衆院選終わってみれば旧田中派天下

  • 2009/08/31(月) 17:24:41

 民主党の大勝に終わった今回の衆議院選挙。まあ自民党のふがいなさ、自浄能力の欠如、郵政の反動など基本的には自民党自身が招いた結果と言えるでしょう。「自民党をぶっ壊す」と言っていた方がおられましたが、本当に壊れてしまいました。しかしその方も、わざわざ壊したところに自分の息子を入れて何をしようというのでしょうかねえ?入れるほうも入れるほうですが…。

それにしても、民主“刺客”女性候補が次々と当選する姿を見て、90年衆議院選時の社会党“マドンナ旋風”のような印象を受けました。やっぱり選挙というのは風なんでしょうか?もっとも彼女たちも次回の選挙ではどうなるやら…。

 まあそれはさておき、「ホップ」・「ステップ」・「肉離れ」の民主党のことだけに、じきにつまずいて分裂、うまくいけば政界再編も夢じゃないとの希望だけは持って今後の政治の行方を見守っていきたいと思います。


 それでは、本日の記事紹介です。
2009/8/31付 世界日報16面 【メディアウォッチ】
衆院選終わってみれば
 “自民から旧田中派の天下”
          を突いた文春上杉氏


面白い毎日家計試算


 このコラムが掲載される日には衆院選の結果が出ている。これまで、ほとんどの週刊誌が長く暑い選挙戦の期間、民主党の“圧勝”を占ってきた。そして政権交代を見越して、民主党政権が誕生したらどうなるかといった記事も多く目に付いた。

 その中で、サンデー毎日(9月6日号)の「民主大盤振る舞いでこんなに激変、我が家の『家計』」の記事がなかなか面白い。今回の選挙で民主党が打ち出した大看板である「子ども手当」は「中学卒業まで子どもひとり当り月額2万6000円を支給する」というものだ。同誌は「高齢世帯に手厚く、子どもあるいは子育て家庭に対する施策があまりにお粗末すぎた」と「東レ経営研究所の渥美由喜研究部長」のコメントを載せ、ようやくフランスやスウェーデンなど欧米先進諸国に追いついたと“評価”の声を紹介している。

 だが、実際にはどう受け止められているのか。子育て世帯の声も聞いた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

民主党政権は日教組政権

  • 2009/08/27(木) 14:18:03

 新型インフルエンザが一気に広まる気配をみせてきました。子供の通う学校でも、インフル対策で、始業式を放送を通じて各教室で行なったそうです。学校行事にも影響が出そうで、先生方も気が気ではないようですね。

 さてさて、選挙戦も最終段階になってまいりましたが、民主の勢いもまるでインフルエンザのようにとどまるところを知りません。
病はすぐに治療ができますが、政治はすぐには治療ができません。30日の投票は、よくよく考えて行動したいと思います。


 それでは、本日の記事紹介です。
2009/08/27付 世界日報1面
民主党教育政策に危機感
  ―保守派が緊急国民集会

 現場任せの「指導要領」に

 各種世論調査による今総選挙の議席獲得予想で民主党の圧勝が報じられる中、保守派有識者の間で強い危機感が広がっている。国の在り方にかかわる教育や安全保障政策が、選挙の争点からかすんでいることもその背景にあるようだ。 (編集委員・山本 彰)

 24日、都内で「『日本の教育が危ない!』―あなたは日教組教育を選びますか?」とのテーマで緊急国民集会(実行委員長=小田村四郎・元拓大総長)が開催され、有識者11人が登壇して意見を重ねた。その中で特に注目を浴びたのが民主党の掲げる「学習指導要領の大綱化」。討論では、学習内容が現場任せとなり、日教組の偏向副教材が是認される事態となる点など、同党の教育政策がもたらす“効果”が改めて明確にされた。

 まず、小田村氏が、民主党政策集INDEX2009の問題点を指摘。「日本の年号がまったく使われていない」とした上で、慰安婦問題を調査する部局の国会図書館内設置、個人が国家を超え国際機関に提訴できる女子差別撤廃条約選択議定書の批准――などが盛り込まれている点を挙げ、「国家・家族解体を進めるものだ」と警戒感を示した。

 また、教育政策も?中央教育委員会の設置による文部科学省の廃止?学習指導要領の大綱化?教科書採択を広域採択から日教組教員が影響力を行使しやすい学校単位に移行――などを掲げており、「日教組の主張がそのまま並べられている」と批判。さらに、全国一斉学力テストも廃止ないしサンプル調査に替えられる点に触れ、「こうした恐ろしい点が、マニフェスト(政権公約)には抜け落ちている」と警告した。

 これに関連し、伊藤哲夫・日本政策研究センター代表は、民主党の主張する「学習指導要領の大綱化」について「これは、国が細かいことを指導しないということ」と分析、「大分県の小中学校で副教材となっていた『平和カレンダー』の内容も容認されてしまう」と訴えた。

 同カレンダーは、日教組が作成した自虐史観に基づき、それぞれの日の歴史的出来事を書き込んだもの。政治的過ぎるとして県議会で問題となり、数年前、教室での掲示が禁止された。

