コミンテルン謀略史論争

  • 2009/01/29(木) 09:38:11

 久々に更新します。
 今月の初めになりますが、何気なく空を見上げると、青空のなか大きな雲の十字架が現われてました。「使徒襲来か!?」などと1人で訳の分からないツッコミを入れてましたが、それぐらい不思議な光景でした。
 それにしても神秘的なこの自然現象…。何かの前触れでしょうか!?


 それでは、本日の記事紹介です。
田母神論文がきっかけとなって、熱い論争が巻き起こっております。これを気に、今までの自虐史観が大きく転換され、この国の歴史観が正常に戻る事を切に望んでおります。

2009/01/29付 世界日報11面 【論壇時評】より
コミンテルン謀略史論争
                   
 火を付けた「田母神論文」
                       【編集委員 森田 清策】

擁護の中西、渡部氏に秦氏が反論


 「田母神論文」が波紋を広げ、同論文の擁護派と批判派によるコミンテルン陰謀史論争に発展している。わが国が太平洋戦争に突入する過程で、コミンテルンや中国共産党による陰謀、そして米国による罠があったのかどうか、という論壇での論争だが、それだけ終戦までの昭和史には、まだ解明されない謎が多いということだろう。昭和の史実に近づくのなら、田母神論文が火を付けた論争は歓迎すべきものだ。

 「日本は侵略国家であったか」と題した田母神論文は、満州事変につながった張作霖列車爆殺事件(1928年)はコミンテルン、日中戦争のきっかけとなった慮溝橋事件(1937年)は中国共産党による謀略だったという説や証言を紹介。また、真珠湾攻撃も「ルーズベルトの仕掛けた罠」にはまったもので、その背後にはコミンテルンのスパイ、ハリー・ホワイトらの工作があったと指摘している。それを裏付ける史料としてコミンテルンと、米国にいたエージェントとの交信記録をまとめた「ヴェノナファイル」を挙げている。

 これが論争に発展したのは、田母神氏の航空幕僚長更迭のあと、現代史家の秦郁彦氏が週刊新潮の取材に応じ、コミンテルンなどによる謀略説を全面的に否定したからだ。「たとえば張作霖爆殺事件は、関東軍の高級参謀・河本大作大佐によるものだったということが史実として確定しています」、真珠湾攻撃がルーズベルトの罠だったという説も「学問的には、誰も認めていません」(同誌2008年11月13日号)と一蹴した。

 この秦氏のコメントを批判したのは、田母神氏を擁護する中西輝政・京都大学教授と渡部昇一・上智大学名誉教授。両氏は「WiLL」1月号に、それぞれ「田母神論文の歴史的意義」と「『村山談話』は『外務省談話』だ」と題した論考を寄せたが、その論考に対して、今度は秦氏が同誌2月号に「陰謀史観のトリックを暴く」を掲載し、中西、渡部両氏に反論するという形で、論争は進んでいる…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

「敵兵を全員救助せよ!」

  • 2009/01/04(日) 14:03:55

 皇紀2669年 平成21年 
明けましておめでとうございます。
昨年は、多くの方にご訪問いただきましてありがとうございました。
本年も良い記事・情報を提供して参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 今回は、戦争秘話です。
 ジャワ島沖で艦艇が撃沈され海に投げだされて丸1日漂流していた英国海軍の士官・兵士ら422人が、通りかかった旧日本海軍駆逐艦によって救助されたという美談です。証言したのは、元英国海軍中尉サムエル・フォール氏で、命の恩人を訪ねて12月に来日、墓前で66年ぶりの「再会」を果たしました

サンデー世界日報 2009.1.4号より
 「旧日本海軍に武士道を見た」
元英軍中尉、戦争秘話明かす
 故工藤艦長は命の恩人

 死ぬ前に直接お礼を言いたかった――。第2次世界大戦中に旧日本海軍駆逐艦の乗組員によって命を助けられた元英国海軍中尉サムエル・フォール氏(89)がこのほど来日し、救助を指揮した元艦長の墓を訪れて66年ぶりの「再会」を果たした。戦後、外交官として成功した人生を送りながらも、一貫して「旧日本軍の武士道によって命を救われた」と公言する同氏の体験談は、偏った戦後教育の弊害によって否定的に見られがちな旧日本軍の名誉回復と、海外の対日理解の促進に貢献している。<<UPI・小正路博之>>

丸1日漂流の極限で


 1942年3月1日、ジャワ島のスラバヤ沖で英重巡洋艦エクゼターと駆逐艦エンカウンターが旧日本海軍に相次いで撃沈され、約450人の英海軍将兵が海に投げ出された。

 赤道下の暑さと渇きに加え、サメに襲われる恐怖の中で丸1日漂流し、極限状態に達していた時に、たまたま通りかかった旧日本海軍駆逐艦「雷(いかづち)」に発見された。敵の潜水艦から攻撃を受ける可能性があったにもかかわらず、 「敵兵を全員救助せよ」という英断を下したのが、雷の艦長、故工藤俊作中佐だった…

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む