「普通の国」に近づく米国

  • 2009/03/30(月) 22:07:09

 いよいよ4/4(土)、地元南長崎におきまして、トキワ荘記念碑「トキワ荘のヒーローたち」の除幕式が行われます。これは、豊島区と地元商店街がタイアップして行われるイベントで、豊島区としては文化・観光資源としてのアピールを、地元においては新しい町づくりの起爆剤とするべく行われる内容です。

 当日は、鈴木伸一先生、よこたとくお先生、水野英子先生(といっても私は全然知らない方たちばかりですが…)をはじめトキワ荘に縁の深い先生方、プロダクション関係の方々が出席される予定で、特に水野英子先生は、オリジナルグッズの販売の予定です。また、宝塚の手塚治虫記念館でしか手に入らないクリアファイル、下敷き、ノートなども特別に販売するそうです。



   水野英子先生デザイン・オリジナルキーホルダー
   1個500円(税込み)売り切れ御免の限定300個だそうです


日時:平成21年4月4日(土)
    午前11時〜15時
場所:南長崎花咲公園(豊島区南長崎3-9-22)




 それでは、本日の記事紹介です。

2009/3/30付 世界日報16面 【ビューポイント】
「普通の国」に近づく米国

 多極時代の利害調整を
       福井大学教授 小林 道憲



 カルタゴやセレウコス朝のシリア、プトレマイオス朝のエジプトを次々と滅ぼし、もはや地中海世界に敵のいなくなった古代ローマは、紀元前27年に帝政に移行、ローマ帝国による地中海世界の一極支配が始まった。

その後も版図の拡大は続き、地中海世界の各地から、物、金、人が続々とローマ市に流入、ローマは繁栄を極めた。人々は、これをパクス・ロマーナ(ローマによる平和)と言い、繁栄を謳歌したのである。

ところが、紀元後117年、ハドリアヌス帝の治世にローマの版図は拡大を停止、地中海世界からの戦利品や税金の大量流入が止まり、帝国の経済は縮小に向かっていった。ローマの衰退は、この頃から始まったと言えよう。帝政ローマが成立してから、144年後ということになる。

 翻って、今日の世界史の現在はどうであろうか。20世紀、アメリカがドイツ・日本・ソ連を滅ぼし、世界の一極支配に入ったかのように見えたのは、1991年のソ連の崩壊からであった…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

祝!WBC日本連覇!その2

  • 2009/03/27(金) 21:58:01

 先日は、PTAとして地元の中学校と小学校の卒業式に連続して参加してまいりました。卒業式というものに参加したのは何十年ぶりでしょうか?今度は送る側ではありましたが、やはりなかなか感動的なものであります。

これからこの国の未来を背負っていく子どもたちの門出のひととき。夢と希望を与えられる大人でありたいと思わされた瞬間でもありました。


 それでは、本日の記事紹介です。WBC第2弾です。
2009/3/27付 世界日報16面 【メディアウォッチ】
WBC日韓戦イチローの起死回生を
       原監督との関係から描いた文春


身内の陰口拾う新潮


 延長10回表2死2、3塁。バッター、イチロー。林昌勇の放った8球目のシンカーを振り抜くと、打球はピッチャーの頭上を越えてセンター前にタイムリーヒット。走者2人がホームを踏んで決勝点を挙げた。

 米ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われた第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)決勝戦の日韓対決。このシーンは原辰徳監督でなくとも、忘れられない一打となって記憶に刻み込まれたことだろう。

 イチローの長く苦しい“痛み”からの脱出であり、勝ち続けてはきたものの、日本代表チームの頭上に重くたれ込めていたモヤモヤを吹き飛ばし、最後の最後になって、最高の歓喜をもたらした瞬間だった。

 第1回WBCからイチローを「ヒール」として執拗に攻撃してきた韓国メディアは「戦犯から英雄に」と書いた。そう認めざるを得ないヒットだったからだ。

 前回「向こう30年は日本に手は出せないな、という感じで勝ちたい」というイチローの一言で、韓国は猛烈な対抗心を燃やし、打倒日本の原動力に変えた。イチローは韓国を併合した伊藤博文にも並ぶ悪役にされてしまった。今回、投手・奉重根は伊藤を暗殺した安重根と名前が同じことから、「義士・重根」と呼ばれ、イチローを屠ることが期待されていた。そして今回のイチローの不調である。まさに切所に立っていたのである…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

祝!WBC日本連覇!

  • 2009/03/24(火) 17:10:33

WBC=日本が連覇達成、韓国を5─3で下す

◇イチロー選手の談話 
 ありがとうございます。いやーもう、苦しいところから始まって、苦しさからつらさになって、つらさを超えたら心の痛みになった。最後は笑顔になれた。最後の打席では神が降りてきましたね。自分(の心の中)で実況しながら打席に入った。一つ壁を越えた。 
 (3月24日15時34分配信 毎日新聞)

 【ロサンゼルス 23日 ロイター】 野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は23日、当地のドジャースタジアムで決勝を行い、日本が韓国を延長戦の末、5―3で破り、2大会連続で優勝した。
 日本は今大会で韓国と5回対戦。1次ラウンドに14―2で7回コールド勝ちした後は0―1、1─4と連敗し、2次ラウンド1組1位決定戦で6─2と勝利。勝敗の上では2勝2敗の5分で決勝を迎えていた。

