「指導力不足」教員へ適切な対処せよ

  • 2008/11/08(土) 13:41:18

 5日になりますが、妻方の祖母の葬儀があり参列してまいりました。なんと101歳の大往生でした。つまり1世紀もの時代の流れを見てきたことになります。

長寿国家と言われておりますが、さすがに100歳生きるというのは容易なことではありません。

市長・市議会議員をはじめ県会議員などが続々と焼香に訪れ、また地元国会議員の弔電が読み上げられたのには正直驚きました。こうして国からも表彰されたことをみるにつけ、やはり徳の高いおばあちゃんだったんだなあと思いました。


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/11/08付 世界日報3面 【社説】
教員指導力不足/
      実情を正確に把握し対処せよ
 
 教員の人事権を持つ都道府県・政令市の教育委員会に「指導力不足」と認定された教員が、2007年度は371人であることが文部科学省の調べで明らかになった。
 04年の566人をピークに3年連続減少しているが、実勢を反映した数字だろうか。教員評価に当たっては客観性を持たせ、どこまで教育力が低下しているかの実情を正確に把握し、対処することが必要だ。

ベテランが8割占める


 調査では、指導力不足は40、50歳代のベテランが約8割を占めた。子供たちとコミュニケーションをとろうとしない、学級管理ができない、授業が成立しない、生徒の指導や対応が満足にできないなど、数字は、この世代の一部教師の教育に対する熱意の衰えを表している。

 疑問なのは、公立学校教員約90万人の中に、指導力不足の教師はこれだけだろうかという点だ。文科省はその数の減少について、「認定された教師が研修を受けるなどして改善されたのが理由」としている。教師の不祥事が多いこと、簡単に辞職する若い教師が増えていること、保護者の感想などを総合すると、実数とは食い違うだろう…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

児童ポルノ容認の危険性

  • 2008/10/30(木) 15:41:52

 昨日のニュースですが、弊紙も記事特約を結んでいる米国のクオリティペーパー「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙がついに廃刊になるそうです。購読者減少のため来年4月に廃刊し、週刊紙に移行した上で、インターネット版での配信のみにするとのこと。

 ピーク時20万部以上あった部数も、現在は5万部にまで落ち込み、経費の約半分を経営母体の「第一科学者キリスト教会」の補助に頼る状態が続いているそうです。

 他人事とは思えない内容に、さすがに心臓がドキッとしました。
 ネットへの移行は、やはり時代の趨勢なんでしょうか?


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/30付 世界日報16面 【メディアウォッチ―テレビ】
児童ポルノ単純所持容認に
     警鐘鳴らすNHKBSドキュメンタリー


教訓深いカナダ番組


 わが国の児童ポルノ対策は、欧米に比べるとあまりにも甘い。一九九九年に成立した「児童買春・ポルノ処罰法」は、個人的に“趣味”で児童ポルノを集める「単純所持」を禁じていない。主要8ヵ国(G8)の中では、児童ポルノの所持を認めているのは、日本とロシアだけだ。

 わが国はかつて、児童ポルノの世界への発信国として、海外から激しい非難を受けたが、同法の成立によって発信こそ減った。しかし、所持はいまだに許されているのだから、需要は減らない。そんなわが国は今、不名誉にも海外から児童ポルノの「需要大国」と呼ばれているのである。先進国としては恥ずかしい限りだ。

 海外の優れたドキュメンタリー番組を紹介するNHKの「BS世界のドキュメンタリー」は、カナダで2007年に制作された「子どもが狙われる 〜ネット犯罪 欧米からの報告〜」(23日午前0時10分から1時まで)を放送した。今回、この番組を紹介するのは、児童ポルノに甘い日本に対する優れた警鐘となっていたからだ。

 日本に多い所持容認派の間には、児童ポルノを見ることは欲求のはけ口になるから、性的虐待の犠牲になる子供を減らす効果がある、と言う人間がいる。しかし、この番組は児童ポルノの所持を認めることは逆に小児性愛者(ペドファイル)によって性的に虐待される子供を増やすことにつながることを明確に示していた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

「結果は教育委員会の成績表」〜大阪府

  • 2008/10/27(月) 11:36:50

 昨日は、地域諸団体が集まって開催される「わくわく冒険まつり」という催しに参加いたしました。
私はというと、PTAの恒例の出し物で、焼きそば屋台のオヤジをやってました。(写真参照。ちなみに写ってるのは他のお父さんです)

