ウイグル虐殺事件の真相究明を

  • 2009/07/30(木) 11:41:45

いや〜毎日暑くなってきましたね。ようやく夏らしいといえば夏らしい日差しのおかげで、1日が過ぎると、どこかしら(特に首のうしろ)肌がヒリヒリしております。

 皆さま、くれぐれも日射病・熱中症等にはお気をつけください。


 それでは、本日の記事紹介です。中国によるメディア操作と隠蔽工作によって、今なお真実が公にされることのない虐殺事件に対する「ウイグルの母」の憤りです。

 2009/7/30 1面
 無差別発砲虐殺を非難
        /ウイグル暴動

 民族自決権求める―カーディル議長が訪日会見
  デモ参加者の多く消息不明
        ―真相究明の国際調査団派遣を

 来日中の在外ウイグル人組織「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長(62)=米国在住=は29日、都内の日本記者クラブで記者会見を開き、今月5日に中国・新疆ウイグル自治区で発生した暴動は、「治安部隊による無差別発砲虐殺」がその本質であるとして中国政府を非難した。

ウイグル暴動後に同議長が海外で会見するのは初めて。

 まず同議長は、「当局に広東省で起きたウイグル人虐殺事件の説明を求めた5日のデモは、中国の国旗である五星紅旗を掲げるなど平和的なデモだったが、警察が取り囲んで逮捕し始めたためデモ参加者の多くは避難しようとした…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

ナイフをもつ“平和愛好家”

  • 2009/07/23(木) 12:30:40

 本格的な夏の到来を告げるかのように、2〜3日前からミンミンゼミの鳴き声が聞こえてくるようになりました。

 それにしても昨日の天文ショーは神秘的でしたね。



テレビでその模様を見ましたが、黒い太陽にダイヤモンドリング、360度水平線が赤く染まる大海原など皆既日食に魅せられる人たちの気持ちがわかるようでした。

機会があれば、実物の皆既日食を見てみたいものです。ちなみに東京でも曇り空の中、部分日食が見られたようです。

(上:日食を見る親子〜沖縄支局より)


 さて、先週のことになりますが、どうしても無視できない事件がありましたので掲載いたします。

路上のケンカで大学生を刺した“平和愛好家”の正体

              (iZAニュース 2009/07/18 17:44)
大阪府箕面市で13日夜、男子大学生の腹をナイフで刺して重傷を負わせたとして、殺人未遂の疑いで自称会社役員の中井多賀宏(たかひろ)容疑者(36)=同市桜ヶ丘=が逮捕された。ネット上では憲法9条推進派として有名で、戦争反対の立場から地元市議会で市の「無防備地区」宣言などを定めた条例案の成立を求めたことも。だが、事件で“平和愛好家”のメッキははがれてしまった…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

NHK解体体操の歌

  • 2009/07/22(水) 12:06:07

 いよいよ夏休みになりまして、わが子の通う小学校でも朝のラジオ体操が始まりました。

配達があるため、例年参加できなかったのですが、たまたま今回は都議選があったために13日の休刊日が21日にずれ、はじめて参加することができました。

たまにはこういう休刊日の過ごし方もいいなと思いました。もっとも別の仕事をもっているために、新聞は休みでも休日にはならないのが残念なところですが…。

ということで、チャンネル桜さんがいやらしくNHKをこき下ろすというかおちょくっているラジオ体操の替え歌の動画です。どうぞご覧ください。

 でも、さすがにこれを流しながらラジオ体操をする勇気はないです。はい。


ニコニコ動画
 *コメントがうっとうしい方は、画面右下にカーソルを合わせると、ふき出しのアイコンが出てきますので、それをクリックすると流れるコメントが消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

平和ボケ「ピースボート」

  • 2009/07/17(金) 14:56:38




ネットでの拾い物です。反戦・平和を唱え、自衛隊の海外派遣に反対を主張しながら海自の護衛艦にエスコートされるピースボートの画像です。

 こういうのを厚顔無恥というんでしょうね。どうしてこういう行為が成り立つのか私の感覚からはわかりません。

2ヶ月前の話題ですが、こうして改めて画像を見せられると彼らの主張が滑稽なくらいに茶番だということがよくわかります。

それ以外にも、豪華客船に乗って、おいしい食事を楽しみながら、憲法9条を世界にひろめるキャンペーンをやってどうすんだいというのもあります。

自衛隊の皆さんへの感謝のひと言ぐらいあったんでしょうか?

ピースボート護衛受ける ソマリア沖

2009.5.14  【産経ニュース】より

 海賊対策のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛したことが13日、分かった。ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張とのギャップは議論を呼びそうだ

 海自の護衛艦2隻は11日から13日にかけ、ソマリア沖・アデン湾を航行する日本関係船舶7隻を護衛。うち1隻がピースボートの船旅の旅客船だった。ピースボートは社民党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。船旅は寄港地のNGO(非政府組織)や学生らと交流を図ることなどを目的としている。

 66回目となる今回の船旅は約3カ月半に及ぶ地球一周で、北欧5カ国とフィヨルドを巡るのが目玉。約600人が参加し、4月23日に横浜港を出発後、中国とシンガポールに寄港。ピースボートのホームページには船旅の最新リポートとして、デッキで催されたフルーツパーティーの様子が掲載されている。

 ピースボート事務局によると、船旅の企画・実施を行う旅行会社が護衛任務を調整する国土交通省海賊対策連絡調整室と安全対策を協議し、海自が護衛する船団に入ることが決まったという。

 ピースボートは市民団体による海自派遣反対の共同声明にも名を連ねている。事務局の担当者は「海上保安庁ではなく海自が派遣されているのは残念だが、主張とは別に参加者の安全が第一。(旅行会社が)護衛を依頼した判断を尊重する」と話している

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

イスラムvs中国〜ウルムチ事件

  • 2009/07/15(水) 12:35:48

2009/7/15付 世界日報12面 【ビューポイント】
犠牲者数多いウルムチ事件

漢族と民族対決の様相
国家統合問題に波及の恐れ
拓殖大学名誉教授 同海外事情研究所客員教授 茅原 郁生


 新疆ウイグル自治区で発生した集団抗議事件(ウルムチ事件)は、ついにラクイラ・サミットに出席中の胡錦濤国家主席(胡主席)の帰国にまで追い込んだ。これは昨年春のチベット・ラサ市内での流血事件が欧米での北京オリンピックの聖火リレーへの反対行動に結びついたのに続く、中国の少数民族問題が国際化した事件である。

 ウルムチ事件は、既報のように今月5日夕からウルムチ市でウイグル族による漢民族の商店の襲撃などの大規模な騒擾事件であった。今次ウルムチ事件の背景は複雑であるが、直接原因は6月の広東省の玩具工場でのウイグル族青年撲殺事件への報復と見られている。この事件について中国の少数民族問題だけでなく国家体質や国際性の観点から見てみたい。

 まず一つは、ウルムチ事件で中国の民族宥和が綻び始めたことである。これまでの少数民族の騒動は官憲との対立という構図であったが、ウルムチでは7日に漢族の1万人規模の報復的な襲撃行動が起き、民族間の蔑視と憎悪の対決という事態となった。

 さらに民族宥和を困難にしているのが、中国政府の情報戦で漢族が犠牲者という図式の宣伝で、ウイグル族を追い込んでいることである。中国当局は、昨春のチベット事件の教訓から迅速なメディア広報を進め、外国メディアに対して現地の取材を許した。しかしそこには「悪いのはウイグル族」のプロパガンダ臭がつきまとう…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む