国家に依存し寄生する精神

  • 2009/04/08(水) 20:48:08

 今年はめずらしく桜の開花が遅れ、おかげで入学式が満開のもとで行われました。こういう光景を見るのは久しぶりのような気がします。

お花見の宴会もまだまだいけそうな様子。不景気のなか、せめてもの自然からの慰めに感謝したいと思います。

 (写真は、神田川沿いに咲く桜)


 それでは、本日の記事紹介です。保守派からは何かといちゃもんをつけられ、いまいち理解しがたい評論も出す淳ちゃんですが、今日の記事はいいです。

2009/4/8付 世界日報16面 【ビューポイント】
国家に依存し寄生する精神

 階層の作法を忘れたか
 昔の篤志家らの美風に習え

                東洋学園大学准教授 櫻田 淳



 一昨年夏のサブ・プライム・モーゲージの焦げ付きに端を発した現下の金融危機は、「百年に一度」と評される世界規模の経済危機を招いたけれども、その危機も「最悪期」を脱したという見方が散見されるようになっている。

 現下の経済危機は、小泉純一郎内閣期に加速された構造改革路線への評価に影響を及ぼした。そもそも、構造改革路線の思想上の核は、「国家に依存し、寄生する精神」を退場させることにあった。それは、明治期に福沢諭吉が説いた「一身独立して一国独立す」の大義にも沿うものであったという意味においては、決して1980年代以降の「流行」ではない。

 しかし、経済危機に辛吟する昨今の風景の中では、構造改革路線の「負」の側面が強調されて語られ、「国家に依存し、寄生する精神」が実質上、容認される向きがある。たとえば、経済危機を彩る「派遣村」や「ネットカフェ難民」などの風景が話題になる度に、「何故、国が支援しないのか」という声が上がるのは、その事例であるといえよう…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む