沖縄問題に望む本質的議論

  • 2010/08/17(火) 21:53:41

 第92回夏の全国高校野球も11日目を迎え、沖縄の興南高校が仙台育英を下して、準々決勝にコマを進め、これでベスト8が出揃いました。
ベスト8進出高〜聖光学院(福島)・関東一(東東京)・成田(千葉)・東海大相模(神奈川)・新潟明訓(新潟)・報徳学園(兵庫)・九州学院(熊本)・興南(沖縄)

 個人的な予想としては、優勝は関東一高かなと思っておりますが、しかし、読者ということで言えば、やはり興南高校が優勝と言わざるを得ないでしょう(笑)。でもまんざらでもなさそうなので、この際、春夏連覇を達成して欲しいですね。


 それでは、本日の記事紹介です。昨日の記事になりますが、示唆に富む内容だったのでご紹介します。
2010/8/16 16面 【ビューポイント】
沖縄問題に望む本質的議論

  タブー化は思考停止に


                    沖縄大学教授 宮城 能彦

論点の蓋を開けた鳩山発言


 今年6月民主党の鳩山由紀夫首相が普天間基地移設問題を混乱させた責任をとって辞任した。普天間基地の移設先を「少なくとも県外」と発言したことは、保守側からは安易だと非難され、左翼や沖縄側からは結局実現できなかったことを責められたのである。

 鳩山前首相の発言はあまりにも軽率であったと私も思う。しかし、ここでは敢えて彼の発言や行動の評価できる部分について考えてみたい。

 そういった試みを快く思わない人々もいるかもしれない。しかし、沖縄問題について私が発言する目的は「議論できる沖縄にしたい」ということに尽きる。様々な立場や考えの人が、自分の意見を表明し議論していくことで沖縄問題への認識を高めていけたらいい…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む