BL本はエロ本〜公立図書館のBL本問題

  • 2008/12/26(金) 12:34:19

 いや〜ガソリンが本当に安くなりましたねえ。つい数ヶ月前まではリッターあたり170円ぐらいしていたのがウソのようです。

あの時は、500円玉1枚では絶対に足りなかったのが、今では余裕で満タンです。この値上がりと値下がりは一体なんなのでしょうか?まあ安くなることは消費者としては大歓迎ですが、その分企業のリストラ(人員削減のみの)が進んでいくのも考えものですね。

 やはり世の中、高級化と低価格化、富裕層と貧困層の2極化が激しくなっているようです。革命の下地が整いつつあると言う事でしょうか?だとしたら恐ろしい事であります。


 それでは本日の記事紹介です。
只今1面にて連載中の「公立図書館のBL(ボーイズラブ)本」問題です。

2008/12/25付 世界日報1面 【連載】
公立図書館のBL本<7>

 大量のBL本購入/性的秩序破綻に加担


 梅村秀樹さんは、教育機関である公立図書館に大量のBL(ボーイズラブ)本があることの不適切さを「裏表紙や挿絵にある性描写が雄弁に物語っているように、BL本の本質がエロだからです」と説明する。正鵠を射る指摘である。
 梅村さんの指摘の正しさは、別の観点からも証明できる。ネットで、本のタイトルを検索すれば、出版社が用意した「物語のストーリー紹介」が出てくる。これを読んでも「BL本の本質は、エロ」だと裏付けられよう。

 幾つか紹介してみたい。

 鹿能リコ著『恋はいつでも強引に』。

 「『…こうなったら体にわからせるしかないな』顔は可愛いけれど負けん気な大河は、ものすごく強引でモデルみたいに男前の社会科教師・高木に目をつけられてしまう…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

“台湾農業の恩人”八田與一を描くアニメ映画『パッテンライ!!』

  • 2008/12/23(火) 12:33:22

 久々に更新します。
  イラク人記者が、記者会見でブッシュ大統領に靴を投げつけた事件をパロッたゲームがインターネット上で人気となっているようです。
 ゲーム名は「sock and awe」 (靴下と恐怖)。2003年のイラク開戦直後、米英軍がとった「shock and awe」(衝撃と恐怖)という作戦をもじっているそうです。

 それにしても米国という国は、その大国としての身勝手さゆえにいつも最後は嫌われますね。日本ぐらいでしょう、卑屈なまでに従順な国は…。もうそろそろ一人立ちしてもいいんじゃないかと思うんですがねえ…?


 それでは、本日の記事紹介です。やはり戦前の日本人は立派でした。

2008/12/23付 世界日報11面 【文化】欄より 
“台湾農業の恩人”八田與一を描く 
長編アニメ映画『パッテンライ!!』
 

 “真の国際人”の在り方示す

出身地・金沢での先行上映に1万人

 金沢出身の土木技師・八田與一をテーマにした長編アニメ映画『パッテンライ!!〜南の島の水ものがたり』が年明けから全国で上映される。地元金沢では一カ月間、先行上映され、期間中1万人を超える観客が詰めかけた。「久しぶりに家族で鑑賞できる素晴らしい映画です」「戦争中、台湾の農業に尽くした日本人がいたことに感動しました」など、大きな反響を呼んでいる。

 八田與一(1886−1942年)は金沢の第四高等学校から東京帝大土木科に進み、卒業後、日本統治下の台湾に渡って台湾総督府の土木技師となった。八田が取り組んだのは、台湾・西南部の嘉南平原だが、ここは旱魃、塩害、洪水の三重苦に悩まされ、文字通り“不毛の大地”だった。

 ここを農地に変えるため、長さ約1.3?に及ぶ烏山頭ダムと総延長1万6,000?の給排水路を立案設計した。34歳だった。測量から予算組・工事などすべてを率い、10年の歳月をかけて昭和5年(1930年)に完成。ダムは1億5,000万?の水をたたえている。

 嘉南平原に張り巡らされた灌漑用水は「嘉南大しゅう」と呼ばれ、同用水は農民ら60万人の生活を救った。今では台湾一の穀倉地帯に生まれ変わっている。八田の業績は地元で高く評価され、「嘉南大しゅうの父」と呼ばれ、今も神様のようにあがめられている。その功績をたたえて、墓前には李登輝氏ら台湾の歴代総統が参拝に訪れる…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

田母神前空幕長講演会

  • 2008/12/16(火) 11:34:32

 昨日、都内のホテルで開かれました田母神前空幕長の講演会に行ってまいりました。
立ち見が出るほどの盛況振りで、関心の高さと憂国の渦を感じました。

 当初は受賞に祝賀モードだったのが、増田防衛事務次官に報告を入れたところから雲行きが変わり、辞表提出を迫られるようになる一連の流れの中に、戦後自虐史観に染まり、村山談話に拘束され「国益」という考えを失い、己が保身に走る政府・官僚の姿を垣間見ました。

犯罪をおかしたわけではないとして、頑として辞表提出を拒んだ田母神空幕長に対して、いつもなら物事を決めるのに3週間はかかるところが、わずか2時間でクビになったというお話には、怒りを通り越して情けなさすら感じました。

ときにユーモアを交えながらのその語り口は非常に小気味よく、マスコミを通して巷間伝わってくるいわゆる「文民統制を逸脱し、クーデターを起こそうとする危険人物」とは程遠く、非常にヒューマニティを感じさせるお人柄でした。

