今こそ憲法改正目指す勢力の結集を!

  • 2010/05/18(火) 13:23:40

 さる4月26日(月)に開催されました創刊35周年記念の世日クラブ講演会(講師:中西輝政教授)の要旨です。日本の政治がいかに危機的状況にあるかということ、そして今こそ真の保守の団結がいかに願われているかということを明快に語っておられます。

2010/5/17付 世界日報9面 【創刊35周年記念 世日クラブ特集】
日本の政治をどう見通すか

            講演:中西輝政 京都大学大学院教授

 憲法改正目指す勢力の結集を

鳩山政権の普天間対応の混乱/根底に日米中 等距離論


 沖縄普天間基地移設問題を契機に、わが国の政治はかつてない混乱に陥っている。中西輝政京都大学大学院教授は、都内で開かれた世界日報創刊35周年記念の世日クラブ講演会(4月26日)で、今後の日本の政治をどう見通すかについて講演した。

 今日は、世界日報の創刊35周年という記念すべき機会にお招きに預かりまして有難うございます。

 今の鳩山政権の政治運営は、とうとう究極の破綻状況に至っています。幾つかの世論調査で、民主党支持率は2割を切っています。いったん落ちると、土俵際で踏ん張るということができない体質の政党なので、これは大変重要な指標になります。

 普天間移設問題ですが、5月末という鳩山首相の設定した期限に何の意味があるのかと考えてきましたが、やはり「衆参同日選挙」を民主党の小沢幹事長は仕掛けるのだろうと思います。5月末だと7月参議院選挙にはうまく合うタイミングです。背景に小沢さんの衆参同時選挙というシナリオが、鳩山さんが5月末決着と言い出した1月ごろにあったのではないでしょうか…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む