「郵政私物化」疑惑

  • 2009/06/16(火) 12:07:21

 今年も小学校で、プール開き前のヤゴ救出作戦がありまして、今回はアキアカネではなく大型のギンヤンマのヤゴが我が家にやってまいりました。

たしかにデカイ!

成虫になって飛ぶ姿が今から楽しみです。しっかり育てなくっちゃ!


 それでは、本日の記事紹介です。
2009/6/16付 世界日報7面 国内経済【視点】より
鳩山更迭「郵政私物化」疑惑

  与野党バトル 第二幕へ


 日本郵政の西川善文社長の続投をめぐる問題で麻生太郎首相がさる12日、政府・与党内の「小泉・竹中流構造改革路線」支持派の圧力に屈した。「かんぽの宿」の不当廉売未遂疑惑などを総合的に勘案し、同社長の続投を認めないとの意向を強調していた鳩山邦夫総務相(当時)を事実上、罷免したのである。これを受け、国民の貴重で重要な資産であり、かつ完全国有株式会社である日本郵政を“私物化”しようとする疑惑をめぐるバトルが、第2幕に入った。

 鳩山前総務相の罷免に対して、野党の反発・批判は厳しい。代表交代戦略が功を奏して勢いに乗る民主党の鳩山由紀夫代表は、いわゆる「郵政民営化路線」の是非を厳しく追及していくことを明らかにした。

同党の小沢一郎筆頭代表代行も「『郵政民営化』はまやかしだった」と追及。批判の急先鋒である国民新党の長谷川憲正副幹事長(参院議員)も、「家老が『うちの御用商人が悪いことをして腹を肥やしている』と殿様に言ったら、殿様が家老にお前が腹を切れ」と言ったようなものだと酷評している。

 TBS系のJNNによる世論調査では約7割が西川社長は続投するべきでないとし、対応を誤ったと見られる麻生内閣の不支持率は74・5%に達した。千葉市長選挙の結果も一部、この問題を反映していると見られる。ただし、現職の厚労省女性局長の逮捕にまで発展した郵便料金不正事件の最終的なターゲットは、民主党の大物議員との見方も出ている。

 麻生首相が実質的に解散権を行使できるのは7月12日の都議選前の解散、8月2日の投開票しかないが、求心力が弱まり不支持率も一段と高くなっている麻生首相にその度胸があるか。“麻生おろし”も活発化して、迫ってきた次期衆院選時の自民党総裁は麻生氏でなくなっている可能性もある。

いずれにしても、2005年夏の総選挙の“争点”だった「郵政民営化」とは何だったのかをめぐり、自民、公明の与党と民主、国民新、社民の3野党の壮絶なバトルが繰り広げられるだろう。鳩山前総務相の去就も注目される。

 ここで指摘しておきたいのは、もっとも分かりやすい福利厚生施設「かんぽの宿」不当廉売未遂疑惑である。2400億円の資金が投下され、直近の固定資産税評価基準額が856億円だった「かんぽの宿」が109億円という破格の値段で売却されようとした。これには、極めて巧妙なカラクリがある。

 第1に、「かんぽの宿」は死差益を増やして「簡易生命」事業を支えるための加入者福祉施設であり、営利事業の資産ではない。本来は固定資産税評価基準額を参考に、資産価値を設定するべきだった。

しかし、今回は「かんぽの宿」施設を意図的に「ホテル事業」などの営利事業の資産として、しかも、毎年40億−50億円(竹中平蔵元総務相の発言)の赤字を生み出す事業として評価されたため、極めて安い売却価格に設定された。

 第2に、実はその赤字なるものも、根拠のない数字だったことが明らかになっているのである。国民新党の長谷川副幹事長の指摘によると、メリルリンチ日本証券が作成し、入札参加者に提供した資料では平成21年度は27億円の赤字だが、22年度以降10億円、13億円、16億円、17億円といずれも黒字化する見通しになっていた。

そこで、2008年3月期の日本郵政株式会社損益計算を見ると、宿泊事業はわずか4億2000万円の赤字にとどまっていることに気づく。まともに経営努力をすれば、十二分に黒字化が可能なはずである。竹中発言の根拠が疑われるところだ。従って、営利事業の資産として評価しても109億円という馬鹿げた数字にはならない公算が大きかった。

 結局、「かんぽの宿」問題はやはり密室で行われた不正取引だったという疑惑が消えない。なお、「郵政民営化」で最終的に狙われているのは、日本郵政が都市部の一等地に持つ簿価3兆円規模の不動産とゆうちょ銀行、かんぽ生命の持つ総額300兆円規模の「郵政資金」の可能性がある。「郵政民営化」なるものの実態が実は「郵政私物化」でしかなかったという指摘も広まっているが今後、さらに徹底的に究明すべきだろう。 (ポン太)

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

民主党が理想的な政権政党になれるチャンス

「郵便不正事件は民主党・石井一代議士ににおよぶか、」について  小沢一郎の土建屋献金疑惑がやっと遠のいたと思ったら、石井一の福祉郵便事件だ。新聞に石井一の名前がおどるようなところにまで進展したら総選挙どころではない、民主党政権なんて水のアワとなって消え果る。  もともと民主党にはふたつのウィークポイントがあって、小沢や石井の存在が田中角栄直伝の金権汚職体質が右足のアキレス腱だとしたら、菅直人、江田五月、伊藤忠治、田並胤明、山下八洲夫、千葉景子などチョーセン大好き議員団は左足のアキレス腱だ...

この記事に対するコメント

アホウ総理支持率急落おめでとー!www

これもてめえの世論の見極めが甘かった自己責任なんだよなっ! GJ!(爆)

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する