 真実を伝えないマスコミは本当に“増すゴミ”です。

 意外や意外と言いますか、田母神先生の講演会と聞き馳せ参じたデヴィ夫人。講演会になりそうな勢いで憂国の情を吐露しておりました。





 四児の母でありながら草莽崛起の一人として頑張っておられる松浦芳子杉並区議 






 おなじみの「愛国女史」ジャーナリスト大高未貴さん







                    憂国の士−田母神先生





 以下、本日2面に掲載されました取材記事です。

田母神前空幕長が講演

 タブーのない安保論議を

 「日本は侵略国家ではない」と主張する論文を公表し、更迭された航空自衛隊の田母神俊雄・前幕僚長は15日、都内で講演し、「自衛官が発信しなければ、国民は日本の安全保障について正しい認識がもてない」と述べ、自身の主張の正当性を改めて強調した。
 講演の中で田母神氏は「戦後、勝者である連合国側が『米国が善、日本が悪』とする歴史教育を徹底した」との歴史認識を示すとともに、「20万人以上が公職追放された後、左翼思想に支配されていった」と、村山談話の背景にいわゆる自虐史観と左翼思想があると強調。「村山談話を踏襲したら日本はダメになるし、自衛隊は骨抜きになる」と、同談話に対し強い懸念を示した。

 また、「自衛隊は存在するだけで良しとされる存在から、貢献が求められる時代になった」とした上で、日米同盟の在り方や核保有の是非についても、「民主主義国なのだから、国を守る上での問題点をしっかり議論すべき」と述べ、タブーのない国民的議論の必要性を訴えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

暴かれる日教組の罪状

  • 2008/12/08(月) 17:44:11

 世界日報社から新刊のご案内です。
平成19年4月22日から弊紙に連載されました「陛下のお仮縫い」が単行本になりました。“3つ揃い”にこだわられた昭和天皇のダンディズムを中心に、幻に終ったアロハシャツといったエピソードなども随所に散りばめながら、心温まる陛下のお人柄が描かれています。
ご訪米から崩御までの14年間、昭和天皇の洋服作りを担当した元三越日本橋本店紳士服チーフデザイナーである奥山 孝夫氏が綴る皇室ファッション佳話です。

 よろしければご覧下さい>>>アマゾンへ


 
 それでは、本日の記事紹介です。
2008/12/08付 世界日報11面 【教育】
相次ぐ
  「日教組の罪状」暴露

 カンパ強制と人事介入 山梨県教組


 「日教組が日本の教育のガン」と訴え、中山成彬国交相が辞任を余儀なくされたが、発言の背景には、総選挙で政権交代となれば、民主党の文教政策が有力支持母体の日教組に牛耳られるとの危機感があった。戦後の日教組教育が、昨今の家庭崩壊現象の遠因とみて、中山発言を機に、日教組支配の構造を変えようとの機運も高まっている。 (山本 彰) 

 「教師は全体への奉仕者であって、特定の政治家や政党の奉仕者ではない。この当たり前のことが山梨では言いにくい雰囲気がある」

 中山発言の直後の10月26日、都内で開かれた全国教育問題協議会(全教協)のシンポジウムで山梨県のある教師は訴えた。実際、公立校の教師は公務員であり、同教師が指摘するように、憲法で「公務員は全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではない」(15条)と規定されている。

 山梨県では、教員の県教組加入率が95%と断トツ。選挙が近づくと、特定の政党候補者のための集票・カンパ活動が半ば公然と行われる。

 同教師が「それはルール違反ではないか」と言うと「何をバカなことを言っているのか。選挙資金を集めるのは当たり前ではないか」と反論され、逆に周囲から冷たい目で見られるというのだ…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む

なぜか新聞が報じない国籍法問題

  • 2008/12/02(火) 12:44:12

 講演会のお知らせです。
 日本再生のために志あるものの結集を呼びかける「日本経済人懇話会」(神谷光徳会長−?富士工特別顧問)にて、12月度の定例会が開催されます。

講師は、今話題の田母神俊雄元空幕長です。お時間のある方は、ぜひご参加下さい。

 テーマ「今なぜ歴史認識が必要なのか?」
 日時:12月15日(月)
                 会場:ホテルアジア会館(港区赤坂8-10-32)
                 会費:4,000円(懇親会費は別途3,000円)
                 連絡先:日本経済人懇話会事務局
                      TEL:042-360-8351 FAX:042-358-3702


 それでは、本日の記事紹介です。

2008/12/02付 世界日報16面 【メディアウォッチ】
国籍不法取得の問題ある国籍法改正案に
        声が出ない新聞の“脳死状態”

産経と本紙のみ警鐘
 
 
 国籍法改正案は目下、参院で審議されている。同案は未婚の日本人の父と外国人の母の間に生まれ出生後に認知された婚外子が日本国籍を得られるように、現行の取得要件から「父母の結婚」を外そうというものだ。与党と民主党が今国会での成立に合意したことで衆院では審議らしい審議もなく可決された。

 ところが、参院では一転して「慎重審議」となっている。改正によって偽装認知による国籍の不法取得が横行しないか自民、民主両党内から疑問が出されているからだ。

 だが、どうしたわけか、この論議に“参戦”したのは産経と本紙だけだ。産経は「不正排除へもっと議論を」(11月20日付主張)、本紙は「安易な手直しで禍根残すな」(同23日付社説)と問題視したが、他紙は傍観したままだ。民主党の議員総会では「参院は再考の府だ」として徹底審議を求める声が上がったが(朝日27日付朝刊)、それでも他紙は鳴りを潜めている。

 当初、産経も改正案を問題視しなかった。11月4日に閣議決定されると、5日付で「国籍取得要件『婚姻』除外」と改正案の内容を伝えるのみだった。ところが、審議入りした翌日の15日付で「不正認知横行の懸念も」と初めて批判し、ドイツでの悪用例も紹介した。14日に自民党議員32人が衆院の山本法務委員長に慎重審議を申し入れ、それで産経もにわかに問題視するようになったようだ…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む