ルーピー鳩

  • 2010/04/21(水) 10:54:03


やっぱ盗作じゃん。最初っからそう言えよなってとこです。

水面下で楽曲使用の許諾交渉してたってんですから

やっぱ相当あせってたんでしょうね。

本当にどうしようもねーなあって感じです。

他人のものを勝手に使う、あるいは目的達成のためや

メンツのためならウソを言うのはいっこうに構わない。

あの国には“恥”とか“倫理・道徳”ってものがないんですかね?

先日、毒ギョーザの国内での毒混入を

2年も経ってようやく認めたと思ったら

今度はこんなことをやってるんですからね。

しまいにゃあ日本人がこんないい曲作るのが悪いんだとか

ネットが悪いんだとか言いかねないですよあの国は。

岡本さんの所属事務所が許可しなかったらおもしろかったのに、

いや政府がこういうのを外交取引の材料に使ったらいいのになと

思うんですが、今の中華油べったりの民主党政権じゃあ期待できないか…。

嗚呼上海万パク

でも李冰冰はいいねえ。



 それでは、本日の記事紹介です。やっぱり色んな国からバカにされてるんでしょうねえ…。
2010/4/21付 世界日報12面 【ビューポイント】

核安保サミットでの日本評

 「馬鹿にされ成果ゼロ」



アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき


 核安全保障サミットの意義や成果に関してはさまざまな評価がある。しかし、アメリカ政府をはじめ、いわば日本の専門家たちの間での日本に対する評価は深い失望ということで一致してしまっている。

 サミットの前日または当日オバマ大統領と面談や写真撮影がかなったり、温かい声をかけられたのは、カザフスタン、中国、インド、パキスタン、南アフリカ、韓国、マレーシア、ヨルダン、ウクライナ、アルメニアなどの首脳であった。それに比べ「日本は陰で馬鹿にされ、公には成果はゼロだった」。これがワシントン内のコンセンサスであり、非常に心配、とあるアジア専門家は嘆いている…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

日教組よ猛省せよ!

  • 2010/04/01(木) 22:08:17

 盗撮に痴漢、大麻に覚せい剤はては保護者との校長室での不倫と、一部の人間の犯罪とはいえ「教師」という職業の淪落ぶりを激しく感じる昨今です。本当に嘆かわしいですね。

やはり教師という職業は、単なる労働者でもなければサラリーマンでもなく、そこにはもっと血の通った、他の職業にはない人間と人間との心のキャッチボールや感動のリレーといったものがあるように思います。

当然子どもたちを「教え育む」わけですから倫理観や道徳観においては一定のレベルが求められると思いますし、人間性も求められるはずです。

 やはりそういった部分をないがしろにして、自分たちで自分たちを単なる労働者に貶め、政治的主張や階級闘争を是とし、目的を手段としてきた日教組という組織にこそ、この深刻な問題の根源的な原因があるように思いますがいかがでしょうか?


 それでは、本日の記事紹介です。
2010/4/1付 世界日報16面 【ビューポイント】

日教組は今こそ反省すべし

 無益な道徳教育の否定
 

                  教育研究者 杉原 誠四郎


 日教組が問題になっている。今発売中の雑誌『WiLL』5月号で日教組の特集をしている。

 日教組は、戦後60年、「反戦平和」を“錦の御旗”にして、国のあらゆる教育政策に反対してきた。「反戦平和」それ自体は教育にかかわる一理ある理念である。教育が戦争を忌避するのは一面では当然のことであるし、平和を望むことも教育として当然のことであろう。

しかし、それを“錦の御旗”にして、政府のすべての教育政策に反対するのは明らかに間違いであろう。いかなる政府も国民の負託に応えて、あるべき教育を打ちたてるべく努力している部分があるであろう。

 日教組の何でも反対する運動の行き過ぎた最先端部分は、子供への道徳教育を否定したことだ…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む