北方領土の日

  • 2010/02/08(月) 09:44:49

 今日は、第30回目の北方領土の日。世界日報では、この日に合わせて、毎年メッセージ公告を掲載しています。ロシアによる重大な主権侵害に対して、皆さんも怒りのメッセージを送ってみませんか?



 それでは、本日の記事紹介です。
2010/2/7付 世界日報4面 北方領土の日特集

 きょう30回目の
   【北方領土の日】 
 


社団法人千島歯舞諸島居住者連盟理事長 小泉敏夫氏に聞く


 進展期待したい返還交渉

 旧ソ連に不法に占拠されて以来、65年の歳月を経た北方領土。元島民をはじめとしてこれまで国民挙げての返還運動を続けてきたが、残念なことに交渉は遅々として進んでいない。ビザ(査証)なし交流などさまざまな手法を用いて解決の糸口を探っているが、ロシア側は態度を硬化させたまま。島から追い出された一世の高齢化が進む中、領土返還運動に懸ける思いを社団法人千島歯舞諸島居住者連盟の小泉敏夫理事長に聞いた。 (聞き手=札幌・湯朝 肇) 

 ――政権が自民党から民主党に代わりました。鳩山政権の北方領土返還への取り組みをどのように感じていますか。


 北方領土返還運動はこれまで超党派で進めてきましたから、政権が代わっても国を挙げて取り組む問題だと考えています。従って、鳩山政権になったからといって何か特別なことをしなければならないとは考えていません。ただ、鳩山首相が北海道選出の国会議員であること。また、長い間民主党の幹事長であり、われわれとしてはこれまで機会あるごとに要請を続けてきました。

 加えて、私どもは鳩山首相にはある意味で期待もし、力強く感じている点があります。それは、首相の祖父である鳩山一郎さんは1956年に首相として日ソ国交回復を果たした人物、また父親の鳩山威一郎さんも外相として領土返還交渉に臨んでいます。また、長男の紀一郎さんも現在国立モスクワ大学で客員講師を務め、モスクワの交通渋滞解消対策に取り組んでいるといいます。当然ロシアの有識者もこの点は認識しており、このような経緯からすれば、鳩山家とロシアとのつながりは非常に深く、他の閣僚や国会議員とは違うと感じています…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む