忍び寄る薬物汚染

  • 2009/06/28(日) 21:58:08

 歌手のマイケル・ジャクソンが25日正午(日本時間26日午前4時)過ぎ、心不全で亡くなりました。

 報道によれば、主治医で心臓の専門医でもあるコンラッド・マーリー氏が、日本では劇薬指定されている麻薬性鎮痛剤「デメロール」をマイケルに常時処方していたようで、緊急通報1時間前にもこの“劇薬”を注射していたのではないかとされています。

 数々の栄光と挫折を経験し、また多くのスキャンダルにもまみれ、精神的・情緒的に不安定になっていったのは、世界的なトップスターとしての宿痾ともいうべきものなのでしょうか…。そこから麻薬でないとはいえ劇薬を常用するようになり、さらに、復帰コンサートに向け、大きな緊張とストレスにさらされるなか、肉体が限界を超えてしまったのでしょう。
 
 マイケルはこの注射を「ヘルストニック」と呼んでいたそうですが、薬には必ず副作用がありますし、決して常用するものではありません。

 故人のご冥福をお祈りします。


 
 それでは、本日の記事紹介です。ましてや、大麻・覚せい剤などは論外でしょうということです。
 2009/6/28付 「サンデー世界日報」より
家庭に忍び寄る「薬物」 

     売買 繁華街から住宅街へ
       「大麻は罪」意識弱い若者

東京薬物対策協会代表、藤根元さんに聞く

 今月26日は国連が定めた「国際麻薬乱用撲滅デー」。この日を中心に、政府は麻薬の危険性を啓発することに力を入れるが、大学生の大麻事件など日本における薬物乱用は深刻化している。かつて自らも薬物に溺れた経験から、教育現場での講演など薬物乱用をなくす活動を行っている東京薬物対策協会(サイエントロジー教会後援)代表の藤根元さんに、薬物対策の課題などについて聞いた。 <聞き手・森田 清策、写真・加藤玲和>

「たばこより害ない」

 ――大学生が絡んだ大麻事件が後を絶ちません。

 海外留学が影響しているようです。海外には、大麻を合法化している国もあるので、そうした国に留学した学生は、帰国してからも大麻に対して罪意識がない。外国から種を輸入して、通信販売するケースもある。

 大麻について間違った情報が流れているのも大きい。大学で大麻事件が頻発するのは、「たばこや酒より害がない」と考える若者が増えているからではないか。

 私が直接体験した例です。大麻を吸って、車を運転したらどうなるか。ガタガタと中央分離帯の上を、笑いながら走った人間がいます。タイヤの大きな四輪駆動の車でした。ドライバーは感覚が麻痺(まひ)してしまって、「オフロードだ」と叫びながら運転する。私は助手席に乗っていたのですが、「こいつ、ちょっと頭おかしいぞ」とゾッとしましたね。人がいたなら、きっとはねていたでしょう。

 結局、その人間は電柱にぶつかり、警察官がやってきて、初めて事の重大さに気づいたのですが、大麻を吸わなかったら、そんなことはしなかった。

脱法ドラッグが続々

 ――大麻事件に関連して摘発された容疑者のうち、8割が初犯という統計があります。
 大麻は「ゲートウェイ(入り口)ドラッグ」の一つになっているのでしょう。10年くらい前までは、不良への入り口はたばこやアルコールでしたが、今は大麻になっている。さらに、そこから覚醒剤などに手を染めるケースが多いのではないか。

 それから、ゲートウェイドラッグとして恐ろしいのは脱法ドラッグ。法律で規制されない薬物のことです。マジックマッシュルーム(一種のキノコ)のように、かつては禁止されていなかったが、幻覚作用を引き起こすことが分かって今は規制されています。新しい脱法ドラッグが次々現れるのに、規制が追いついていないのです…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

沖縄県民斯く戦へり

  • 2009/06/23(火) 14:22:07

 意見広告 (本日4面より)

 6月23日は、沖縄県民にとって「慰霊の日」である。
64年前のこの日、約20万人の尊い命を捧げた沖縄戦が、事実上終結した日である。沖縄戦で、旧日本軍は沖縄県民と共に、米軍と最後まで戦った。

