読売VS朝日〜中国大地震報道

  • 2008/05/20(火) 12:14:37

  昨晩からの大雨により、神田川も久々にかなり増水しておりました。放水路ができたおかげで最近では堤防決壊という事態には至りませんが、それでもゴォーという音を聞くと結構怖いものがあります。


左の写真は、落合付近です。



それでは、本日の記事紹介です。

2008/05/20付 世界日報16面 【メディアウォッチ】〜新聞 

中国大地震で
鈍い共産党当局に怒る庶民を報道した読売
   当局者の党賛美を紹介した朝日

                            (増 記代司)
素早く批判キャッチ

 中国の四川大地震について読売の河田卓司中国総局長は、この大惨事で普段はあまり見えない中国の「本当の姿」が浮かんできたとして、?中国当局の自然災害に対する「危機管理能力」の意外なほどの低さ?共産党特有の硬直した対応ぶり?中国社会の被害者への共感の薄さ――を挙げている(十九日付「惨事で見えた『国家の姿』」)。

     ---------------(略)----------------

共産体制礼賛の朝日


 さらに十五日付では「進まぬ救出 高まる怒り」との現地ルポ(都江堰、綿竹)で、「捜索する警官より、周りで警備している警官が多いのはどうしたことなの。混乱を気にしているのだろうけど、大事なのは子供の命でしょ」(44歳、女性)、「役所はほとんど倒壊せず、庶民の家ばかりが壊れた。この国は、結局、庶民はいくら死んでも構わないということなんだよ」(38歳、青果販売店主)といった声を次々と取り上げている。

 これとは対照的なのが同日付の朝日「時時刻刻」の「震源・汶川『村が平らに』」だ。ここで登場する声は「成都軍区の李世明司令官」「武装警察隊汶川救援部隊の王毅参謀長」「現地入りした武装警察幹部」「新華社の記者」で、庶民の声はどこにもない。

       ---------------(略)---------------- 

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan

   全文をお読みになりたい方はこちらからどうぞ>>>世界日報試読受付センター

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

足立十六中人権侵害裁判

  • 2008/05/19(月) 14:25:05

足立十六中人権侵害事件
控訴審勝利報告集会のご案内


内容:東京都足立十六中人権侵害事件控訴審
   被控訴人/ 増田都子   控訴人/ 三都議 ・展転社
判決:四月十七日「原判決中一審被告らの敗訴部分をとりけす。」

 足立十六中において偏向授業を行い、生徒とその親の人権を侵害した問題教師「増田都子」を指弾してきた古賀・土屋・田代三都議と展転社による控訴審裁判におきまして、今回見事に勝利いたしました。

つきましては、ぜひ多くの皆様にこの報告会にご参加いただきたいと思います。

日時:平成二十年 五月二十一日(水)午後三時(受付開始二時三十分)
場所:都議会議事堂二階「第二会議室」
懇親会:都議会内(一階)レストラン「ライオン」午後五時〜(会費三千円)

教育正常化裁判支援の会
代表/小林正  事務局長/三輪和雄

 足立十六中人権侵害事件−東京都足立区立第十六中学校で、社会科担当として赴任してきた増田都子教諭によって「紙上討論」なる授業が行われていました。 
 その紙上討論とは、「憲法、戦争責任、君が代・日の丸、従軍慰安婦、南京大虐殺」等のテーマについて生徒に意見を書かせるものでした。問題となった授業は「沖縄の米軍基地」をテーマにした授業で、増田教諭の個人的な偏見による「沖縄の人達はもちろんできる限り抵抗しましたが、米軍は暴力(銃剣とブルドーザー)でむりやり土地を取り上げて基地を作ったのが歴史的事実」等という、米軍を一方的な「悪」とみる偏向授業でした。 
その授業を受けた、日米両国籍を持つ女生徒(父親〜米国人・母親〜日本人)の母親が増田教諭の授業内容に疑問を提起したところ、増田教諭がその母親を非難、中傷するプリントを複数のクラスに配布しました。 
いたたまれなくなった生徒は傷つき、その二学期から社会科の授業を受けなくなり、自殺まで考え、登校拒否。その後、別の中学校に転校を余儀なくされてしまったというのがこの事件の概要です。

 どのような思想・心情を持とうがそれは個人の自由でありますが、卑しくも公立学校の教員が、自分の思想・心情を植えつけるためにその授業を行うという行為は反社会的行為であります。こういうのを「洗脳」といいます。
税金から給料をもらっておきながらその納税者に奉仕せず、あろうことか非難・中傷するなどとは持ってのほか。「天にツバする」のと同じことであります。
日頃、「人権」などと叫んでいる人間に限って、自分たちの考えに合わないものに対しては人権など認めようとしません。単なるロジックになっているのです。
どうして左巻きの人たちはそういうことに矛盾を感じないのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

聖火炎上〜長野顛末記(2)

  • 2008/05/11(日) 14:22:00

 とあるビジネス関係のブログを見ておりましたら、聖火リレーのこのような生々しい現場の様子が活写されておりました。読んでいて怒りが爆発すると共に、私まで悔し涙が出てきました。
ミクシイからの転載だそうですが、この真実をガンガン広めてほしいそうですので、義憤に燃えた皆様!どうぞよろしくおねがいします!


