南からのビラにビビる北朝鮮

  • 2008/10/31(金) 13:46:54

 本日、大阪高裁にて沖縄戦集団自決名誉毀損裁判の控訴審判決が言い渡されます。

前回の地裁判決では、変てこな判決理由に煮え湯を飲まされましたが、今度こそはまともな判決を出してもらいたいものです。

ただ例えどちらが勝訴してもお互い控訴するのは確実で、最終的には最高裁で決着がつく形になると思います。

梅澤元隊長がご存命の間にぜひとも結審してもらいたいです。
 (写真は、今年3/28大阪地裁に向かう梅澤元隊長(中)と赤松秀一さん(左))


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/31付 世界日報7面 【ワールドスコープ】より
北朝鮮〜韓国NGOのビラに過敏反応

 米の財政支援を警戒か
  金総書記の健康悪化にも言及

「直接批判に衝撃」脱北者が証言


 韓国民間団体が北朝鮮の体制批判を記したビラを大型風船にくくり付けて飛ばしている問題で、このところ北朝鮮側の抗議が頻繁になっている。外部世界から徹底的に遮断されてきた北朝鮮住民の間に動揺が広がることを恐れてのこととみられるが、最近は最高指導者・金正日総書記の健康悪化に言及したり、ブッシュ米大統領がビラ撒きを支援する発言をしたことで、さらに神経をとがらせているようだ。  (ソウル・上田勇実)

 「金日成、金正日はあなたたちを精神的、肉体的な障害者、飢餓者、コッチェビ(孤児となった浮浪児)、現代版奴隷にしています。このすべての惨状が、金正日たった1人のためにもたらされているのです」

 これは韓国の非政府組織(NGO)「自由北韓運動連合」が北朝鮮に向けて飛ばしたビラの内容の一部だ。金総書記を「独裁者」と非難し、民主化に向けて立ち上がるよう呼び掛けているが、今年4月からは愛人関係も含めた金総書記の家系図を盛り込んだり、今月に入ってからは、別の団体の提案で民間人拉致被害者の名簿も載せるなど、その内容は北朝鮮当局をかなり刺激しそうなものになっている…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む