学力低下と「組合教師」

  • 2009/04/20(月) 14:27:36

 いささか旧聞に属しますが、宗教を悪用するとこうなるという典型的な内容です。

1月21日、イラクで80人以上の女性を自爆テロ犯に仕立て上げ、“信者の母親”として知られている女性、サミラ・ジャサム(51)がイラク警察に逮捕されました。

 サミラの手口はこうです。まず自爆テロの候補になりそうな女性を集め、次に裏で組織している男たちにレイプさせます。イスラム文化圏ではレイプされた女性は死刑、そして家族全体の名誉を汚した存在であるため、その恥をぬぐうためにはアッラーの教えに従い聖戦に参加するしかないと誘導するのです。生きることが恥(そして死刑)になるわけですから、被害者の女性たちはおのずと自爆テロへの道を選びます。

 逮捕されたサミラは罪を認めて自供を始めており、その内容から1つのテロリストの拠点で28の自爆テロの実行があったことが確認されました。サミラはイスラム過激派の1つ、アンサール・アル・スンナに属しているとみられています…(AP通信)


 教育もまさしく一緒で、特に日教組は法律や自分たちの社会的地位を悪用して、特定の政治的イデオロギーを啓蒙することに執心し、日本の教育をダメにしてきました。

 今日から始まったこの連載では、そういう「組合教師」の特権にメスを入れております。


  
2009/4/20付 世界日報1面 【連載】
「組合教師」の特権 (1)
 

 こうして学力は低下した 大分編


 教員不正合格疑惑に端を発し、大分県では教育界での新たな腐敗が次々と表面化してきている。その背景には、積年の構造的癒着があり、これが学力も低下させてきたと言える。なぜ、ここまで事態が放置されてきたのか。また、学力低下の著しい沖縄、北海道での問題点は何か。その原因を探っていく。 (山本 彰)


修学旅行で「福岡から来た」
 生徒−汚職恥じ県名偽る


大分市民が買い物に詰め掛ける老舗デパート「トキハ」では、商品券が贈収賄に使われたイメージダウンの払拭(ふっしょく)に努めている
 JR大分駅前から、北に延びる大分市の目抜き通り。その一等地に老舗デパート「トキハ」がある。大分市民は、街に出掛けることを「トキハに行く」と言う。
 それほどに、市民に親しまれた存在であり、市民の憩いの場でもあった。

 その老舗デパートと市民が醸し出してきた平穏な雰囲気を根底から揺さぶる事件が昨年六月発覚した。同デパートの商品券を大量に使った教員不正合格をめぐる贈収賄事件である…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む