奉祝 天皇陛下ご即位20年

  • 2009/11/12(木) 10:54:46

 天皇陛下ご即位20年を心よりお祝い申し上げます。
天皇・皇后両陛下の益々のご健勝と皇室のご繁栄をお祈り申し上げます。



 2009/11/12付 世界日報8面 【天皇陛下ご即位20年特集】
象徴の伝統、見事にご体現

 お歌に込められた国民への仁慈


東京大学名誉教授・小堀桂一郎氏に聞く


 国内外の情勢が激動する中にあっても、常に国民と共にあり、国民の揺るぎない心の拠りどころであられる天皇、皇后両陛下。ご即位からの20年を、東京大学名誉教授・小堀桂一郎氏に振り返ってもらった。
                               (聞き手=文化部長・藤橋 進)  

 ―今上陛下が位にお就きになって、平成の御代が始まったわけですが、初めての新年の一般参賀の時でしたか、そのお言葉が、昭和天皇と比べて、より親しみやすい言葉遣いになられたのが印象的でした。―


 小堀 やはり戦後のお育ちの故というか、世代の差がお言葉やお振る舞いのうちに見て取れて、これが新しい時代の表れだと感じられた点はあるでしょう。歴代の天皇それぞれ個性をお持ちになっておられる以上、それが皇位というものへのお考えに反映する面もおありなわけですから。

 ―とはいえ、この20年を振り返ってみますと、そういう変化以上に、やはり皇室伝統の不変の部分というか揺るぎなさを改めて感じます。また、昭和天皇から直接受け継がれたものも、大変大きいものがあるのではないでしょうか。―


 小堀 昭和天皇から何を受け継がれたかとなると、それはやはり日本の国体というものについての確固としたお考えだと思います…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

世日クラブ講演会のお知らせ

  • 2009/11/09(月) 16:47:54

世日クラブ講演会
 「皇室の弥栄(いやさか)」 
        旧皇族が語る平成皇室/講師に竹田恒泰氏


 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)は12月8日(火)、皇室と国民の在り方について積極的に意見を発信し続けている作家で慶応義塾大学講師の竹田恒泰氏を講師に招き、「皇室の弥栄」と題する講演会を開きます。

 竹田氏は旧皇族・竹田家の生まれ。憲法学・史学の研究に従事する一方、小泉純一郎政権時代に論議が起きた皇室典範改正をめぐる問題や、皇室と国民の関係などについて旧皇族の一員として積極的な論陣を展開しました。

今年は今上陛下ご即位20周年の節目に当たりますが、改めて皇室の存在がわが国の文化伝統にいかに重きをなしてきたかを竹田氏から語っていただきます。

【講師】竹田 恒泰氏 (作家、慶應義塾大学講師)
たけだ・つねやす
昭和50年、旧皇族・竹田家の生まれ。明治天皇の玄孫にあたる。慶應義塾大学法学部卒業。憲法学・史学の研究に従事。平成18年、著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で山本七平賞受賞。その他『皇室へのソボクなギモン』(扶桑社、共著)、『旧皇族が語る天皇の日本史』(PHP新書)、『皇統保守』(PHP)、『エコマインド〜環境の教科書』(ベストブック)、『怨霊になった天皇』(小学館)など。


【日時】平成21年12月8日(火)18:30受付 19:00開演

【会場】東京都文京区春日1の16の21  文京シビックセンター26階スカイホール

【会費】2,000円(会員1,000円)

【主催/後援】世日クラブ/世界日報社

【連絡先】世日クラブ事務局 担当:柏木 
          電話03(3558)3417 
          FAX03(3558)3541 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む