学力低下と「組合教師」

  • 2009/04/20(月) 14:27:36

 いささか旧聞に属しますが、宗教を悪用するとこうなるという典型的な内容です。

1月21日、イラクで80人以上の女性を自爆テロ犯に仕立て上げ、“信者の母親”として知られている女性、サミラ・ジャサム(51)がイラク警察に逮捕されました。

 サミラの手口はこうです。まず自爆テロの候補になりそうな女性を集め、次に裏で組織している男たちにレイプさせます。イスラム文化圏ではレイプされた女性は死刑、そして家族全体の名誉を汚した存在であるため、その恥をぬぐうためにはアッラーの教えに従い聖戦に参加するしかないと誘導するのです。生きることが恥(そして死刑)になるわけですから、被害者の女性たちはおのずと自爆テロへの道を選びます。

 逮捕されたサミラは罪を認めて自供を始めており、その内容から1つのテロリストの拠点で28の自爆テロの実行があったことが確認されました。サミラはイスラム過激派の1つ、アンサール・アル・スンナに属しているとみられています…(AP通信)


 教育もまさしく一緒で、特に日教組は法律や自分たちの社会的地位を悪用して、特定の政治的イデオロギーを啓蒙することに執心し、日本の教育をダメにしてきました。

 今日から始まったこの連載では、そういう「組合教師」の特権にメスを入れております。


  
2009/4/20付 世界日報1面 【連載】
「組合教師」の特権 (1)
 

 こうして学力は低下した 大分編


 教員不正合格疑惑に端を発し、大分県では教育界での新たな腐敗が次々と表面化してきている。その背景には、積年の構造的癒着があり、これが学力も低下させてきたと言える。なぜ、ここまで事態が放置されてきたのか。また、学力低下の著しい沖縄、北海道での問題点は何か。その原因を探っていく。 (山本 彰)


修学旅行で「福岡から来た」
 生徒−汚職恥じ県名偽る


大分市民が買い物に詰め掛ける老舗デパート「トキハ」では、商品券が贈収賄に使われたイメージダウンの払拭(ふっしょく)に努めている
 JR大分駅前から、北に延びる大分市の目抜き通り。その一等地に老舗デパート「トキハ」がある。大分市民は、街に出掛けることを「トキハに行く」と言う。
 それほどに、市民に親しまれた存在であり、市民の憩いの場でもあった。

 その老舗デパートと市民が醸し出してきた平穏な雰囲気を根底から揺さぶる事件が昨年六月発覚した。同デパートの商品券を大量に使った教員不正合格をめぐる贈収賄事件である…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

東京弁護士会が露骨な「警告書」

  • 2009/04/14(火) 14:21:15

 在日特権を許さない市民の会のこの主張は正論だと思いますがいかがでしょうか?

 賛否両論があることは承知しておりますが、何より外国人犯罪によって多くの日本国民が傷つき時には命を失い、しかも警察庁の白書で「不法残留者が凶悪犯罪を起こす率が年々増加している」と指摘されている中で、なぜ法を犯した外国人を国民の生命と財産を危険にさらしてまで日本が受け入れなければならないのか? と私たちは問題提起します。

この件で何人かの左翼が桜井(在特会代表)に連絡をしてきたので、次のように問いかけましたが彼らは何らとしてまともに答えることはできませんでした。

「フィリピン政府が自国民であるカルデロン一家を受け入れると言っているのに、どうしてあなたたちは家族3人が仲良くフィリピンで生活できるようにサポートしようとしないのか? 」

「結果的にこの親子を引き裂いたのは支援を謳っているあなたたち左翼ではないのか? 」

「主権国家たるフィリピンに子供を返すのは人道に反するという主張は、結局フィリピンを差別していることに他ならないのではないか? 」


 左翼関係者のやることは、弱者救済の美名の下、彼らを利用して自らの政治主張を押し通すことです。大本の思想であるマルクス・レーニン主義が間違っているわけですから、結局そこから導き出される行動は間違ったものにならざるをえないわけであります。
 
 以下の記事内容もそんな流れの中にあるものです。


 2009/4/14付 世界日報1面 【特報】
東京弁護士会が露骨な「警告書」
    七生養護学校の行き過ぎた性教育


 都教委と3都議を批判 「からだうた」など擁護
 「これこそ不当な支配」と都議/3月半ばの東京地裁判決と酷似


 都立七生養護学校(東京・日野市)の性教育をめぐる訴訟の判決が、3月半ば、東京地裁で下されたが、その約4年前、東京弁護士会(岩井重一会長=当時)は、同校の性教育についてまとめた「警告書」を発行した。その中で、都教委と三都議を非難するとともに、同校の性教育を徹底的に擁護するなど、両者の内容は酷似。このため被告の1人、古賀俊昭都議は「論立てがそっくり」と語るなど、疑問の声が出ている。   (山本 彰)

 この「警告書」は、東京弁護士会が2004年1月、山田洋次氏(映画監督)、小山内美江子(脚本家)らによる人権救済の申し立てを受け、取り掛かったもの。

 七生養護学校での出来事を調査し、その結果、都教委に重大な人権侵害行為があったとし、05年1月、都教委の横山洋吉教育長(当時)あてに文書で通告した。警告書は申立人の数を、8,125人と記述し、「ジェンダーフリー」の論客、上野千鶴子東大教授の名前も入っている。

 申立人が都教委の人権侵害の事実調査を依頼していたため、「警告書」は、行政側が随時出してきた「性教育についての考え方、進め方」(文科省)や「性教育の手引き」(都教委)の内容を整理し、その内容と同校が使っていた教材とを比較検討。