旧日本軍には沖縄県民の事への配慮が全くなかったとの問違った風説があるが、死に臨んでなお、県民の前途を心配してくれたのである。その様子は、海軍沖縄方面根拠地隊司令官、
太田実少将(当時)が昭和20年6月6日夜に海軍司令部壕から海軍次官に
打電した電文に記されている。
ここにその全文(現代文)を掲載し、英霊たちに感謝と敬意を捧げたい。


「沖縄県民かく戦えり。後世、格別のご配慮を乞う」


 沖縄県民の実状に関しては、県知事より報告せらるべきも、県にはすでに通信カなく、第三十二軍指令部又通信の余カなしと認めらるるに付、本職、県知事の依頼を受けたるにあらざれども、現状を看過するに忍びず、之に代って緊急御通知申し上ぐ。

沖縄島に敵攻略を開始以来、陸海軍方面とも防衛戦闘に専念し、県民に関しては殆んど顧みるに暇なかりき。然れども、本職の知れる範囲においては、県民は、青壮年の全部を防衛召集に捧げ、残る老幼婦女子のみが、相次ぐ砲爆撃に家屋と財産の全部を焼却せられ、わずかに身をもって、軍の作戦に差し支えなき場所の小防空壕に避難、尚爆撃下(…不明)、風雨にさらされつつ乏しき生活に甘んじありたり。

しかも若き婦人は率先軍に身をささげ、看護婦、炊事婦はもとより、砲弾運び、挺身斬込隊すら申出る者あり。所詮、敵来りなば老人子供は殺さるべく婦女子は後方に運ぴ去られて毒牙に供せらるべしとて、親子生き別れ、娘を軍営門に捨つる親あり。

看護婦に至りては。軍移動に際し、衛生兵すでに出発し、身よりなき重傷者を助けて(…不明)、真面目にして一時の感情にはせられたるものとは思はれず。更に軍において作戦の大転換あるや、自給自足、夜の中にはるかに遠隔地方の住民地区を指定せられ、輸送力皆無の者、黙々として雨中を移動するあり。

之を要するに、陸海軍沖縄に進駐以来、終始一貫、物質節約を強要せられて、ご奉公の(…不明)を胸に抱きつつ遂に(…不明)ことなくして、本戦闘の末期と沖縄島は実状形(不明)一木一車焦土と化せん。糧食六月一杯を支ふるのみなりと謂ふ。沖縄県民かく戦えり。
県民に対し後世格別の御高配を賜らんことを。

 打電を終え、大田実海軍少将はその1週間後の6月13日、現場で自決した。享年54歳。
豊見城市にある戦後修復された旧海軍司令部壕の司令官室の白壁には、
   「大君の御はたのもとに死してこそ人と生まれし甲斐ぞありけり」
という大田中将(戦後)の愛唱歌が当時のまま残されている。

 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

                    平成21年6月23日
                             国旗国歌推進沖縄県民会議
                              会長 恵 忠久 他 役員一同

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

小泉クサいぞ幸福実現党

  • 2009/06/22(月) 15:48:47

 別に幸福さんにうらみがあるわけではないですし、国防に関しては、むしろ良いこと言ってるんじゃないかなと思うのですが、やっぱり皇室は大切にしないとな〜と感じてしまうのが、彼らの提案する「新・日本国憲法」です。 


←左は、6/21(日)付読売新聞朝刊に載った全面広告。



第十四条
 天皇制その他の文化的伝統は尊重する。しかし、その権能、及び内容は、行政、立法、司法の三権の独立をそこなわない範囲で、法律でこれを定める。


 天皇家あるいは皇室は、単なる文化的伝統でもなければ制度でもありません。国家の祭祀を司る祭司長であり、国の平和と国民の安寧を常に願っておられる父母(親)のような存在です。
 信仰や宗教は確かに大切なことでしょうし、その理念を政治に生かそうというのも決して悪いことではないと思います。

