衆院選終わってみれば旧田中派天下

  • 2009/08/31(月) 17:24:41

 民主党の大勝に終わった今回の衆議院選挙。まあ自民党のふがいなさ、自浄能力の欠如、郵政の反動など基本的には自民党自身が招いた結果と言えるでしょう。「自民党をぶっ壊す」と言っていた方がおられましたが、本当に壊れてしまいました。しかしその方も、わざわざ壊したところに自分の息子を入れて何をしようというのでしょうかねえ?入れるほうも入れるほうですが…。

それにしても、民主“刺客”女性候補が次々と当選する姿を見て、90年衆議院選時の社会党“マドンナ旋風”のような印象を受けました。やっぱり選挙というのは風なんでしょうか?もっとも彼女たちも次回の選挙ではどうなるやら…。

 まあそれはさておき、「ホップ」・「ステップ」・「肉離れ」の民主党のことだけに、じきにつまずいて分裂、うまくいけば政界再編も夢じゃないとの希望だけは持って今後の政治の行方を見守っていきたいと思います。


 それでは、本日の記事紹介です。
2009/8/31付 世界日報16面 【メディアウォッチ】
衆院選終わってみれば
 “自民から旧田中派の天下”
          を突いた文春上杉氏


面白い毎日家計試算


 このコラムが掲載される日には衆院選の結果が出ている。これまで、ほとんどの週刊誌が長く暑い選挙戦の期間、民主党の“圧勝”を占ってきた。そして政権交代を見越して、民主党政権が誕生したらどうなるかといった記事も多く目に付いた。

 その中で、サンデー毎日(9月6日号)の「民主大盤振る舞いでこんなに激変、我が家の『家計』」の記事がなかなか面白い。今回の選挙で民主党が打ち出した大看板である「子ども手当」は「中学卒業まで子どもひとり当り月額2万6000円を支給する」というものだ。同誌は「高齢世帯に手厚く、子どもあるいは子育て家庭に対する施策があまりにお粗末すぎた」と「東レ経営研究所の渥美由喜研究部長」のコメントを載せ、ようやくフランスやスウェーデンなど欧米先進諸国に追いついたと“評価”の声を紹介している。

 だが、実際にはどう受け止められているのか。子育て世帯の声も聞いた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む