2008/10/23(木) 20:11:32

 こんなお笑い記事がありました。

 オンラインゲーム上で「離婚」されたことに逆上し、相手のIDとパスワードを勝手に使い、「夫」だったキャラクターを消去したとして、北海道警札幌北署は22日、宮崎市小松台東3、ピアノ講師泊(とまり)真由美容疑者(43)を不正アクセス禁止法違反などの疑いで逮捕した。

 発表によると、泊容疑者は5月中旬、札幌市北区の男性会社員(33)のIDなどを無断で使い、オンラインゲーム「メイプルストーリー」に侵入し、男性がゲーム上で使っていたキャラクターを消去した疑い。

 同ゲームは、ネット上の仲間と敵を倒しながら自分のキャラクターを育てるロールプレイング・ゲーム。泊容疑者と男性は、ゲーム上でキャラクター同士を「結婚」させていたが、男性側から「離婚」されていた。

 泊容疑者は調べに対し、「勝手に離婚され腹が立った」と供述。IDなどは男性から以前に聞いていたという。(10月23日11時2分配信 読売新聞) 


 ゲーム上だからよかったものの、実際に結婚してたらマジに消されてしまいそうでちょっとコワイですね。最近ありがちなので…


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/23付 世界日報16面 【ビューポイント】
拉致問題の基本は憲法問題

他力頼みで解決は無理
                 大月短期大学教授 小山 常実


米の裏切りに怒って出直せ

 米国が正式に北朝鮮に対するテロ支援国家指定を解除した。これは、米国の日本に対する裏切り行為である。日本は、2001年のアフガニスタン侵攻と2003年のイラク戦争について米国に協力した。アフガニスタン侵攻の場合はともかくとして、イラク戦争の場合は、国民はもちろん、自民党内でも、米国に対する協力についての積極的な支持は存在しなかった。にもかかわらず、日本国内では、諸外国と異なり、強力な戦争反対の運動はおきなかった。

 何故か。小泉首相は明言しなかったが、日本が米国に協力した理由は、北朝鮮の脅威から日本を守ってもらうために、米国にとって重要な中東の問題について米国に協力しておこう、というものだった。イラク戦争に協力すれば、米国が圧力をかけて北朝鮮から拉致被害者を取り戻してくれるかも知れない、と日本国民は考えたのだ。事実、米国も、拉致被害者に対する過去の対応を見ても、そのつもりだったことは確かである。

 しかし、裏切られた。日本政府と自民党は、米国に対して抗議すべきだし、もっと怒るべきである。いや、民主党などの野党こそ、もっと怒るべきである…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

配管工のジョー

  • 2008/10/22(水) 12:34:32

 昨日は、第122回世日クラブ講演会に参加してまいりました。講師は、元日銀理事で、衆議院議員でもあった鈴木淑夫先生でした。

 経済の事はなかなか分かりにくい面がありますが、パワーポイントを使ってわかりやすく説明してくださいました。

やはり一番感じたのは、小泉政権の経済政策のまやかしで、世界日報でも随分批判しましたが実際の経済の動きとして小泉・竹中のやったことがどれだけ国民経済を疲弊させたかがよく分かりました。

 かつて住専の不良債権処理で痛い目にあっているので、銀行をはじめとした日本の金融機関のサブプライム関連での傷は割と浅く済んでいるそうですが、景気の大幅後退ないし停滞状況は当分変わることがないので、今度の選挙は政権党である自民党にはかなり厳しいものになるかと思います。

 生活主体という政策も一致することから、民主・公明の連立政権誕生近しといったところでしょうか?そうなったらいっそのこと名前も新・新進党にしたらいいかもしれませんね。


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/22付 世界日報7面 【ワールドスコープ】より
オバマ氏 波紋呼ぶ「富の分配」発言

 「配管工のジョー」がきっかけ

左寄りの政治姿勢浮き彫りに


 民主党の大統領候補バラク・オバマ上院議員が「配管工のジョー」と交わした会話が論争を巻き起こしている。配管工の白人男性がオバマ氏の税制案について増税の懸念を示したところ、同氏は低所得者への「富の分配」が必要だと社会主義的な色彩が濃い発言をしたためだ。これを受け、共和党候補のジョン・マケイン上院議員は、オバマ氏の経済政策を「背後にある前提は階級闘争だ」と批判するなど、「配管工のジョー」をめぐる論争は、オバマ氏の極めてリベラルな政治姿勢を浮き彫りにした格好だ。 (ワシントン・早川俊行)

