秘話〜高橋是清とジェイコブ・シフ

  • 2009/12/30(水) 11:28:12

 今年も早いもので、もう年末を迎えました。それはそれとしまして、年末になると閉口するものが2つあります。1つ目は、スーパーでの買い物です。しょうがないと言えばしょうがないのですが、棚に並ぶのは正月用の品ばかり。しかもこれがやたら高いとくるから困りものです。


 この時期必ず出てくるのが、「まるう」のかまぼこと「鈴廣」のかまぼこで、どこでも大体800円前後で売ってます。昔、魚屋にいたことがあるのでわかりますが、鈴廣のほうがなぜか微妙に高くて、50〜100円高に設定されてます。でも味はまるうの方がいいともっぱらでしたが…。

紀文もこの時期だけは高値設定をしますが、かつての味の良さはなくなり、名前だけの企業になってしまったようです。まあそんなことはどうでもいいのですが、ことほど左様にご祝儀相場にされてしまうので、普通に食べたいと思うものが買いづらくなってしまうというのが1点目です。

 2つ目は、テレビ番組です。こちらもこの時期になるとやたらと時間をとるだけの長時間番組や再放送、あるいはただ単にカットされてた未放送分を編集しただけの番組などで埋め尽くされ、まともに見れる番組が見当たらなくなってしまうということです。まあもっとも普段からほとんどテレビは見なくなってしまったので、エリカ様ではありませんが“べつに”というところなんですが、それにしても最近の番組は視聴率とスポンサーばかりを気にした安易な作りのものがあまりにも多いんじゃないでしょうか?

 さて、そんなこんなで今年も今日を入れてあと2日。本店からは無慈悲に「増紙せよ!」との命令がきておりますので、これで本年の更新は終わりにしたいと思います。
 拙ブログを読んでいただいた皆さま、1年間お付き合いありがとうございました。

 良い国、良い日本人たるべく、来年を良い年としていきましょう!


 
 2009/12/30付 世界日報12面 【ビューポイント】
高橋是清とジェイコブ・シフ

 −強く臨めたポーツマス会議−


     獨協大学教授 佐藤 唯行

 日露戦争の戦費を調達

 読者諸氏はジェイコブ・シフという名を御存知だろうか。日露戦争のさなか、戦費不足に苦しむ日本政府のために資金調達の大任を帯びた日銀副総裁、高橋是清を助けた人物である。

当時、欧米人の目には日本人は「巨人に挑む大胆な童」と映じていた。それ故、日本の勝利を危ぶむ外国人銀行家は多く、高橋は資金調達に大変苦労していた。そんなおり、日本の経済状況と国民の戦意について高橋に詳しく尋ねる人物が登場する。そして自分が日本公債を売りさばいてあげようと約束してくれたのである。

この人物こそ当時、ウォール街のユダヤ系投資銀行の雄、クーン・ローブ社のジェイコブ・シフであった…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

小沢憲法がゆく

  • 2009/12/16(水) 21:38:40

 皆さん、今日の読売新聞見ましたか?共産党の志位さんが憲法に関して、小沢幹事長を糾しています。

  小沢さん、憲法よく読んで (読売新聞4面)
 共産党の志位委員長は15日、民主党の小沢幹事長が天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見を天皇の国事行為だと指摘したことについて、「憲法をよく読むと国事行為として厳格に定められている項目があり、外国の賓客との会見は入っていない。公的行為だ。小沢さんこそ憲法をよく読んでほしい」と批判した。


 反天皇制の共産党にまでつっこまれてどうよって感じですが、さすが護憲政党!惚れ直しました。でもなんか笑っちゃいますよね


 それでは、本日の記事紹介です。
2009/12/16付 世界日報12面 【メディアウォッチ】

民主党訪中と小沢氏「解放戦」発言に
        各紙異議、尾を引く特例会見


実相表す読売見出し


 民主党の大訪中団が物議を醸したかと思えば、それに続けて天皇陛下と習近平中国副主席との会見の「1カ月ルール」破りである。いずれも小沢一郎幹事長の「豪腕」のなせる業のようだが、誰が見ても度を過ぎている。各紙がそろって民主党に疑問を呈したのは当然のことだろう。

 まず訪中団。これは小沢氏が自民党時代から進めてきた「長城計画」と名付けられた私的な日中交流事業と民主党と中国共産党の定期交流事業との合同プログラムだという。野党ならまだしも、民主党は政権与党だ。それが予算編成で政治主導を唱えるこの時期に大挙しての訪中である。その数は同党の国会議員の約3分の1に当たる143人にのぼる。これでは小沢氏の民主党私物化と言われても仕方あるまい…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

ああ日米“民主党”

  • 2009/12/12(土) 15:48:00

 何を考えてるんだか、議員140名を含む総勢約600名を従えて、民主党の小沢幹事長が訪中しました。中国側も胡錦濤国家主席自らが議員1人々々と「握手・ツーショット」という大サービスぶり。この程度で籠絡できれば安いもんだと思ってるんでしょうねえ。嬉々として写真におさまる連中の気持ち悪いこと。このうちの何人がトラップに引っかかることやら…。

 鳩山首相は首相で、天皇陛下と習近平国家副主席との会見を特例扱いでセッティングしてしまうし、民主党はこの国を中国に売るつもりなんだろうかと普通に思っちゃいますよ。ホント。そういえば鳩山さんの3Kというのがあって「基地」・「献金」・「経済」問題だとか。それなら中華の「華」をとっていっそ4Kにしてもらいたいもんです。

 さてさて話は変わってアメリカの話題。今一番ホットなのは、やはりタイガーウッズでしょう。愛人14人(?)とは恐れ入りますが、中には騙りもいるでしょうけど火のないところに煙は立たないということで、有名税だけでは済まない感じです。地位・名誉・財産を得た人間の人生というのもなかなか難しいものがありますね。でも一度は頂点の体験もしてみたいと思うのは貧乏人の浅はかな考えでしょうか?
 こんなバカバカしいゲームが今のウッズの状況を端的に表しているようです。お暇ならどうぞ。>>>Tiger Hunting

 あともう1人、こちらも民主党のお偉いさんです。そうオバマ大統領です。ノーベル平和賞なんか受賞してしまいましたが、国内外の評価には大きな落差があるようです。だいたい最近のノーベル平和賞なんて疑問符のつく人ばかりが受賞してるじゃありませんか。パレスチナのアラファト議長だの、韓国の金大中大統領だの、アメリカのカーター元大統領だの、国連のアナン事務総長などなど…。どこがどう平和になったんでしょうか?胡散臭さだけがプンプンする勲章です。

 さて、今日はそんな最高司令官を痛烈に批判するコラムをお届けします。


 2009/12/12付 世界日報4面 コラム
 オバマ大統領の招集ラッパ
   勝利へ確信ない最高司令官   
     米コラムニスト−チャールズ・クラウトハマー


 責任逃れのアフガン演説

 空で、地上で、畑で、山で1年半の間、戦い抜く。そうすれば、国に帰れる。

 米国は絶対に負けない。だが、戦費がかさんで資金不足になりさえしなければの話だ。アイゼンハワーは「国家プロジェクトの中でも、国家プロジェクトの間でも収支のバランスを取ることが必要」と言った。今なら「これらの戦争にかかる費用を無視する余裕はない」と言うべきだろうか。

 これは、オバマ大統領がウェストポイントの陸軍士官学校でアフガニスタンへの増派を発表した時に言った言葉だ。なんと奇妙な演説か。戦争に向かうというのに、こんなにあいまいで、不確かで、弱気でいいのか…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む