 登壇者からは、「民主党政権は日教組政権」(松浦光修・皇學館大学教授)といった危機意識の表明が相次いだ。

 だが、その一方で「日教組には常識的な先生もいる。まず校長、教育委員会の指導力不足をただすべきだ」(小川義男・狭山ケ丘高校校長)との意見も出されるなど、具体的な現場からの運動論構築といった、保守陣営が抱える課題も浮き彫りとなった。

The Sekai Nippo Co.,Ltd. 1975- Tokyo,Japan

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

岐路に立つ民主オバマ

  • 2009/08/24(月) 17:13:25

 毎日暑い日が続きますが、朝方の涼しさのなかに秋の気配を感じるようになってきました。今年は、梅雨明け宣言後も雨が続いた影響で、本当に夏らしい日が少ないままに秋を迎えてしまうのかなという感じです。

 先月末からの各町会の暑気払いや盆踊りには、各政党候補や応援の議員が入れ替わり立ち代りやってきては宣伝をしていきましたが、果たしてその行方はどうなるやら…。

 某政党もこのまま秋を迎えてしまうのでしょうか…?


 それでは、本日の記事紹介です。米国の“本家民主党”大統領も、当初の人気とは裏腹に期待を裏切りつつあるという現実を伝えております。
2009/8/24付 世界日報16面 【ビューポイント】
オバマ政権、岐路に立つ夏

 不支持率膨らむ閉塞感

アメリカン・エンタープライズ
            政策研究所客員研究員 加瀬 みき


 国内外の絶大な支持を背景に、米国が抱えるさまざまな課題を一気に改善することが期待され発足したオバマ政権だが、半年後の今、大統領のネット支持率は大きく低下し、政策の行方は混沌としている。いくつもの大きな課題に同時並行的に対応する政権は、個別政策の躓きが他をも巻き込む危険に直面している。

 支持率だけを見ると、オバマ大統領に対する国民の信頼はあまり変わっていない。就任時7割近くだったが今でも50%から58%はある。しかし、概ね10%台であった不支持率が4割前後まで膨れた結果、ネット支持率はギャラップ社の調査で、就任時56%が、最新調査(8月11―13日)で15%まで落ちている。期待が大きければそれだけ下降線も険しく、またオバマ政権が膨大な問題を当初から抱えていたのも事実である。しかし、この半年間でオバマ政権の甘さや欠陥も見え始めた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

核シェアリング

  • 2009/08/18(火) 21:54:15

 2009/8/18付 世界日報12面 【ビューポイント】
究極の「核の傘」強化構想

 日米核共同管理の検討を
   外交評論家 井上 茂信


 オバマ米大統領が対日外交で最も警戒しているのは、北朝鮮や中国の核の脅威によって、日本で核武装論が高まることだ。そこで日本の核武装を阻止するための究極の「核の傘」強化策として、米専門家の間で核兵器を搭載した米海軍の艦船に日本の自衛隊員を乗り込ませて米国の核兵器を日本に共同管理(シェアリング)させるという日米2国間海上核戦力(BLF)構想が論議されている。

 日米両政府間では米国が日本に提供する「核の傘」を含めた拡大抑止(抑止力強化)に関する定期協議の初会合を9月半ば以降に開始する方向で調整が進んでいるが、同協議ではBLF構想についても突っ込んだ討議が行われることを期待したい。

 麻生首相は6月28日に東京で行われた李明博韓国大統領との日韓首脳会談の席上「北朝鮮問題が深刻化すれば、国内で核武装すべきだとの声が強まる」と述べたという。日本の核武装については北による5月の核実験後、キッシンジャー元米国務長官は日韓両国の核武装の可能性を指摘した…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

国旗を切り刻む民主党

  • 2009/08/18(火) 12:45:56

 こんなニュースがありました。

国旗切り民主党旗、首相「許し難い」…鳩山代表は謝罪
             (2009年8月17日23時43分 読売新聞)

 17日の党首公開討論会で、麻生首相は、民主党が鹿児島県内で開いた集会に言及し、会場に掲げられた民主党のマークが「国旗を切り張りして作られたものだった」と指摘した。

 民主党の鳩山代表はその場で「そんなけしからんことをやった人間がいるとすれば、大変申し訳ない」と謝罪した。

 この集会は、今月8日に民主党の鹿児島県内の衆院選立候補予定者が開催し、小沢一郎・党代表代行らが出席。ステージの後ろに、二つの赤い円を上下に重ね合わせたデザインの同党のマークが掲げられたが、麻生首相は17日の討論会で「よく見ると、国旗を切り刻んで上下につなぎ合わせていた。民主党のホームページにも載っている。とても悲しい、許し難い行為」と追及した。

 鳩山代表は謝罪したうえで、「我々の神聖なマークなので、マークをきちんと作らなければならない話だ」とも述べた。民主党関係者は「(国旗は)党のマークを表すために支援者が持ち込んだものと聞いている」と説明。同党のホームページからは同日、この会場の模様が写った写真が削除された。

 同党のマークは下の円がゆがんだ形。「今は完全ではないが、雪だるまも転がしているうちに大きくきれいな球に育つ」(1998年の結党当時の菅代表)という思いを込めたためだ。しかし、問題の会場では、下の方もきれいな円になっていた。




 果たして、申し訳ないだけで済む問題なんでしょうか??党大会に国旗を掲げなかったりと、この党には国旗に対する敬意の念もなければ、愛国心もありません。

 今度の選挙には、本当に国の行く末が係っていると言えるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る