韓国人の礼儀と無礼と

  • 2009/02/06(金) 11:46:12

 今月の6日早朝のことになりますが、早稲田通り沿いで火事がありました。どうやら火元は写真のラーメン屋のようです。
このラーメン屋、じつは去年だったか一昨年だったか、目白に店を構えていたときにもたしか火事を起こしております。
これは単なる偶然でしょうか?もし偶然だとしたら、ここの店長は防火管理に対して、全く気を使ってないということになるでしょう。
通りが一時全面通行止めになり、通勤・通学にも影響がでてましたし、私も危うく配達が遠回りになるところでした。
 意図的なものは全くなかったと信じたいところです。


 それでは、本日の記事紹介です。朝鮮半島問題に詳しい編集委員の岩崎記者の
オピニオン記事です。韓国人気質の分析がおもしろいです。
「東方無礼の国」
 

  「礼義」喪失に慨嘆の声


 韓国の保守系新聞・朝鮮日報の名物コラムニストで特別顧問の金大中氏(元大統領とは別人)がウィークリー朝鮮(1月12日号)に「東方無礼之国」というコラムを書いている。

 チェーンソーやハンマーまで飛び交った最近の乱闘国会にとどまらず、交通マナー、公衆道徳、日常生活での人々の振る舞いに至るまで、かつて中国の歴史書「東夷列伝」で「東方礼義之国」とたたえられた姿は、今の韓国のどこにもないと嘆いているのだ。

 韓国人は「礼儀正しく」「親切」で「勤勉」であることを誇りにしている。だが、韓国を訪れてみて、どこが礼儀正しいのか首をひねりたくなる経験をした外国人は少なくない。交通ルール、電車の乗り降り、ドアの出入り、道でのすれ違い、列への割り込み、店員の不作法、大声、ケンカなど、およそ、まさに観光客の目に付く場面で、韓国人の不作法に出会うことが多いからだ…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む