「結果は教育委員会の成績表」〜大阪府

  • 2008/10/27(月) 11:36:50

 昨日は、地域諸団体が集まって開催される「わくわく冒険まつり」という催しに参加いたしました。
私はというと、PTAの恒例の出し物で、焼きそば屋台のオヤジをやってました。(写真参照。ちなみに写ってるのは他のお父さんです)

 毎年恒例の行事とはいえ、ここまで至るには関係者の大きな努力があったことを聞いております。

何事も熱意とたゆまぬ努力がこのようなすばらしい物事を生み出していくことを改めて感じさせられました。


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/27付 世界日報11面 【教育】欄より
客観的データ基に学力向上を

 大阪府がテスト結果開示

「結果は教委の成績表」


 大阪府の橋下徹知事が学力テスト結果の市町村別公表を強く迫ったのを受けて、府内43市町村のうち35市町村が分野別平均正答率を開示した。これに対して、塩谷立文部科学相は「好ましいことではない」と不快感を示した。しかし学力テストは、ゆとり教育路線による学力低下への懸念を背景に昨年から復活したもの。そうである以上、「確かな学力」を児童生徒に与えるためには、客観的データを議論の中軸に置いて、保護者と学校、教育委員会が連携することこそベストではないのだろうか。(鴨野 守)

 2年目となる学力テスト。公立校の都道府県別正答率を見ると、前回トップの秋田、福井は今回も不動。一方、下位には沖縄、北海道、大阪と、これまた昨年と同じ顔触れで、上位・下位県がほぼ固定化している。

 家庭と学習の関係では、▽家庭学習が一定時間以上の児童の方が、全体的に平均正解率が高い▽家で学校のことを話している児童の方が、家庭学習時間は長い傾向にある▽家族と一緒に朝食を食べている児童の方が平均正答率が高い傾向にある――という結論も変わらない。

 しかし、家庭学習は子供の努力もさることながら、親の努力が決定的な要素を持つ。つまり、安定した家庭の子供ほど確かな学力を身に付けるということであり、経済的な格差をことさら問題視するのは的外れだ。

 子供の学力は、?子供本人の努力×?親の努力×?教師・教育委員会の努力の総体と言えよう。子供の学習意欲や、親のわが子の学力への関心は、それぞれの自覚によるところが大きい。それでも、学校や教育委員会が積極的に、子供や保護者に働き掛ければ十分、感化できる。

 「学力テストの結果は、教育委員会の成績表ですよ」…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む