 毎年恒例の行事とはいえ、ここまで至るには関係者の大きな努力があったことを聞いております。

何事も熱意とたゆまぬ努力がこのようなすばらしい物事を生み出していくことを改めて感じさせられました。


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/27付 世界日報11面 【教育】欄より
客観的データ基に学力向上を

 大阪府がテスト結果開示

「結果は教委の成績表」


 大阪府の橋下徹知事が学力テスト結果の市町村別公表を強く迫ったのを受けて、府内43市町村のうち35市町村が分野別平均正答率を開示した。これに対して、塩谷立文部科学相は「好ましいことではない」と不快感を示した。しかし学力テストは、ゆとり教育路線による学力低下への懸念を背景に昨年から復活したもの。そうである以上、「確かな学力」を児童生徒に与えるためには、客観的データを議論の中軸に置いて、保護者と学校、教育委員会が連携することこそベストではないのだろうか。(鴨野 守)

 2年目となる学力テスト。公立校の都道府県別正答率を見ると、前回トップの秋田、福井は今回も不動。一方、下位には沖縄、北海道、大阪と、これまた昨年と同じ顔触れで、上位・下位県がほぼ固定化している。

 家庭と学習の関係では、▽家庭学習が一定時間以上の児童の方が、全体的に平均正解率が高い▽家で学校のことを話している児童の方が、家庭学習時間は長い傾向にある▽家族と一緒に朝食を食べている児童の方が平均正答率が高い傾向にある――という結論も変わらない。

 しかし、家庭学習は子供の努力もさることながら、親の努力が決定的な要素を持つ。つまり、安定した家庭の子供ほど確かな学力を身に付けるということであり、経済的な格差をことさら問題視するのは的外れだ。

 子供の学力は、?子供本人の努力×?親の努力×?教師・教育委員会の努力の総体と言えよう。子供の学習意欲や、親のわが子の学力への関心は、それぞれの自覚によるところが大きい。それでも、学校や教育委員会が積極的に、子供や保護者に働き掛ければ十分、感化できる。

 「学力テストの結果は、教育委員会の成績表ですよ」…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

脳内の“快感”回路 鳥は恋歌で活性化

  • 2008/10/13(月) 09:48:45

 今日のこの話題は面白いですね。歌手がいつまでも若々しいのは、今までは人より多く呼吸をしているからだと思っておりましたが、実際にはこういうメカニズムが働いて脳が活性化しているからなのかもしれません。

 カラオケって脳の健康のためにもいいんですね。


 それでは、本日の記事紹介です。

2008/10/13 付 世界日報9面 【科学】欄より 
脳内の“快感”回路 鳥は恋歌で活性化

 理研がキンカチョウで実証

 「ゲームにのめり込む、パチンコから抜け出せない、ついついネオンに引き込まれてしまう」といった悪習慣から抜け出せない人に朗報となるかもしれない研究成果が発表された。理化学研究所は鳥を使った実験で、雄が雌に恋歌を歌う習慣が「報酬刺激」に対する見返りであることを突き止めた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

学力45位の大阪は不良も多い

  • 2008/09/22(月) 11:14:20

 新聞屋の習性なのか単なるやじ馬根性なのか、事件・事故現場を見ると無性に写真を撮りたくなってきます。実は配達コース上に、先日学園祭で爆発事故があった豊南高校がありまして、早速携帯に収めました。

 ガスコンロの基本的な使い方を知らなかったことが原因のようですが、死者がでなかったのは不幸中の幸いでした。

コンロかボンベには必ず書いてある「警告」をろくに読まないことも問題ですが、「危険」というものに対して鈍感になってるその感性のほうが問題です。

 もっともお上からして危機管理は鈍感なわが国。むべなる出来事か…。


 それでは、本日の記事紹介です。

2008/9/22付 世界日報11面 【教育欄】〜データを読むより

不良行為の補導少年155万人
 学力45位の大阪府は36万人


 この10年、少年による刑法犯や触法犯、虞犯(ぐはん)などの検挙・補導人数は横ばい、または減少傾向にある。一方、深夜徘徊や喫煙など、不良行為で補導された少年はうなぎ上り。警察庁発表の「平成19年中における少年の補導及び保護の概況」によると、不良行為は10年前の1.7倍に当たる約155万人に上った。補導人員数、人口比(14〜19歳の人口千人当たりの補導人員)ともに過去最高で、男子に比べて女子の増加が際立つ…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む