世界に誇る“和”の力

  • 2010/11/12(金) 15:59:24

 尖閣問題が喧しいですね。戦後60年、敗戦のトラウマからおよそ「国防」という“言霊”を、平和憲法という名のもとに封じ込めてきたツケが一気に噴出した今回の事件ではないでしょうか。

 まあもっとも今回の出来事で、国民もようやく中国という国が「異形・奇形」の国であることに気づきだしましたし、国家・国防・領土問題への関心を抱き始め、あるいは平和というものが軍事・軍備・真の外交なしには保障されないということを実感しだしたのではないかと思います。

 では、日本は、日本人はどうしたらいいのか?そんな答えの一つが今回の講演のなかにあるかと思います。


 
2010/11/8  世界日報9面

世日クラブ講演会(要旨)

世界に誇る調和と融合の力
        韓国人と日本人/拓殖大学教授 呉善花氏


 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤譲良・近藤プランニングス代表取締役)の第134回定期講演会が10月20日都内で開かれ、評論家で拓殖大学教授の呉善花(オソンファ)氏が「韓国人と日本人」と題し講演を行った。呉氏は日韓両国民の特性の違いを指摘した上で「和を尊び融和する力を持つ日本人は、今こそその力を世界平和のために役立てていくべきだ」と強調した。以下は講演要旨。 
 (文責・編集部)


「間」を置く独特の美意識


 世界の言語の中で日本語と韓国語は敬語が最も多いといわれます。しかし、使い方は全く逆です。朝鮮半島は徹底した儒教社会なので、自分の身内を立てる言い方をしないといけません。儒教は他人より私の家族の方が上。例えば電話がかかってきた時は「今、うちのお父様におかれましてはいらっしゃいません」という言い方です。日本語のように「今、父はおりません」という言い方はとんでもないことなのです…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む