 先攻の日本は初回、1番イチローがセンター前にヒットを放つと、2番中島の犠打で2塁に進塁。2アウトから4番に入った城島は四球を選んだが、5番の小笠原が内野ゴロに倒れ先制点はならなかった。

 一方、韓国はその裏の攻撃で日本の先発ピッチャー岩隈の前に3者凡退した。

 試合が動いたのは3回。1アウト1、3塁で小笠原がライト前にタイムリーヒットを放ち、日本が1点を先制。続く満塁に栗原の併殺打で追加点のチャンスを逃した日本だったが、岩隈がその裏も3者凡退に抑え、韓国に反撃を許さなかった。

 岩隈は5回裏、ソロホームランを打たれて同点に追いつかれるが、内川の好返球にも助けられて後続を抑えた。

 その後、日本は7回、盗塁を決めた片岡を2塁に置き、イチローが絶妙なセーフティバントでノーアウト1、3塁のチャンス。ここで中島が勝ち越しのタイムリーヒットを打って1点を追加。8回には岩村の犠牲フライでリードを2点差に広げた。

 韓国は8回裏、それまで打ちあぐねていた岩隈からヒットと犠牲フライで1点を返した。さらに四球のランナーを1塁に置いた場面で日本は投手交代。2番手で登場した杉内が後続を抑え、3─2で最終回を迎えた。岩隈は結局、8回途中まで投げて被安打4の好投。

 9回裏は前日の準決勝に続いてダルビッシュが登場。2アウト1、2塁となった場面でレフト前にタイムリーヒットを打たれ、同点に追いつかれた。

 試合は延長10回、日本がヒットで出た内川と岩村を塁上に置き、イチローが値千金の2点タイムリーヒット。その裏はダルビッシュがランナーを背負いながらも最後の打者を三振に打ち取り、日本が5─3で韓国に勝利した。

2009/03/24 14:46


 いや〜スッとしました。これで負けたらあやつらゴーマンかますだけですから。そのうち判定がどうのこうの言いかねせんが(スケートでごねてるように)、一切無視しましょう!

 侍ジャパンおめでとう!!

 今日はなぜか3本目の更新です…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

判決を歪曲する朝日新聞

  • 2009/03/24(火) 12:55:29


 今どきすごいポスターを見つけました。(いまだから…?)

いくらなんでももうこれはないだろうと思うのですが、作っちゃったからということなんでしょうね。

 皆さんそれぞれにお感じになっていただければと思います。




 それでは、本日の記事紹介です。
2009/3/24付 世界日報16面 【メディアウォッチ】
性教育判決で「不当支配」否定した
      部分から指導徹底を言うべき朝日


錯覚促す朝日見出し


 都立七生養護学校では性器の付いた人形や注射器付き射精キットなどを教材に性教育を行い、保護者から「過激過ぎる」との声が出た。それで都議らが議会で質問、同校を視察し教員らを批判、都教委は教材を回収、教員を厳重注意し人事異動の措置を取った。また視察を同行取材した産経が「過激性教育」と報じた。これに対して教員らが「教育の自由権」を侵害されたとして賠償請求と教材返還などを求めて訴訟を起こした――。

 これが七生養護学校での性教育問題をめぐる経緯だが、東京地裁は12日、この訴えの一部を認め、都議3人と都教委に損害賠償を命じた。この判決の新聞論評は昨日の本欄に詳しい。いささか重複するが、続編として読んでもらえるとありがたい。

 「性教育 学校視察し批判 都議の『不当な支配』」――こんな見出しを躍らせたのは、朝日13日付朝刊の社会面トップだった。朝日は判決を鬼の首を取ったかのように報じ、14日付社説では「創意つぶす『不当な支配』」とし、紙面は「不当な支配を許すな」のシュプレヒコールを思わせた。これでは判決が都議らの性教育批判すべてを「不当な支配」と断じたと錯覚した読者も少なくないだろう…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

対中輸出規制緩和の危険性

  • 2009/03/24(火) 12:19:15

 世界日報のホームページ上でも見れますが、重要な記事なのでアップしました。オバマ民主党政権の危うさが垣間見えてきたようです。

2009/3/23付 世界日報1面 【特報】

対中輸出規制緩和の危険性
オバマ米政権 中国系を商務長官に起用

軍事転用可能技術の流出も
 オバマ米政権の商務長官に中国系のゲーリー・ロック前ワシントン州知事(59)が起用されたことをめぐり、安全保障上の懸念が浮上している。商務省は軍事転用可能な民生品や技術の輸出管理規制を管轄する機関。そのトップに昨年の北京五輪で聖火ランナーを務めるなど、中国と密接な関係を持つロック氏が起用されたことで、対中輸出規制の緩和が進み、米国のハイテク製品・技術が中国で軍事転用される危険性が指摘されている。

(ワシントン・早川俊行)


 次期商務長官にはロック氏の前に、リチャードソン・ニューメキシコ州知事、グレッグ上院議員が指名されたが、いずれも辞退。商務長官の人選はオバマ政権の「鬼門」になっていたが、ロック氏の人事は上院で承認される見通しだ。

 ロック氏は1996年のワシントン州知事選で初当選。中国系の知事は全米初で、2005年まで2期務めた。

 ロック氏の商務長官起用に際してセールスポイントになったのが、中国政府要人との緊密なコネクションだ…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む