「聖火リレー 報道されない真実」

ミクシイで頂いたリンク転載します

動画が転載できないのが残念です

聖火リレー、行ってきました。
まず皆さんにお願い。
この日記を転載、リンクして頂いてかまいません。
動画3つまでしか載せれないため、
動画ありと書かれたものは僕のメインページの動画にあります。


4/26日を振り返ります。

早朝、善光寺へ向かった。
Mちん、Tさん、F君、Yちゃんと5人で。

町には何台もの大型バスが乗り入れ、中国人が降りてくる。
僕らがそれぞれ旗を作り、プラカードを作り、前日からカラオケボックスで寝ていたのに対し、
彼らは中国大使館から支給された巨大な旗と、チャーターバスで堂々登場した。

善光寺参拝が終わり、街中へ。
とりあえず聖火リレー出発地点へ向かった。
ここで日本とは思えない景色を目にした。

出発地点に、中国の旗を持った人は入場できるが、チベットの旗を持った人は入れない。
警察の言い分。
「危険だから」
じゃあ、何で中国人はいいんだ?
「......ご協力お願いします。」

は?
それやらせじゃん。
中国国旗しかない沿道って、警察が作ってるんじゃん…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

聖火炎上〜長野顛末記

  • 2008/05/10(土) 17:24:16

 長野での聖火リレーが終って、またぞろ当時の支那人の暴虐の様子や批判論評が噴出しております。
 能天気にも首脳会談を成功させたかった総理としては、是が非でも聖火リレーの成功を「演出」しようと警察に発破をかけたようであります。
しかし、その「聖火の成果」が1億円のレンタルパンダだけだとしたら、動物園の園長にでも転職されたほうがよろしいのでは?とでも言いたくなります。

以下、ネット上から様々拾い上げてみました。



 ボカシが入っても明らかに人相の悪そうなシナの方々。




 どう見ても留学生には見えません。
彼らはおそらくプロの活動家でしょう。






 巨大な紅旗の裏側では、実際にはこのような暴行が行われていたのであります。






 【長野聖火リレーで暴発したシナ人の横暴に鉄槌を下せ】
  >>主権回復を目指す会<<

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓<必見>↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://homepage2.nifty.com/shukenkaifuku/KoudouKatudou/2008/080426.html

 ◇MSN産経ニュースより◇ 
「長野聖火リレーの舞台裏」

東京都西東京市の自営業、中川章さん(57)の証言−中国国旗の旗で殴られ全治3週間】 
 私は知人の地方議員たちとともに日の丸とチベットの小旗を振りながら善光寺の境内から聖火リレーの沿道に向かっていたんです。

 市役所近くの交差点で中国人の集団にいきなり、巨大な中国国旗で通せんぼされましてね。若い中国人の男に旗ざおで左手の甲をたたかれ、小旗をもぎ取られ、後頭部に旗ざおでズコンですよ。旗ざおといっても長さ2メートル以上、直径3センチ以上もあるアルミ製。旗が付いていなければ間違いなく凶器準備集合罪ですよ!

 70歳すぎの知人も若い女に腹をけられ、「フリーチベット」のプラカードはビリビリに破られました。警察官が3人ほど駆けつけてくれましたが、彼らも旗ざおで殴られていました。「あの男を逮捕してくれ!」と叫んだのですが、警察官は私たちと中国人グループを引き離して「あっちに行かないでくれ」と叫ぶばかり。目の前に犯人がいるのに取り押さえようとしないんです。

 結局、私は後頭部に大きなコブが残り、おまけに頸椎(けいつい)ねんざで全治3週間。20人近くの仲間が暴行を受け、頭や背中にけがをしました。女性も老人もお構いなしです。一体ここはどこの国なんですか!
 



【警察の予想超える4000人 暴徒化恐れ刺激避ける】
                
 警察官3000人を動員する厳戒態勢の中で行われた長野市の聖火リレーは大きな混乱を避けることはできたが、組織化されていたとみられる中国人応援団が約4000人も集結したことは警察当局にとっても想定外だった。巨大な国旗は凶器へと変わりかねず「一歩間違えれば暴動が起きかねなかった」(政府高官)との声も上がる…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

社保庁ヤミ専従問題

  • 2008/05/01(木) 12:51:36

2008/5/1付 世界日報1・3面より
 架空の勤務実態明らかに/出勤簿コピーを入手
仕事せず翌月に4万円増/
       超過勤務時間もでっち上げ


 社会保険庁で、休職許可を得ないまま労働組合活動に専念する違法な「ヤミ専従」の存在が問題になっているが、勤務実態がないのにあるようにでっち上げられた架空の出勤簿のコピーを、このほど入手した。

ヤミ専従者が押印していた出勤簿のコピー(左)


社保庁の実態を全く反映していない勤務評定記録書(右)   

それぞれ氏名は黒塗りで消されている

 コピーは、職名が「厚生労働事務官」となっているが、氏名が分からないよう氏名欄と押印をすべて黒塗りで消してある。ただ、ヤミ専従の職員が押印した出勤簿であることが衆院決算行政監視委員会で確認されている。

 これは自民党の葉梨康弘衆院議員がこのほど同委員会に提示したもの。葉梨議員は本紙とのインタビューの中で、「仕事をしないで、だいたい月に一度事務所に顔を出し、一カ月分の出勤簿に押印していく」と指摘するとともに、「刑法の有印公文書偽造に抵触する可能性が大きい」と語った。

−葉梨康弘衆院議員に聞く−
(はなし・やすひろ)昭和34年生まれ。東大法学部卒。警察庁入庁。平成15年、衆議院初当選。北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会理事、自民党国会対策副委員長、公務員給与改革断行を求める若手議員の会事務局長などを務める。茨城3区。2期目。
                               (聞き手=政治部・早川一郎)

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan

   全文をお読みになりたい方はこちらからどうぞ>>>世界日報試読受付センター

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る