拉致問題の基本は憲法問題

  • 2008/10/23(木) 20:11:32

 こんなお笑い記事がありました。

 オンラインゲーム上で「離婚」されたことに逆上し、相手のIDとパスワードを勝手に使い、「夫」だったキャラクターを消去したとして、北海道警札幌北署は22日、宮崎市小松台東3、ピアノ講師泊(とまり)真由美容疑者(43)を不正アクセス禁止法違反などの疑いで逮捕した。

 発表によると、泊容疑者は5月中旬、札幌市北区の男性会社員(33)のIDなどを無断で使い、オンラインゲーム「メイプルストーリー」に侵入し、男性がゲーム上で使っていたキャラクターを消去した疑い。

 同ゲームは、ネット上の仲間と敵を倒しながら自分のキャラクターを育てるロールプレイング・ゲーム。泊容疑者と男性は、ゲーム上でキャラクター同士を「結婚」させていたが、男性側から「離婚」されていた。

 泊容疑者は調べに対し、「勝手に離婚され腹が立った」と供述。IDなどは男性から以前に聞いていたという。(10月23日11時2分配信 読売新聞) 


 ゲーム上だからよかったものの、実際に結婚してたらマジに消されてしまいそうでちょっとコワイですね。最近ありがちなので…


 それでは、本日の記事紹介です。
2008/10/23付 世界日報16面 【ビューポイント】
拉致問題の基本は憲法問題

他力頼みで解決は無理
                 大月短期大学教授 小山 常実


米の裏切りに怒って出直せ

 米国が正式に北朝鮮に対するテロ支援国家指定を解除した。これは、米国の日本に対する裏切り行為である。日本は、2001年のアフガニスタン侵攻と2003年のイラク戦争について米国に協力した。アフガニスタン侵攻の場合はともかくとして、イラク戦争の場合は、国民はもちろん、自民党内でも、米国に対する協力についての積極的な支持は存在しなかった。にもかかわらず、日本国内では、諸外国と異なり、強力な戦争反対の運動はおきなかった。

 何故か。小泉首相は明言しなかったが、日本が米国に協力した理由は、北朝鮮の脅威から日本を守ってもらうために、米国にとって重要な中東の問題について米国に協力しておこう、というものだった。イラク戦争に協力すれば、米国が圧力をかけて北朝鮮から拉致被害者を取り戻してくれるかも知れない、と日本国民は考えたのだ。事実、米国も、拉致被害者に対する過去の対応を見ても、そのつもりだったことは確かである。

 しかし、裏切られた。日本政府と自民党は、米国に対して抗議すべきだし、もっと怒るべきである。いや、民主党などの野党こそ、もっと怒るべきである…
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続きを読む