日教組の裏金疑惑

  • 2010/03/23(火) 13:17:22

 民主党の3Kと言えば、景気・基地・献金問題ですが、鳩山総理・小沢幹事長のみならず、日教組がらみの議員のカネの問題までもがわんさか出てまいりました。まあもっとも旧田中派のお弟子さんがトップに立って、しかも金王朝ばりの独裁体制を敷いているんじゃあむべなるかなですね。

自民党もぶっ壊れましたが、こんな旧態依然たる体質では、じきに民主党もぶっ壊れるでしょう。でもその前に日本をぶっ壊すつもりじゃあないでしょうね?


 それでは、本日の記事紹介です。
2010/3/23付 世界日報1面

元神奈川県教組委員長
 小林正元参院議員に聞く

    裏金の現金処理は慣例
    神奈川教組には30億円の不明金


 民主党の小林千代美衆院議員陣営が北海道教職員組合(北教組)から選挙資金を受領した事件で北教組の幹部らが起訴されたが、日本教職員組合(日教組)傘下の他の組合にもさまざまな資金疑惑があるとの見方が広がっている。そこで、小林正・元参院議員(元神奈川県教組委員長)に北教組や神奈川県教組が抱えている不透明な資金疑惑などについて聞いた。(聞き手=山本 彰、早川一郎)

 ――北教組による選挙資金の原資が、蓄積された主任手当である可能性はあるのか。

 北教組には、資金の流れが二つある。一つは平和闘争資金という名で組合員から徴収しているものだ。もう一つは主任手当の拠出運動である。北教組はこの主任手当の拠出運動を続けてきて、その総額が55億円ともいわれている。

 北教組は当初、主任手当をそのままそっくり北海道教育委員会(道教委)に現金で返すという返還闘争をやった。日教組は、主任制度化を阻止することができず、各県で制度化が進む事態を受けて、制度の形骸化を図るため、主任手当拠出運動に方針を転換した。各県段階では拠出された手当を教育条件整備として学校に教材、備品などを寄付する取り組みを行った。

ところが、北教組は、主任手当をもらってそれを教育条件整備に回すということは、手当を正当化させてしまうので、そっくり返すという原則的な闘争をやってきた。道教委はそれを受け取る理由がないといって銀行経由で返したりしてきたので、北教組は返還闘争をやめて蓄積したのである…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む