“台湾農業の恩人”八田與一を描くアニメ映画『パッテンライ!!』

  • 2008/12/23(火) 12:33:22

 久々に更新します。
  イラク人記者が、記者会見でブッシュ大統領に靴を投げつけた事件をパロッたゲームがインターネット上で人気となっているようです。
 ゲーム名は「sock and awe」 (靴下と恐怖)。2003年のイラク開戦直後、米英軍がとった「shock and awe」(衝撃と恐怖)という作戦をもじっているそうです。

 それにしても米国という国は、その大国としての身勝手さゆえにいつも最後は嫌われますね。日本ぐらいでしょう、卑屈なまでに従順な国は…。もうそろそろ一人立ちしてもいいんじゃないかと思うんですがねえ…?


 それでは、本日の記事紹介です。やはり戦前の日本人は立派でした。

2008/12/23付 世界日報11面 【文化】欄より 
“台湾農業の恩人”八田與一を描く 
長編アニメ映画『パッテンライ!!』
 

 “真の国際人”の在り方示す

出身地・金沢での先行上映に1万人

 金沢出身の土木技師・八田與一をテーマにした長編アニメ映画『パッテンライ!!〜南の島の水ものがたり』が年明けから全国で上映される。地元金沢では一カ月間、先行上映され、期間中1万人を超える観客が詰めかけた。「久しぶりに家族で鑑賞できる素晴らしい映画です」「戦争中、台湾の農業に尽くした日本人がいたことに感動しました」など、大きな反響を呼んでいる。

 八田與一(1886−1942年)は金沢の第四高等学校から東京帝大土木科に進み、卒業後、日本統治下の台湾に渡って台湾総督府の土木技師となった。八田が取り組んだのは、台湾・西南部の嘉南平原だが、ここは旱魃、塩害、洪水の三重苦に悩まされ、文字通り“不毛の大地”だった。

 ここを農地に変えるため、長さ約1.3?に及ぶ烏山頭ダムと総延長1万6,000?の給排水路を立案設計した。34歳だった。測量から予算組・工事などすべてを率い、10年の歳月をかけて昭和5年(1930年)に完成。ダムは1億5,000万?の水をたたえている。

 嘉南平原に張り巡らされた灌漑用水は「嘉南大しゅう」と呼ばれ、同用水は農民ら60万人の生活を救った。今では台湾一の穀倉地帯に生まれ変わっている。八田の業績は地元で高く評価され、「嘉南大しゅうの父」と呼ばれ、今も神様のようにあがめられている。その功績をたたえて、墓前には李登輝氏ら台湾の歴代総統が参拝に訪れる…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む