聞け!魂の叫びを!〜NHK1万人集団訴訟

  • 2009/10/13(火) 09:49:20

 本日は、久々の休刊日(休肝日ではありません。念のため)。数日分の新聞(読売も含む)を一気読みしました。今日はその中から1本アップしたいと思います。


2009/10/11付 世界日報4面 【ワールドスコープ】
 NHKスペシャル歪曲報道
民族の誇り懸けた
        「魂の戦い」に
 

 史上空前の1万人集団訴訟始動

 日本の台湾統治を扱ったNHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー」の第1回「アジアの“一等国”」(4月5日放映)の内容が取材実態に基づかない歪曲報道だとして台湾のパイワン族37人が6日、東京地裁に集団提訴した。

この中には「アジアの“一等国”」でNHKから取材を受けたパイワン族ら3人が含まれていることから、地裁としても門前払いは難しい。なお、NHKはこの問題で6月下旬、小田村四郎・元拓殖大学総長のほか視聴者ら8400人によって東京地裁に第1次集団提訴されている。さらに第2次集団訴訟原告団1946人を含めると、原告団は1万人を突破し、史上空前の集団訴訟が始動することになった。賠償請求金額は総額で約1億1000万円となる。 (池永達夫) 

 台湾から来日したパイワン族代表団の4人が6日、司法記者クラブで記者会見し、華阿財・元牡丹郷郷長(71)は「1910年の日英博覧会でパイワン族は誇りを持って参加したが、それをNHKは人間動物園だとして辱めた」と、事実に基づかない報道姿勢を批判。また母方の祖父が日英博覧会に出席したという李新輝・前春日郷郷長(71)は「部落では博覧会出席者を喜んで迎えた経緯がある」と語り、NHKに謝罪と名誉回復を求めた。

 さらに、洪金蓮さん(66)は、「今朝(6日)、靖国神社にお参りし、先祖に会ってきた。その先祖から、安心して故郷に帰れと言われたような気がした」と涙ながらに語った…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む