岐路に立つ民主オバマ

  • 2009/08/24(月) 17:13:25

 毎日暑い日が続きますが、朝方の涼しさのなかに秋の気配を感じるようになってきました。今年は、梅雨明け宣言後も雨が続いた影響で、本当に夏らしい日が少ないままに秋を迎えてしまうのかなという感じです。

 先月末からの各町会の暑気払いや盆踊りには、各政党候補や応援の議員が入れ替わり立ち代りやってきては宣伝をしていきましたが、果たしてその行方はどうなるやら…。

 某政党もこのまま秋を迎えてしまうのでしょうか…?


 それでは、本日の記事紹介です。米国の“本家民主党”大統領も、当初の人気とは裏腹に期待を裏切りつつあるという現実を伝えております。
2009/8/24付 世界日報16面 【ビューポイント】
オバマ政権、岐路に立つ夏

 不支持率膨らむ閉塞感

アメリカン・エンタープライズ
            政策研究所客員研究員 加瀬 みき


 国内外の絶大な支持を背景に、米国が抱えるさまざまな課題を一気に改善することが期待され発足したオバマ政権だが、半年後の今、大統領のネット支持率は大きく低下し、政策の行方は混沌としている。いくつもの大きな課題に同時並行的に対応する政権は、個別政策の躓きが他をも巻き込む危険に直面している。

 支持率だけを見ると、オバマ大統領に対する国民の信頼はあまり変わっていない。就任時7割近くだったが今でも50%から58%はある。しかし、概ね10%台であった不支持率が4割前後まで膨れた結果、ネット支持率はギャラップ社の調査で、就任時56%が、最新調査(8月11―13日)で15%まで落ちている。期待が大きければそれだけ下降線も険しく、またオバマ政権が膨大な問題を当初から抱えていたのも事実である。しかし、この半年間でオバマ政権の甘さや欠陥も見え始めた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む