 しかし、日本には、この世界に誇る万世一系の天皇室という存在があります。それをないがしろにするような宗教は日本人の宗教ではありません。外国人の宗教です。

そしてこれ、

第三条
 行政は、国民投票による大統領制により執行される。大統領の選出法及び任期は、法律によってこれを定める。


いつぞやの首相もこれをやろうとしていたように記憶しています。

皇室を排除し、大統領制にし、そして、

◆海外からの移民を積極的に受け入れます。
 在住外国人が日本語を習得する機会を増やすなど、外国人がすみやすい街づくりを行います。外国人の帰化を積極的に進めます。相続税の廃止で、海外の富裕層が日本に移り住むよう促します。
これらの人口増加策によって、人口3億人と、GDP(国内総生産)世界一を実現し、財政や年金の危機を克服します。


この国をどうしようというのでしょうか?外国人のための国づくりをする国家など聞いたことがありません。3億人もの人間をどうやって住まわそうというのでしょうか?しかも大量の外国人とともに…。ただでさえ殺人や強盗、麻薬・覚せい剤の売買に加え、密入国、偽装結婚、不法滞在などで大変な状況にあるのに、これ以上外国人犯罪を助長するような環境を作り出すことになにゆえ積極的なのでしょうか?

 思想も信仰も宗教も自由です。どんな主張をしようと他人がとやかく言うことではありません。ですが、国家解体につながるような政策提言は早々に訂正されたほうがよろしいんじゃないでしょうか?と日ごとに増える女性党首のポスターを見ながらついつい突っ込みたくなる今日この頃です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

どう見る北朝鮮の強硬路線

  • 2009/06/20(土) 20:59:29

2009/6/19付 世界日報1面 【連載】より
−どう見る北朝鮮の強硬路線−
  ベクトル米海兵隊大学教授に聞く(中)


3カ月以内にウラン核実験か
 核搭載弾道ミサイルが現実味


 ――北朝鮮が国連安全保障理事会の制裁決議採択に反発し、ウラン濃縮着手を表明した。

 北朝鮮がウラン濃縮計画を公式に認めたのは初めてだ。今後2、3カ月以内に、ウラン型の核実験を行う可能性がある。

 ――北朝鮮は核兵器のミサイル搭載が可能になる小型化に成功しているだろうか。

 私の推測だが、小型化には成功していないように見える。プルトニウム型の核兵器は、ミサイルに搭載するのが非常に難しい。ミサイル搭載可能な小型化を進めるとすれば、プルトニウム型ではなく、ウラン型だろう。

 核計画を放棄したリビアは、500??の核弾頭の設計図を持っていた。500??といえば、北朝鮮の中距離弾道ミサイル・ノドンにぴったり合う。リビアは設計図をパキスタンから手に入れたが、北朝鮮とイランも入手しているとみられる…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

「郵政私物化」疑惑

  • 2009/06/16(火) 12:07:21

 今年も小学校で、プール開き前のヤゴ救出作戦がありまして、今回はアキアカネではなく大型のギンヤンマのヤゴが我が家にやってまいりました。

たしかにデカイ!

成虫になって飛ぶ姿が今から楽しみです。しっかり育てなくっちゃ!


 それでは、本日の記事紹介です。
2009/6/16付 世界日報7面 国内経済【視点】より
鳩山更迭「郵政私物化」疑惑

  与野党バトル 第二幕へ


 日本郵政の西川善文社長の続投をめぐる問題で麻生太郎首相がさる12日、政府・与党内の「小泉・竹中流構造改革路線」支持派の圧力に屈した。「かんぽの宿」の不当廉売未遂疑惑などを総合的に勘案し、同社長の続投を認めないとの意向を強調していた鳩山邦夫総務相(当時)を事実上、罷免したのである。これを受け、国民の貴重で重要な資産であり、かつ完全国有株式会社である日本郵政を“私物化”しようとする疑惑をめぐるバトルが、第2幕に入った。

 鳩山前総務相の罷免に対して、野党の反発・批判は厳しい。代表交代戦略が功を奏して勢いに乗る民主党の鳩山由紀夫代表は、いわゆる「郵政民営化路線」の是非を厳しく追及していくことを明らかにした。

同党の小沢一郎筆頭代表代行も「『郵政民営化』はまやかしだった」と追及。批判の急先鋒である国民新党の長谷川憲正副幹事長(参院議員)も、「家老が『うちの御用商人が悪いことをして腹を肥やしている』と殿様に言ったら、殿様が家老にお前が腹を切れ」と言ったようなものだと酷評している。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む