国民を騙した小泉・竹中両相

  • 2009/10/23(金) 14:14:24



 以前紹介しましたトキワ荘記念碑に、新たにトキワ荘の住所表示と昭和レトロな照明灯がついた電信柱と解説板が設置されました。区の力の入れようがよくわかります。それに付随して地域でイベントが開催されます。お近くの方はぜひおでかけください。

   詳しくはこちらから>>>トキワ荘通り


 それでは、本日の記事紹介です。
2009/10/23付 世界日報4面 オピニオン
郵政民営化見直しを支持する

 国民を騙した小泉・竹中両相
          松倉 三郎(経済ジャーナリスト)


 郵便・郵便貯金・生命保険など郵政事業の広い範囲にわたっての改革の基本方針を、政府が20日決定した。郵便局ネットワークを活用して郵便や貯金・保険などのサービスを全国で提供することを確保し、かつ、行政サービスにも役立たせて地域格差の縮小にも役立たせることを主眼に、持ち株会社の下での事業別4分社体制も見直す。

 鳩山由紀夫新政権の経済政策を、筆者は評価していない。言ってみれば八方美人的に政策の手を広げ過ぎて、その結果、一方では温暖化ガスの発生抑制を唱えながら他方では高速道路利用無料化で温暖化ガス発生増に手を貸すなど、いわゆる自家撞着に陥る懸念なしとせず、そのほか、家計支援に肩入れが偏って消費と生産の望ましい均衡が崩れる恐れがあり、数年後には例えば大幅増税など重い“ツケ”が国民にのしかかってくる心配もちらつく。

だが、郵政事業の在り方の見直しは、この政権の最初のヒット、双手を挙げて賛成する…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む