ぶれるな!エネルギー戦略

  • 2011/06/19(日) 21:22:18

 ちょっと待て「脱原発」ということで、3本の記事をアップします。

とかく感情論に流されがちな原発ならびに原子力利用の問題ですが、すでに巨大な電気の恩恵に預かっている社会となっている以上、その安定供給を考えたら「今は」原発に頼るしかないというのが現実的なスタンスではないでしょうか?

それをどこかの政治家やどこかのメディアがいたずらに危機感を煽り、怒りと憎しみの感情を煽るのはどう考えてもトップに立つ物あるいは社会の公器のすることとは思えません。

と同時になんらかの意図的があるとしか思えません。

ぜひ、この記事をお読み頂き、冷静に判断をしていただきたいなと思います。



2011/6/15付け 世界日報12面 【メディアウォッチ】

独伊「脱原発」の課題や事情を書く
     毎、日、読に比べ盲目的な朝日社説


冷静な議論欠く朝日


 ドイツとイタリアが「脱原発」に回帰した。これを朝日は嬉々として報じている、「脱原発に踏み出したドイツ、スイスに続き、事故を受けて原発を拒否する世論が欧州に広がっていることが浮き彫りとなった」と(14日付)。脱原発路線をひた走る朝日としては吉報だった…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む