児童ポルノ容認の危険性

  • 2008/10/30(木) 15:41:52

 昨日のニュースですが、弊紙も記事特約を結んでいる米国のクオリティペーパー「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙がついに廃刊になるそうです。購読者減少のため来年4月に廃刊し、週刊紙に移行した上で、インターネット版での配信のみにするとのこと。

 ピーク時20万部以上あった部数も、現在は5万部にまで落ち込み、経費の約半分を経営母体の「第一科学者キリスト教会」の補助に頼る状態が続いているそうです。

 他人事とは思えない内容に、さすがに心臓がドキッとしました。
 ネットへの移行は、やはり時代の趨勢なんでしょうか?


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/30付 世界日報16面 【メディアウォッチ―テレビ】
児童ポルノ単純所持容認に
     警鐘鳴らすNHKBSドキュメンタリー


教訓深いカナダ番組


 わが国の児童ポルノ対策は、欧米に比べるとあまりにも甘い。一九九九年に成立した「児童買春・ポルノ処罰法」は、個人的に“趣味”で児童ポルノを集める「単純所持」を禁じていない。主要8ヵ国(G8)の中では、児童ポルノの所持を認めているのは、日本とロシアだけだ。

 わが国はかつて、児童ポルノの世界への発信国として、海外から激しい非難を受けたが、同法の成立によって発信こそ減った。しかし、所持はいまだに許されているのだから、需要は減らない。そんなわが国は今、不名誉にも海外から児童ポルノの「需要大国」と呼ばれているのである。先進国としては恥ずかしい限りだ。

 海外の優れたドキュメンタリー番組を紹介するNHKの「BS世界のドキュメンタリー」は、カナダで2007年に制作された「子どもが狙われる 〜ネット犯罪 欧米からの報告〜」(23日午前0時10分から1時まで)を放送した。今回、この番組を紹介するのは、児童ポルノに甘い日本に対する優れた警鐘となっていたからだ。

 日本に多い所持容認派の間には、児童ポルノを見ることは欲求のはけ口になるから、性的虐待の犠牲になる子供を減らす効果がある、と言う人間がいる。しかし、この番組は児童ポルノの所持を認めることは逆に小児性愛者(ペドファイル)によって性的に虐待される子供を増やすことにつながることを明確に示していた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む