尖閣諸島は我が国固有の領土

  • 2010/09/23(木) 21:57:28

 きのう、おとといとは打って変わって、今日は大雨の上に随分と涼しい天気となりました。そういえばいつのまにか蝉の鳴き声がぱったりと止みましたし、配達コースでは、キンモクセイの甘い香りも漂いだしております。ようやく秋を迎えつつあるようなそんな感じです。

 さて、季節は秋ですが、南の海はまだ熱い季節が続いております。一昔前なら絶対戦争になってたであろうそんな事案が、今回の尖閣諸島の問題です。盗人猛々しいというのか、ヤクザの雄たけびというのか彼の国の領土的野心が見え見えで、国際社会の一員としてのルールや秩序を無視した、いわば二流の発展途上国、現代のナチスといったところです。

 どう落とし前をつけるのか、今後の日中両政府から目が離せません。


 それでは、本日の記事紹介です。昨日のビューポイントです。  
2010/9/22付 世界日報12面 【ビューポイント】

中国漁船拿捕事件に思う

   −尖閣諸島は固有の領土−

 元統幕議長 杉山 蕃


 尖閣諸島周辺の我が国領海で生起した、不正操業の中国漁船拿捕事件に関連し、中国とのせめぎ合いが続いている。2カ月前、筆者は本欄で、「何が起きてもおかしくない状態」と述べたが、本格化してきた尖閣問題について所信を披露したい。

 まず確認したいことは、尖閣諸島は、正当な手続きを踏んだ日本の固有の領土であり、疑う余地は無いということである…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む