「ふ。やまと新聞か、そんなもん新聞じゃねえよ」

  • 2010/06/29(火) 16:42:32

 いよいよ参議院選が始まりまして、あちこちでウグイス嬢の声が宣伝カーから聞こえてまいりますが、なかには聞き捨てならないことをおっしゃる御仁もいるようで、今大きな話題になってます。


 
やまと新聞社
 10-06-26 16:39 配信

・・・民主党有田芳生候補は自ら堂々とキャッチコピーの入ったのぼりを持ち、スタッフにも「とことん現場主義」というコピーをプリントしたポロシャツを着させての選挙運動。これはおかしいのではと弊社記者が有田候補の演説終了を待って

「有田先生。スタッフのシャツやのぼりについてですが、公職選挙法に触れませんか?」と声をかけると

「なんだよおい。ちょっとこい」と歩道の端に呼ばれ

「公職選挙法146条に触れるのでは」と聞くと

「なんだ、おまえだれだ?」


「やまと新聞社と申します」

「ふ。やまと新聞か、そんなもん新聞じゃねえよ」
と罵られた。

日本の参議院議員候補者である有田氏のこの言動。

「どういうことですか、ならばカメラの前ではっきりと新聞じゃねえよと言って下さい」

とカメラで撮影しようとすると、有田氏本人が記者の手を払いのけ。

「なにが」


「合法の判断ならそれは党の判断ですか・・・・」という質問を遮り

「だからあなたに言われんじゃなくて、選挙管理委員会とやってんだから」
と残して場を去られました。

この様子を見ていた複数の聴衆から「こわいですね」「なんなんですか」と声をかけられる騒ぎとなった。

記者も「ちょっとこい」と呼びつけられた上、このようなことを言われたことはなかったのでショックを受け、手を払われたときにはとても怖かった。・・・ 




(全文はやまと新聞社のHPをご覧ください)

このあと、やまと新聞社では、有田候補に対して厳重抗議を行なっております。
デスラー総統か?
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む