いつか来た道

  • 2009/02/27(金) 23:21:21

 昨日は、ワールド・フォーラム(代表幹事:佐宗邦皇)という団体の定例講演会に参加してまいりました。政治評論家の森田実氏と「王道日本」というシンクタンクの代表佐野雄二氏という2人の講師によるダブルヘッダーの講演でした。 森田氏は、
世界のプレスのアジア支局が日本から中国へ皆移ってしまった現状を紹介しながら、世界の目は米国よりもむしろ日本発の世界崩壊の危機を懸念していることを示唆。
さらに、中川大臣の記者会見の模様が全世界を駆け巡ったことで、「日本はこれで終った」と見られていると厳しい指摘をされました。

 小泉政権による郵政民営化批判とさらには電通批判を行ったことで、現在メディアからは仕事がこなくなったと自嘲気味に語っておられましたが、第4権力=マスコミと第5権力=外資によって、本当に日本は操られていると感じます。
もっとも信念を持った気骨ある政治家がいなくなってしまった事が、この国を一番ダメにしている原因でありまして、小沢民主党がいまだに次期政権政党としての正式な公約・政策発表もせずに、ただ敵失で転がり込んでくる政権の座を待っている姿勢は、小選挙区による2大政党制を唱えてきた人間として国民をないがしろにしているのみならず、じつにアメリカの言いなりになって自衛隊のアフガン派兵・武力行使を目論んでいるという聞き捨てならない情報を披瀝されました。
 また「王道日本」を主宰する佐野雄二氏は、昨年の11月に行われたG20における世界的な財政出動決議にも関わらず、日本においては小泉内閣以来の緊縮財政予算にいまだにとらわれ、景気が回復せずにどんどん地方が疲弊していることを指摘。また、地球環境と資源の存続のために、GDP中心の経済からの脱却を唱えておられました。

 お二方の講演を聴きながら、まさしく今の経済の状況は、いつか来た道をまた歩むことになりかねない危険性を多分にはらんでいる事を痛感いたしました。


 それでは、本日の記事紹介です。 

2009/2/27付 世界日報16面 【ビューポイント】
“第三次大戦”前夜の世界

  経済危機と保護主義化

                  国際問題評論家 盒供\


 昨秋、米国を震源地とする「100年に1度の経済危機」が世界を襲う前、イラク・アフガニスタンでの米国の躓きとロシアの復活、中国の台頭で、この調子では早晩、米国の一極支配は終わり、冷戦が復活するのではということがしきりに言われた。

確かに、昨秋の経済危機発生まで、ロシアは原燃料の世界的高騰の波に乗り、中国は超高度経済成長によって、欧米や日本の経済的覇権に挑戦してきたばかりでなく、余勢を駆って軍事力の拡充や行使でも米国の覇権に挑戦してきた。

一、二、例を挙げれば、中国は世界の北京五輪ボイコットの恐れも省みることなくチベット弾圧を強行したし、ロシアは南オセチアやアブハジアの分離独立阻止のために出兵したグルジアに対して公然と武力を行使、両地域を独立させて親露政権を拵えたが、米欧はなす術も無かった。昨年来のこの「押せ押せムード」は世界経済危機発生後も止んでいない。

 とは言え、米国の覇権に対するこの種の挑戦を即「冷戦の復活」と断ずるには無理がある。何故なら「冷戦」とは何よりもまず、「自由民主主義」対「共産主義」のイデオロギー対立であったが、ソ連は疾うに共産主義を放棄してロシアになってしまい、中国もまた、政治的には「一党独裁」だが、経済的には市場経済化し、「社会主義イデオロギー」は「中華民族主義」に取って代わられた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む