 「配管工のジョー」とは、オハイオ州に住むジョー・ウーツェルバッカーさん(34)のこと。今月12日、激戦州の同州で遊説したオバマ氏に対し、配管業の会社買収を検討しているウーツェルバッカーさんは、年収25万?(約2,500万円)以上の人を対象にしたオバマ氏の増税案に不満をぶつけた。

 「私は1日に10〜12時間働き、会社を買おうとしている。アメリカン・ドリームを実現しても、より多くの税金が課せられることになる」

 これに対し、オバマ氏は次のように回答した。

 「私はあなたの成功を罰したいわけではない。私の考え方は、底辺の人々に好ましい経済なら、すべての人に好ましい、というものだ。あなたが富を分配すれば、それはすべての人にとって好ましいことだ」

 オバマ氏は民主党内でもリベラル色の強い議員であることはよく知られているが、「富の分配」という社会主義的な政治観を露骨に示す言葉を用いたことは衝撃を与えた。特に、保守派のオバマ氏に対する警戒感は一段と強まり、同派の論客ミシェル・マルキン氏は「富の分配」発言を、「恐ろしいマルクス主義者のマントラ(まじない文句)」と呼ぶほどだ…

続きを読む

共産党系情報源に踊る読売

  • 2008/10/21(火) 11:49:49

 最近テレビの米大統領選の報道を聞いていて変に思うことがあります。確か以前は、共和党候補のことを「マッケイン」と発音していたように思うのですが、最近はことさらに「マケイン」と発音しています。もちろん本来的にその発音が近いのかもしれませんが、私は意図的に「マケ」イン=負けもしくは負け犬を連想させるような報道がされている気がしてなりません。
 考えすぎかも知れませんが、皆さんはどう思われますか?


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/21付 世界日報16面 【メディアウォッチ】

共産党系情報源の家族軽視な連載で
       家族条項の改憲試案が泣く読売


提言と紙面との矛盾


 新聞週間の最中の16日、読売が医療改革案を提言した。同日付1面トップ、中面では6面を使っての大提言だ。医師不足などによる医療崩壊を防ぐ手だてとして「緊急対策5項目」と「構造改革5本の柱(21項目)」を示し、社説では「国民の不安を払拭する時だ」と訴えている。

 その意気は大いに買いたい。だが、提言は今後、紙面にどう生かされるのか、注視しておきたい。と言うのは、提言は立派なのだが、言いっ放しで終わりはしないか、いささか疑問符が付くからだ。

 その典型例が2004年5月3日付に発表した「家族は『社会の基礎』/条項も新設」とする「憲法改正2004年試案」だ。家族崩壊による少年凶悪事件などを防ぐために憲法に家族保護条項を加えようというもので、時宜にかなった提言として評価された。だが、せっかくの家族重視策なのに、肝心の紙面にはさっぱり反映されていない。

 例えば、今年3月に家庭(くらし)面に「どうなる選択的夫婦別姓」と題する連載(同21日、22日付)があったが、社民党の福島瑞穂代表やフェミニストとして名高い大学教授らジェンダーフリーを唱える家族解体主義者ばかりを登場させ、選択的夫婦別姓を後押ししている…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

ソマリヤでの海賊被害

  • 2008/10/18(土) 18:02:44

 本日、豊島区の小中学校PTA連合会主催の音楽のつどいがありまして、人が足りないということで私も急遽舞台に立つことになりました。といっても当日限りの練習ではまともに歌えるわけもなく、ほとんど口パク・ヨンハでした。(親じギャグか!)

