科学を装うダーウィニズム

  • 2009/10/19(月) 11:04:22

 面白いポスターを見つけました。「マルクスは生きている」 
う〜んじつにストレートにらしさを出していて、心憎いほどのアピール度です。もちろんどっこい俺も生きているんだという不破さん自身の心の叫びも感じられ、思わず応援したくなりました(笑)たまには連立を組んで政権に入ってみたらどうなんだろうと他人事ながら思うんですけどね…。




 それでは、本日の記事紹介です。ここにもマルキシズムが生きています。
2009/10/19付 世界日報16面 【ビューポイント】
科学を装うダーウィニズム

 唯物論で社会を「洗脳」

     京都大学名誉教授 渡辺 久義


 本紙記者原田正氏と私の共著になる新著『ダーウィニズム150年の偽装』の「あとがき」に、私は「(これは世直しの本のつもりだが)あるいは、私たちの提言は根本的に間違っている、これはかえって世の中を悪くする方向だと、心底から考える人があるかもしれない。それならそれで、しっかりした根拠のある論陣を張っていただきたい」と書いた。

 これは挑戦的に聞こえるかもしれないが、私の心からの叫びと言ってもよい。いったいなぜこういうことがこれまでまかり通ってきたか私には不思議でしようがないのだが、そうは考えない人、私たちの考え方が根本的に(部分的にではない)間違っていて、こういう本が世に出ることを心から憂慮する、と考える人がきっとあるのだろう。

もしあるなら是非とも心を割って話がしてみたいという真率な気持ちからこう書いた。この本で主張しているようなことは、これまで学問上も教育上も間違った考え方として否定され、事実上論ずることさえ禁止されてきたのだから、きっと私たちの心得違いを諄々と説いて聞かせようとする「正統派」の人がいるはずで、そういう人の出現をむしろ期待する。

ただアメリカの反ID論者のように問答無用で頭ごなしに退けるようなことはしないでほしい、という気持ちを込めてこう書いた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む