21世紀のナチ〜中国臓器狩り

  • 2009/10/05(月) 22:14:13

 中川昭一元財務・金融相が亡くなられました。享年56歳。父である中川一郎氏が自殺したのが57歳。志半ばという点でも何か因縁めいたものを感じます。もちろん不審死という線も未だ捨て切れませんが、「政治家」という職業がそういう死を招く部分もあるということでしょうか。
 保守派の良き人材がまた1人失われました。故人のご冥福をお祈りいたします。
 以下、西村眞吾氏のブログ「眞悟の時事通信」−平成21年10月4日(日)号からの抜粋を転載します。

 中川昭一さん、心からご冥福をお祈りします                         
 …マスコミの執拗な報道に対する怒りが甦った。
 彼のサミットにおける記者会見の報道は、誇張・偽装である。彼の「酩酊」しているかの如き数秒の場面を連続して何十回となく繰り返して編集し、これでもかこれでもかとマスコミは各家庭に流した。これでは、全記者会見中、彼はこの「酩酊」した調子だったと印象付けられてしまう。
 同じイタリアでの12年前のサミットで、「体調不良」の為、サミットの首脳会議を欠席した総理大臣がいた。これに対して、中川大臣は、本来の任務である会議は立派にこなした。日本のために実に立派にこなした。その任務を終えた後の記者会見だけが「体調不良」だった(「酩酊」も「体調不良」の内だ)。
 この点で中川大臣は、会議に出席できずに何のためにサミットに行ったのか分からない社会党の総理大臣とは全く違う。
 しかしマスコミは、「体調不良」で会議に出席できなかった総理大臣のことは何も言わず、中川さんの出席した会議での功績と成果のことは無視して、記者会見における「体調不良」だけを執拗に非難し続けた…
 



それでは、本日の記事紹介です。
2009/10/5付 世界日報9面 【インタビュー】
21世紀のジェノサイド
    /中国の法輪功臓器狩り

 =カナダ人弁護士デービッド・マタス氏に聞く


 通常、臓器移植を要請しても適合臓器を見つけるまで膨大な日数を要するものだが、中国では1週間で用意するとうたった病院が少なからずある。また移植手術に失敗しても、新たな適合臓器をすぐに見つけ出すことが可能だという。

このスピーディーな臓器移植の背後には、中国で邪教扱いを受けている法輪功メンバーを臓器供給源にしている事実があるという。こうした国家を挙げての「21世紀のジェノサイド」を告発するカナダの人権弁護士デービッド・マタス氏に聞いた。 (聞き手=池永達夫)

3分の2が出所不明臓器/投獄メンバーが供給源に

 ――本当に中国で多くの法輪功メンバーの臓器を生きたまま摘出する「臓器狩り」が行われているのか。


 紛れもない事実だ。前代未聞の本人の意思に反する大規模な臓器狩りが行われている。これは21世紀のジェノサイド(大量虐殺)だ。

 ――根拠は何か。


 2006年5月、カナダ政府元閣僚のデービッド・キルガー氏とともに法輪功迫害真相調査連盟(CIPFG)より、中国で法輪功メンバーを対象とした臓器狩りへの調査協力の依頼を受け調査した結論だ。事の重大さと人権尊重に関心を持つ者として、この依頼を引き受けた。

 この調査は、依頼者側や法輪功関係者、その他いかなる組織や政府からも独立したものだ。法輪功メンバーを対象にした臓器狩りは、その特殊な性質上、事実関係を立証し難いだけでなく、否認することも難しい。告発を立証する最適な証拠は目撃証言だが、本件に関しては目撃者を確保するのは非常に困難だ。

 臓器摘出が実際に行われていれば、現場にいるのは犯人または被害者のいずれかだ。傍観者は多分、存在しない。告発によれば、被害者は全員殺害され、焼却されるため、遺体を捜し出すことはできないし、ましてや遺体解剖はなおさら無理だ。自らが受けた暴行を語ることができる生存者もいない…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む