暴かれる日教組の罪状

  • 2008/12/08(月) 17:44:11

 世界日報社から新刊のご案内です。
平成19年4月22日から弊紙に連載されました「陛下のお仮縫い」が単行本になりました。“3つ揃い”にこだわられた昭和天皇のダンディズムを中心に、幻に終ったアロハシャツといったエピソードなども随所に散りばめながら、心温まる陛下のお人柄が描かれています。
ご訪米から崩御までの14年間、昭和天皇の洋服作りを担当した元三越日本橋本店紳士服チーフデザイナーである奥山 孝夫氏が綴る皇室ファッション佳話です。

 よろしければご覧下さい>>>アマゾンへ


 
 それでは、本日の記事紹介です。
2008/12/08付 世界日報11面 【教育】
相次ぐ
  「日教組の罪状」暴露

 カンパ強制と人事介入 山梨県教組


 「日教組が日本の教育のガン」と訴え、中山成彬国交相が辞任を余儀なくされたが、発言の背景には、総選挙で政権交代となれば、民主党の文教政策が有力支持母体の日教組に牛耳られるとの危機感があった。戦後の日教組教育が、昨今の家庭崩壊現象の遠因とみて、中山発言を機に、日教組支配の構造を変えようとの機運も高まっている。 (山本 彰) 

 「教師は全体への奉仕者であって、特定の政治家や政党の奉仕者ではない。この当たり前のことが山梨では言いにくい雰囲気がある」

 中山発言の直後の10月26日、都内で開かれた全国教育問題協議会(全教協)のシンポジウムで山梨県のある教師は訴えた。実際、公立校の教師は公務員であり、同教師が指摘するように、憲法で「公務員は全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではない」(15条)と規定されている。

 山梨県では、教員の県教組加入率が95%と断トツ。選挙が近づくと、特定の政党候補者のための集票・カンパ活動が半ば公然と行われる。

 同教師が「それはルール違反ではないか」と言うと「何をバカなことを言っているのか。選挙資金を集めるのは当たり前ではないか」と反論され、逆に周囲から冷たい目で見られるというのだ…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む