ルーピー鳩

  • 2010/04/21(水) 10:54:03


やっぱ盗作じゃん。最初っからそう言えよなってとこです。

水面下で楽曲使用の許諾交渉してたってんですから

やっぱ相当あせってたんでしょうね。

本当にどうしようもねーなあって感じです。

他人のものを勝手に使う、あるいは目的達成のためや

メンツのためならウソを言うのはいっこうに構わない。

あの国には“恥”とか“倫理・道徳”ってものがないんですかね?

先日、毒ギョーザの国内での毒混入を

2年も経ってようやく認めたと思ったら

今度はこんなことをやってるんですからね。

しまいにゃあ日本人がこんないい曲作るのが悪いんだとか

ネットが悪いんだとか言いかねないですよあの国は。

岡本さんの所属事務所が許可しなかったらおもしろかったのに、

いや政府がこういうのを外交取引の材料に使ったらいいのになと

思うんですが、今の中華油べったりの民主党政権じゃあ期待できないか…。

嗚呼上海万パク

でも李冰冰はいいねえ。



 それでは、本日の記事紹介です。やっぱり色んな国からバカにされてるんでしょうねえ…。
2010/4/21付 世界日報12面 【ビューポイント】

核安保サミットでの日本評

 「馬鹿にされ成果ゼロ」



アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき


 核安全保障サミットの意義や成果に関してはさまざまな評価がある。しかし、アメリカ政府をはじめ、いわば日本の専門家たちの間での日本に対する評価は深い失望ということで一致してしまっている。

 サミットの前日または当日オバマ大統領と面談や写真撮影がかなったり、温かい声をかけられたのは、カザフスタン、中国、インド、パキスタン、南アフリカ、韓国、マレーシア、ヨルダン、ウクライナ、アルメニアなどの首脳であった。それに比べ「日本は陰で馬鹿にされ、公には成果はゼロだった」。これがワシントン内のコンセンサスであり、非常に心配、とあるアジア専門家は嘆いている…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む