環境カルト〜グリーンピース

  • 2008/06/20(金) 15:14:20

 環境保護団体の「グリーンピース・ジャパン(GP)」メンバーが、日本の調査捕鯨船「日新丸」の乗組員の荷物を盗んだとされる事件で、青森県警は20日、窃盗容疑などで、GPジャパン幹部の佐藤潤一容疑者(31)ら2人を逮捕した。反捕鯨活動の一環で横領を告発した行為は、逆に国際的な団体をめぐる刑事事件に発展した。(6月20日8時37分配信 産経新聞)

 本日のニュースですが、盗みを働いたのですから当然の結果ですね。

 この事件は、グリーンピース・ジャパンのメンバーが調査捕鯨船の乗組員が、捕獲した鯨の肉を横領・横流ししてると決め付け、それを裏付ける証拠として青森県内の宅配便配送所から鯨肉の入ったダンボールを勝手に持ち去り、業務上横領で告発していたものです。

 これに対しグリーンピース側は、「乗組員の業務上横領を示す物的な証拠を確保するため、仕方がなく必要なことでした。ですから、私たちは、盗みだとは思っていませんし、違法性はないと考えています」と主張してるわけですから完全な確信犯なわけです。

 ここまでくるともはやカルト犯罪集団です。これは「自分たちの正しさを証明する為なら、たとえ犯罪でもおかして構わない」と言ってるのと同じことですから。

「人権」・「環境」・「平和」という言葉がおどるときは、「ちょっと怪しいゾ?」と思ったほうがよさそうです。

 まあもっともグリーンピース・ジャパンの理事長が人権弁護士の海渡 雄一氏となれば致し方のないことと言えそうですが…。(ちなみに妻は、お〜っと夫婦別姓を実行中の彼女をそう呼んではいけない。パートナーは、社民党党首の福島瑞穂です。これもまたむべなるかな)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する