占領教育から選良教育へ

  • 2009/10/08(木) 14:59:31

 雨と台風の狭間の好天日だった4日(日)、小学校の運動会が行なわれました。9月の連休あたりまでは好天続きだったのですが、その後曇天の毎日…。雲行きが怪しくなってきた前日の3日(土)が本開催の日だったのですが、確実に雨雲が来ると言う予報に、結局その日の朝断念。翌日開催となりました。色々な声も上がりましたが、結果として成功だったように思います。

 運動会でさえ決行か否かで気が気でないわけですから、あの嵐の中、ノルマンディー上陸作戦の決行か中止かの判断をしなければならなかったアイゼンハワー将軍の心中はいかばかりだったろうかなどと、めずらしく歴史に思いを馳せるのでした。


 それでは本日の記事紹介です。昨日のビューポイントが良かったので、改めてアップしたいと思います。
2009/10/7付 世界日報12面 【ビューポイント】
政治主導を実現させる条件

 官僚を心服させる力を

 東洋学園大学准教授 櫻田 淳


 映画『小説吉田学校』(監督/森谷司郎、出演/森繁久彌・芦田伸介・小沢栄太郎・若山富三郎、制作/1983年)には、印象深いシーンがある。

 講和の実現に向けて本格的に走り出した吉田茂が、外務次官に条約案の作成を命ずる。だが、外務次官は、吉田が満足する案を出せず、吉田から何度も突き返される。そうした遣り取りの中で、次官は、親の死に目にも会えない激務を続ける。最後に案が出来上がり吉田から「ご苦労だった」と言葉を掛けられた次官は、脱力したように落涙するのである。

 吉田と外務次官の関係は、単に政治家と官僚の関係ではない。戦前には外務次官を務めた吉田にとっては、その次官は広い意味での昔日の部下であったであろうし、何よりも東京大学法学部の後輩であった。往時の日本における政官関係は、こうした出身地、出身大学、家族の「閥」の中で機能したのである…

選良集団が統治を担う英仏

 こうした事情は、他の国々でも見られることである。たとえば、英国では、戦後の歴代首相は、ウィンストン・チャーチル、ジェームズ・キャラハン、ジョン・メージャー、そして現任のゴードン・ブラウンを除けば、保守党たると労働党たるとを問わず総てオックスフォード大学出身である。

 もっとも、チャーチルは士官学校卒業であり、キャラハンはオックスフォード入学資格を得ていたにもかかわらず資金面で断念したという逸話の持ち主であるし、ブラウンはエディンバラ大学から博士号を得ている。こうした事例の例外は、メージャーであるけれども、その執政は短命に終わった。

 また、フランスでは、戦後に国立行政学院(ENA)という選良養成の枠組が創設された。シャルル・ド・ゴールは、政治家も高級官僚も「昔は同じ釜の飯を食った仲」になるという擬似的な「階級」の枠組を意識的に作ったのである。

 結果として、ヴァレリー・ジスカール‐デスタン、ジャック・シラクといった歴代大統領、さらにはエドゥアール・バラデュール、ミシェル・ロカール、ローラン・ファビウス、ドミニク・ドヴィルパン、フランソワ・フィヨンといった歴代首相に代表されるように、戦後のフランス政界・官界は、国立行政学院卒業生の権勢が突出し、「エナルシー」(ENAによる支配)という造語さえ登場したのである。

 英国にせよフランスにせよ、こうした事情から浮かび上がるのは、一国の「統治」が然るべき「社会集団・階級」が担うものであると徹底して理解されているかのような風景である。

 然るに、鳩山由紀夫内閣は、「政治家主導」と「官僚依存からの脱却」を掲げ、その具体的な施策として、「国家戦略局」構想や「行政刷新会議」構想を打ち出している。けれども、筆者は、その構想それ自体の行方には何の関心もない。行政組織制度を幾ら弄くったところで、官僚が熱心に仕事をする気にならなければ、行政は十全に機能しない。

 そもそも、「政治家主導」を実現させたければ、政治家には、官僚を心服させるだけの様々な「力」や「信頼感」の裏付けが要るのである。往時の日本や現代の英仏両国において、政治家や官僚が同じ「社会集団・階級」に属したことの意味は、それが政治家と官僚の相互の「信頼感」の揺籃であったからである。

 マス・デモクラシーの世では、政治家は、一般民衆の支持に立脚せざるを得ないけれども、官僚とともに「統治」を手掛ける試みにおいては、官僚を凌駕する見識や知識を持たなければならないし、少なくとも官僚から軽蔑される振る舞いを避けなければならない。それこそが、政治家における「力」の意味なのである。

 それならば、現代の日本においては、政治家が、こうした「力」や「信頼感」を得ていくためには、どのようにすればよいのか。これこそが、本来は「政治家主導」や「官僚依存からの脱却」の文脈で議論されるべきことである。

 小沢一郎民主党幹事長は、此度の選挙で初当選を果たした新人議員に「選挙区固め」を徹底するように命じているそうである。しかし、小沢幹事長の通達は、「議席を守ること」以上の目的には何ら寄与しない。民主党新人議員は、どのようにして官僚を心服させるに足る「力」を培うのか。こうした陶冶の試みには、相当な時間と精力が要るのである。

 政治は、「人間の営み」である。そして、多くの場合、人間は、「権限を振り回して尊敬に値しない輩」の下で働くことに、途方もない苦痛を感じるものである。民主党主導内閣発足によって政治家と官僚の新しい関係が浮かび上がるかに喧伝される今であればこそ、そうした政治の意味が確認されなければならない。

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する