 それぞれ忙しいながらも練習をしてきたところはやっぱり上手でした。“仕事あるのにやってらんないよ”と思いながら参加してましたが、そういうのを見せられると俄然対抗意識が湧いてくるから不思議です。

 この思いが所属意識すなわち愛校心であり、それが大きくなって愛郷心また愛国心というものにつながっていく源泉と言えるかもしれません。


 それでは、本日の記事紹介です。

2008/10/18付 世界日報7面 【ワールドスコープ】より
ソマリア沖で海賊被害急増
イスラム過激派武装集団が襲撃繰り返す

ソマリアが新たなテロの温床に


 ソマリア沖アデン湾周辺海域で海賊被害が急増している。無政府状態にあるソマリアに拠点を築き、同国の支配をもくろむ国際テロ組織アルカイダとの連携を疑われるイスラム過激派武装集団が海賊の正体で、略奪した身代金や物資は同勢力の資金・物資として運用されているとされる。イスラム過激派がソマリアへ勢力を拡大すれば、アフガニスタンに続く新たなテロの温床となる可能性もある。 (カイロ・鈴木眞吉)

 ソマリア沖での、日本の大型タンカー「高山」への4月21日の攻撃を含む、各国貨物船などへの度重なる海賊行為に対し、米英仏を中心に国連安保理決議案が提出されたのは今年4月下旬。不審船の臨検や拿捕などの権限を関係各国に与える内容で、6月に採択された。

 しかし、その後の8月21日にも、日本企業が運航するパナマ船籍のタンカーが海賊に乗っ取られた。日本船主協会によると、今年1月から9月までで、日本関係船舶7隻を含む79隻が海賊被害に遭った。9月だけで26隻。海賊の手に渡った身代金総額は最大1億?と推定されている。

 殊に世界各国を驚かせたのは、9月25日、33両のロシア製戦車や兵器などを積載したウクライナの貨物船が、重装備の海賊に襲撃され、ウクライナ人やロシア人船員ら21人が人質になった事件だ。身代金として3,500万?(約36億円)を要求。これらの武器が「地域の不安定化のために使用される」(メレス・エチオピア首相)ことが最も憂慮されている。米駆逐艦が監視を強めたのみならず、ロシア海軍も現場に艦隊を派遣した。

 9月22日には、医療奉仕中の邦人女性医師とオランダ人男性が、エチオピア東部で誘拐され、ソマリアの首都モガディシオに拉致されていることが判明した。当初、単なる身代金目的の盗賊による誘拐とみられたが、ソマリアの武装組織による政治目的の誘拐と判明した…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

日教組を糾弾する緊急国民集会

  • 2008/10/17(金) 21:27:15

  昨日、文京シビックホールで開かれた「日教組を糾弾する緊急国民集会」に参加してきました。

 元日教組だの元自治労だのといった議員がうじゃうじゃいる民主党に政権が渡ることに危機感を覚えた元鎌倉市議会議員で、現在「建て直そう・日本 女性塾」を主催している伊藤玲子先生の呼びかけに応じて、多数の議員・教育関係者ならびに保守系団体が参集しまして、それぞれの立場から日教組ほか反日勢力への糾弾の雄叫びをあげました。

 トップバッターは、犬伏秀一大田区議(写真右)
自己の信念から民主党に合流する事を拒否。日本でただ1人いまだに自由党を名乗っている硬骨漢の議員です。私は今回初めてお目にかかりました。





 本日の基調講演をされた元参議院議員の小林正先生(写真左)
というより‘元日教組’のと言ったほうがいいかもしれませんね(笑) 
彼らの活動・運動を生で体験しておられますので、先生のお話には説得力があります。 



 そしてご存知われらが3都議のひとり土屋敬之先生
(写真右)
今日も演説‘舌好調’でした。惜しむらくはなぜ民主党なのかということだけです。





 司会はチャンネル桜のキャスターでもお馴染みの日本世論の会会長の三輪和雄氏です。
アジ演説で未来を開く通称‘アジ開’と呼ばれてるとは今回初耳でした。(ほんとかなあ?)




 この他にも、元東京都学校経営支援センター・アドバイザーの鷲野秀一氏、大阪は八尾市議の三宅博氏のお2人が登壇されました。

鷲野氏は、校長土下座事件のあった国立の小学校に翌年赴任され、教育の正常化に尽力されたそうです。
また三宅市議は、部落解放同盟の名をあげ、教育荒廃の根源には彼らの存在があると明確に言及しておられました。この名前を出すということは、本当に命がけの議員活動をしておられるということです。西村真悟議員の信頼厚い同志というのもうなずけます。

 毎度思うのですが、国政の場にどうしてこのような国士がいないのかということです。もはや国会議員は世襲の利権業にすぎないのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る