日教組の教育支配を正す〜世日クラブ講演会

  • 2010/07/06(火) 18:01:49

 故人の葬儀に対して、とやかく言うつもりはありませんが、しかし日本から喪服まで用意して行って泣き叫ぶあのおばさんたちを見たときに、なにか言い知れぬ違和感を感じてしまいます。

 この感覚は一体なんだろうと思ったときに、やはり「日本人」としての有り様(〜たしなみ、節度〜)みたいなものがなにか崩れてるんじゃないか? そういう部分の感覚が、受け入れがたい情景としてあの葬儀には集約されているように思います。
それにしても韓国人にとっても驚きの光景であったことは間違いないようです。

新大久保にある韓国食堂に設けられた故パク・ヨンハの焼香所にて悲しみに暮れる日本ファン=1日、ソウル(聯合ニュース)


 ということで、本日の記事紹介です。まあ戦後教育の影響なんでしょうかねえ…?
2010/7/5付 世界日報9面 インタビュー 

民主党政権と教育改革
  日教組の教育支配を正す

   〜戦後教育政策担った日教組

元国立市教育長・石井昌浩氏
世日クラブ講演会要旨

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の第132回定期講演会が6月22日、都内で開かれ、元国立市教育長の石井昌浩氏が「民主党政権と教育改革――日教組の教育支配を正す」をテーマに講演した。石井氏は、日本の無力化を目指したGHQ(連合国軍総司令部)の戦後教育政策を担うために日教組が生まれ、民主党政権が日教組の教育方針を丸のみにしていると危機感を示すとともに、日本人が自立し、教育再生を果たす時が来たと訴えた。以下は講演要旨。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む