 その結果、七生養護学校の性教育は、こうした方針に添ったものと弁護し、「学習指導要領から逸脱している」(都教委)との批判に対しても、学習指導要領は大綱を示しているにすぎない上、知的障害児の教育を行う七生養護学校の教育は、そうした障害のある子供でも理解可能な具体的教材が求められていた、としている…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

またアサヒる朝日

  • 2009/04/12(日) 13:40:29

対局中の羽生名人に記者がサイン求める 厳重注意
                    (4月10日21時26分配信 産経新聞)

 将棋の羽生善治名人(38)に郷田真隆九段(38)が挑戦する「第67期名人戦」(朝日新聞社など主催)で10日、朝日新聞の委託を受けて観戦記者として立ち会っていたフリー記者(75)が、対局中の羽生名人にサインを求めるトラブルがあった。同社は記者に口頭で厳重注意するとともに、対局終了を待って羽生、郷田両氏や共催の毎日新聞社など関係者に陳謝する。

 同社によると、トラブルがあったのは名人戦第1局2日目の10日午前9時45分ごろ、羽生名人が自らの手番で44手目を考慮中、記録係と並んでいた記者が白い扇子とペンを取り出し、羽生名人にサインをするよう求めた。

 羽生名人は対局を中断する形でサインに応じ、頭をかく仕草をしながら盤面に目を戻した。この間、郷田9段は水を飲むなどして様子を見守った。

 この様子はNHKが中継しており、実況担当者が「今、何か書いているようですけれども…」と当惑しながらその様子を伝えた。

 問題の記者は昭和51年から平成11年まで、朝日新聞社の嘱託記者として取材活動を行い、この日は同社の委託を受けて取材にあたっていた。

 休憩時間に担当者が、問題の記者に「対局中に声をかけるような行動は慎んでほしい」と注意したところ「郷田さんの手番だと思っていた。うかつだった」と釈明したという。朝日新聞社は「両対局者はもちろんのこと、主催する名人戦実行委員会のほか、関係者にご迷惑をおかけしたことを深くお詫びします」とコメントしている。


また朝日新聞がやってくれました。常識からいってもありえない話です。
しかも言い訳がまたふるってます。

    曰く「郷田さんの手番だと思っていた。うかつだった

どちらの手番だろうと、思考の真剣勝負の最中に声をかけサインを求めるなど言語道断。一体自分が何様のつもりだと思っているのでしょうか?

どうも朝日というところは権力批判をする割には、自分自身には権威があると錯覚し、あまつさえそれを権力として振りかざすという体質があります。

 今回の事件もそんな傲慢さが生み出したものと言えるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

国家に依存し寄生する精神

  • 2009/04/08(水) 20:48:08

 今年はめずらしく桜の開花が遅れ、おかげで入学式が満開のもとで行われました。こういう光景を見るのは久しぶりのような気がします。

お花見の宴会もまだまだいけそうな様子。不景気のなか、せめてもの自然からの慰めに感謝したいと思います。

 (写真は、神田川沿いに咲く桜)


 それでは、本日の記事紹介です。保守派からは何かといちゃもんをつけられ、いまいち理解しがたい評論も出す淳ちゃんですが、今日の記事はいいです。

2009/4/8付 世界日報16面 【ビューポイント】
国家に依存し寄生する精神

 階層の作法を忘れたか
 昔の篤志家らの美風に習え

                東洋学園大学准教授 櫻田 淳



 一昨年夏のサブ・プライム・モーゲージの焦げ付きに端を発した現下の金融危機は、「百年に一度」と評される世界規模の経済危機を招いたけれども、その危機も「最悪期」を脱したという見方が散見されるようになっている。

 現下の経済危機は、小泉純一郎内閣期に加速された構造改革路線への評価に影響を及ぼした。そもそも、構造改革路線の思想上の核は、「国家に依存し、寄生する精神」を退場させることにあった。それは、明治期に福沢諭吉が説いた「一身独立して一国独立す」の大義にも沿うものであったという意味においては、決して1980年代以降の「流行」ではない。

 しかし、経済危機に辛吟する昨今の風景の中では、構造改革路線の「負」の側面が強調されて語られ、「国家に依存し、寄生する精神」が実質上、容認される向きがある。たとえば、経済危機を彩る「派遣村」や「ネットカフェ難民」などの風景が話題になる度に、「何故、国が支援しないのか」という声が上がるのは、その事例であるといえよう…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

トキワ荘のヒーローたち

  • 2009/04/05(日) 18:14:09

 かつて椎名町と呼ばれたここ南長崎には、今や伝説となった漫画家たちの聖地「トキワ荘」がありました。
この度地元町会と商店会ならびに豊島区が協力して、その跡地近くの公園に記念碑が建てられ、4/4(土)に除幕式が盛大に行われました。





鈴木伸一先生






 水野英子先生          





よこたとくお先生

 来賓の先生方が、口々におっしゃられていたのは、かつては悪書の代表だった漫画が、現在ではむしろ文化のひとつと呼ばれるようになったことに感慨深いものを感じるということでした。本当に時代の流れというのはわからないものです。
 
会場の様子


当日限定発売の記念品







 小池さんのラーメンで有名な中華松葉と当日行われたスタンプラリー




 直筆の似顔絵






 でもさすがの漫画家の先生たちも、まさか自分たちの住んでいたトキワ荘の記念碑ができるなんて夢にも思わなかったことでしょう。漫画のような本当の出来事でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る